ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリアン・アラフィリップは東京オリンピックには出場せず、何を目標にする?

海外情報
Photo credit: adrian8_8 on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネ、ツール・ド・フランスと出場予定のジュリアン・アラフィリップ。

当然、フランス代表のエースとして東京オリンピックロードにも出場すると思われていた。

だが、ジュリアン・アラフィリップはオリンピックに出ないことをSNSで報告している。

 

スポンサーリンク

異なる目標を目指す

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Julian Alaphilippe(@alafpolak)がシェアした投稿

 

長く考えてきたが、フランスチームの監督とDeceuninck Quick stepとの合意により、次の東京オリンピックに出場しないことにした。

それは、個人的でよく考えられた決断だ。シーズン終了後の目標が定まっているので、その意味での選択をしなければならない。

次の世界選手権では、フランスナショナルチームのジャージを誇らしげに着用したいと思う。この日に並ぶチームには最高のものを提供したいと思っている。

また、お会いしましょう!

 

アラフィリップは東京でのフランスチームのリーダーになる必要があったが、フランスナショナルコーチのヴォクレールは、メンバーの選出に困ることになる。

ティボー・ピノは走れそうにない。こうなるとエースは誰にするのか?

当然、厳しい登りがあるのでスプリンターを連れて行くわけにもいかない。メンバー選出には困るでしょうね。

ジュリアン・アラフィリップは5年前のリオデジャネイロオリンピックでは、落車しながらも4位でゴール。

出場していれば、好成績を残すことは間違いなかっただろう。東京オリンピックのロードレースは、ツール・ド・フランスが終了してから1週間も経たない7月24日に開催される。

移動と時差を考えると厳しい日程だ。しかも、日本の蒸し暑さには慣れる暇もないだろうし。

ジュリアン・アラフィリップは、ツールの後フランダースで開催される2021年の世界選手権ロードの準備に集中する。

フランダースのコースは、アラフィリップの才能に合ったコースで、レインボージャージを守ることを目標とする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました