ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第1ステージでミゲル・アンヘルロペスがリタイヤ 【追記あり】

海外情報
Image by lisa runnels from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ジロ開幕ステージの個人タイムトライヤルは、路面の悪さに各選手がぐらつく場面が多く見られた。

4場手で出走したヴィクトール・カンペナールツがカーブで落車したのが始まりのように思う。

かなり慎重にカーブを曲がったというが、路面にはオイルが浮いていたと証言している。各選手ともに用心して走ったはずだったが。

 

スポンサーリンク

路面の悪さ

ヴィクトール・カンペナールツ

ヴィクトール・カンペナールツによると

道路はオイルでいっぱいだった。マヨルカの道路と比較することができる。表面はきれいにされていなかったと思う。

彼らはその努力をしたはずです。たった15kmです。私はコーナーで遅かったと100%確信している。間違った場所を選んだときだけだ。見えません。とても滑りやすく、オイルでいっぱいです…

見ていた時には、かなりカーブで車体を傾けていたようにも見えたけど。

 

ローハン・デニス

その後も、カーブでこけそうになる選手が続出した。ローハン・デニスのタイムが悪かったのは、残りの21ステージを考えて慎重に走ったこともあったようだ。

平坦でも、強い風にホイールを取られてぐらつく場面もあったし。

最初の登りは本当に気分が良った。長い直線道路は予測不可能で、自転車が引っ掛かり、道路を渡ってフェンスに入ると思ったので、ペダリングをやめなければならなかった。

そこからリスクを冒すことはなかった。1つだけではなく、21のステージについて考えていた。

 

ミゲル・アンヘルロペス

そして、極めつけはゴール直前のミゲル・アンヘルロペスの落車。

こちらはそのシーンだが、かなり路面の悪さによってハンドルを取られているのがわかる。

Caída de Miguel Ángel López en la etapa 1 del Giro de Italia

トライバーから手を離した時に、滑ったように見える。普通直線なので滑ることも考えにくいのだけど。

 

追記

沈んだ排水管を踏んでしまったのが原因。こんなの普通に走っていたらわかるはずがない。

 

ミゲル・アンヘルロペスはゴールすることなく、救急車で病院に直行。

以下は病院での様子。

 

骨折の心配はなく、足の治療を終えている。数週間で完治すると言われている。動画では滑ってしまったというようなジェスチャーをしている。

だが、これでアスタナは貴重なアシストを失ってしまった。

アスタナのエースは、今回ヤコブ・フルサンとアレクサンドル・ウラソフ。ツールを走ったロペスは山岳で二人を助けるはずだった。

 

彼らはタイムトライヤルで

  • ヤコブ・フルサン 100位 1分47秒
  • アレクサンドル・ウラソフ 54位 1分20秒

これだけのタイム差を挽回しなくてはいけない。山岳でのアシストは非常に重要だったはずだ。今回のミゲル・アンヘルロペスの初日リタイヤは今後チームにとっては大きな痛手だろう。

来シーズンには移籍するミゲル・アンヘルロペスは、今シーズン走ることはないかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました