ロードバイクの情報を発信しています!

AI搭載Skydio 2ドローンでバイクを追う 究極とアクションカメラとなるか?

https://www.skydio.com/機材情報
Photo skydio.com
この記事は約3分で読めます。

最近のドローンは色々な場面で活躍するシーンが増えてきましたね。

Skydio 2ドローンは、AIを搭載した究極のアクションスポーツ撮影コンパニオンになる可能性がある。

6台の4kカメラを使用して環境を「確認」し、高度なAIですべて処理して、事実上どこでもフルスピードで追跡。

上空から、撮影することが可能となった。

 

まずは、Skydio 2ドローンで撮影された映像をどうぞ

Introducing Skydio 2

なんだか映画のシーンのような映像ばかりですが、こんなに綺麗に撮影出来るとは凄い!

 

Skydio 2は、米国で設計、設計、製造され高性能な仕様を約束する。 

  • 3.5kmの範囲
  • 飛行時間23分
  • 36km/hの最高速度
  • 完全に自律的な障害物回避
  • クラッシュした場合の無料の修理または交換
  • 価格は$ 999

 

https://www.skydio.com/

フィルム品質に関しては、4kカメラは最大60fpsで撮影。

解像度をわずかに下げて120fpsのスローモーションを取得。また、12MPのRAW写真も撮影できるため、どんな種類の映像でも撮影できる。

Sonyセンサー、Qualcomm RedDragonプロセッサー、100MB / Sビットレートを使用しており性能は高い。

そして、ホットスポットが吹き飛ばされたり、影が消えたりするのを防ぐために、HDRで処理を行っている。

 

https://www.skydio.com/

シャーシ全体のセンサーカメラと組み込みのGPSマッピングシステムにより、リアルタイムで環境の3Dレンダリングを作成できるだけでなく、高速でナビゲートすることも可能。

部分的な障害物回避を提供するこの価格帯の他のドローンと比較して、Skydio 2は周囲を360度完全に認識してステップアップしている。

ぶつかることがないんでしょうねえ~。

飛行中に回転して、ドローンがどこにいてもフレームを維持する。

 

https://www.skydio.com/

Skydio 2を制御する方法は

  1. トラッカー
  2. スマートフォン
  3. スマートフォンを画面として使用するフル機能のリモコン

を使用します。

スマートファンでは、写真やビデオをすぐにダウンロードして共有することが出来る。

その場で、すぐに見れるのは便利でいいですね。

すべてのドローンと同様に、主に携帯電話のWiFi送信電力が制限されているため、携帯電話をコントローラーとして使用する場合、通信範囲は制限される(わずか200m)。

Skydio Beaconを追加すると、ドローンを開始したい場所を指定することが出来る。その場合には、上空から追跡が可能となり、射程距離も3.5kmとなる。

 

https://www.skydio.com/

Skydio 2には、独自のケースと1個のバッテリー、さらにプロペラの追加セットが999ドルで提供される。

現在は、予約注文を受け付け中で出荷は11月となるようだ。

ビーコンとコントローラーはそれぞれ149ドル、別のバッテリーは99ドル、プロペラセットは24ドルで個別に販売されている。

詳しくは、ウェブサイトで他のドローンとの比較映像と完全な技術仕様リストを確認してください。

近い将来、ロードレースもドローンで追跡出来るようになるといいですね。

そのためには、飛行時間をもっと長くして貰わないといけないかな。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました