ロードバイクの情報を発信しています!

マグナス・シェフィールドが3km個人追抜のジュニア世界記録を更新 シクロスタートに似ていると

海外情報
photo Magnus Sheffield instagram
この記事は約3分で読めます。

来年からアメリカのRally Cycling にネオプロとして登場するマグナス・シェフィール(Magnus Sheffield)は、ジュニアの3km個人追抜で世界記録を更新。

コロラド州のオリンピックトレーニングセンターで、3分6秒447の記録を作った。標高は1,840m地点の高地。

なんと平均時速は、57.93km/h。凄まじいスピードだ。スタートはシクロクロスの要領で行ったと言う。

 

スポンサーリンク

世界記録を3秒も更新

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Magnus Sheffield(@magnussheffield)がシェアした投稿

 

マグナス・シェフィールの記録は、2019年にJumbo-Visma Development Teamのフィン・フィッシャー=ブラックが記録した(3分09秒710)を3秒以上も上回っている。

 

2019世界選手権ジュニアロードでは3位。今年のジュニアは中止されたために待機。このために、3km個人追抜の記録を破るチャレンジを考えた。

このチャレンジは自分の時間でトレーニングが可能なものだ。

11月初めのトレーニングで、当時の非公式のアメリカの記録である3:08.8を記録している。

これまでのアメリカの記録保持者は引退したテイラー・フィニーの3分16秒589。この時点で、すでに8秒も更新していたことになる。

マグナス・シェフィールは59×15の巨大なギア比で記録を打ち立てた。

 

シクロクロスのスタートに似てる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Magnus Sheffield(@magnussheffield)がシェアした投稿

 

マグナス・シェフィールは、シクロクロスも定期的に行っている。

彼はチャレンジの前に4km個人追抜世界記録保持者のフィリッポ・ガンナのライドをじっくりと研究。

 

マグナス・シェフィールは以下のようにインタビューで答えている。

スタンディングシクロクロススタートをしているようなものだ。1200ワットから始めて、腰を据えて我慢する。500ワット以下のペダルは絶対に踏まない。

凄いパワーだ。

将来的には、フィリッポ・ガンナの記録にも挑戦出来るくらい強くなるのではないだろうか。名前を覚えておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました