ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリアン・アラフィリップがイル・ロンバルディアを欠場する理由

海外情報
Photo Yuzuru Snada
この記事は約4分で読めます。

今シーズン大活躍したジュリアン・アラフィリップが落ち葉のクラッック「イル・ロンバルディア」を欠場すると発表した。

2017年には、イル・ロンバルディアで2位となっており相性の良いレースだったはず。

クラッシックのスペシャリストが出ないとは~。ちょっと残念。

ジュリアン・アラフィリップがロンバルディアを走らない理由とは?

 

スポンサーリンク

3回のピークは難しい

Photo Julian Alaphilippe instagram

世界選手権を雨の中6時間走って、28位という成績。この時すでにトップフォームには帰れなかったようだ。

世界選の前のレースでも絶好調な走りは見せれなかったが、少しの休みや調整では今シーズンの疲れは取れなったということか。

 

 

ジュリアン・アラフィリップは

「クラシックとツールで一生懸命レースをして、今年3回目のピークを目指して頑張ったが、世界選では自分のフォームが自分が望む場所に足りないことを知っていた。

チームに全力を尽くしたかったが、それができないので、来年に向けて可能な限り最高の形にするために、今シーズン後の回復を優先するのは理にかなっている」

ジュリアン・アラフィリップも人間だったということですね。

昨シーズンも、世界選手権でシーズンを終えており既定路線だったのかもしれない。

春のクラッシックシーズンで目覚ましい活躍をしたあとに、しばらく休養。

その後、ツール・ド・フランスでは2回目のピークを迎えてマイヨジョーヌを16日間も着続けた。

期待された世界選手権だったが、さすがにシーズン3回目のベストコンディションというのは難しかったようですね。

来シーズンに向けてゆっくりと休養して、来年の更なる活躍を期待したい。

 

アレハンドロ・バルデルデは出場するのか

 

昨年の世界チャンピオン、アレハンドロ・バルデルデだが2016年に6位。

2014年に2位。2013年2位。という成績を残している。

今シーズンも、まだレース予定ではロンバルディアに出場する予定となっており、10月9日のMilano-Torinoも出場予定だ。

もし、アレハンドロ・バルデルデがロンバルディアに出場すれば、アルケア・サムシックに移籍するナイロ・キンタナ。バーレーン・メリダに移籍するミケル・ランダ。

そして、チームイネオスに移籍するリチャル・カラパスと並んで最後のレースに臨むことになる。

メンバー表を見ると、マルク・ソレルもいるし過去最強のメンバーでレースに出場となる。

 

Movistar Team
スタートリスト
  • 151 QUINTANA Nairo
  • 152 LANDA Mikel
  • 153 AMADOR Andrey
  • 154 BETANCUR Carlos
  • 155 SEPÚLVEDA Eduardo
  • 156 SOLER Marc
  • 157 VERONA Carlos
  • 158 VALVERDE Alejandro

 

これこそ誰がエースになるのか全く予想のつかない状態になりそうだ。モビスターの4強が揃うなんて中々ないので、最後の走りに注目だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました