ロードバイクの情報を発信しています!

MERIDAから2021モデル REACTO登場 

機材情報
phot merida
この記事は約5分で読めます。

Meridaは、2020年のレースシーズンの再開に間に合うように、ワールドツアーチームのBahrain – McLarenが乗る新しいReactoエアロバイクを発表。

2011年に導入されたReactoの4回目の更新で、メリダはReacto IIIから大幅な空力の変更とアップグレードが行われたと言う。

最近の傾向と非常に一致して、メリダはその新しいバイクが「完璧なエアロオールラウンダー」であると主張する。

 

スポンサーリンク

MERIDA REACTO

こちらは、REACTOのプロモーションビデオ。

The new REACTO – aerodynamics refined | find out the details of our new aero bike

 

まずは、更新されたREACTOの特徴を簡単に

MERIDA REACTO
特徴
  • VisionのMetron 5Dバー/ステムシステムによりケーブル内装
  • ディスク冷却フィンをフォークとリアステーに統合。
  • 「さらなる抗力低減」のためにシートステーをドロップ化
  • タイヤのクリアランスは最大30mm
  • Reactoはディスクブレーキのみ
  • CF5モデルは電子ドライブトレインのみ
  • CF3フレームはメカニカルグループセットも可能

新しいReactoフレームには2つのバージョンがあり、範囲全体で合計8台のバイクがラインナップされている。

メリダはリアクトをオールエアロからオールラウンドバイクに移行することを提案。全体的な設計目標は、空気力学と快適性を向上させること。

この結果として、快適さ、空力、軽量、スタイルの完璧なパッケージを実現した。

 

phot merida

それにしても、Bahrain – McLarenのカラーでペイントされたバイクは美しい。カラーリングは最高にカッコイイと思うけど、どうでしょう。

風洞実験では、45 km/hのペースを維持するために209Wを必要とし、すでに高速な前世代よりも抗力を4W削減している。209Wで維持出来るのかな?

 

統合されたコクピット

phot merida

Visionの統合されたMetron 5Dバー/ステムが使用され、完全に内部ルーティングされている。

 

phot merida

ワンピースのバー/ステムコンボは、VisionのACRケーブルルーティング設計を使用して、ケーブルと油圧ホースをバーに通し、ステムに通してから、再成形されたヘッドチューブに通している。

 

Visionの内部ルーティングについては、以下の動画がわかりやすい。

Vision ACR System

完全なケーブル統合により、見た目がきれいになり、風の影響を最小限に抑え、2ワットの節約を実現。

 

photo Cory Benson

微妙な改善として、ダウンチューブにシームレスに統合されたクラウンを備えた修正されたフォークがあげられる。

 

phot merida

前から見ると、フォークはヘッドチューブに組み込まれているのがわかる。

フォークの改良により、2ワットの抗力を削減し、露出したフロントブレーキルーティングを排除するのにも役立っている。

 

ディクスクーラーのデザイン改良

photo Cory Benson

小さな改良点として、メリダのディスククーラーフィンがフォークブレードの側面からその後ろに移動したことが挙げられる。

熱はCNCミル加工された冷却フィンを介して取り除かれる。その結果、熱の蓄積が35%少なくなり、温度低下が速くなり、安定したブレーキ性能が得られる。

 

photo Cory Benson

シートポストクランプも、改良されたゴム製カバーが付いていて乱気流の低減に貢献している。

 

phot merida

タイヤのクリアランスは30mmに増加したため、チェーンステーとタイヤの間のスペースも増加した。

これにより、回転するホイールによって生成される乱気流が少なくなり、空気力学に別のプラスの効果がもたらされている。

 

2021 MERIDA REACTOシリーズ

新しいReactoには、Reacto 4000からTeam-Eまで、8つの異なるモデルがある。

最も高価な3つのモデル(Team-E、9000-E、8000-E)のプレミアムCF5フレームと、4000、5000、6000、7000-E、Forceの2段目のCF3フレームセットにわかれている。

Team-Eと9000-Eの価格は、£9,000(約122万円)。

最も安価な、Reacto 4000だと£2,250(約30万円)。

 

すでに、Bahrain–McLarenがレースで使用しているかもしれないので、要チェックですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました