ロードバイクの情報を発信しています!

「それは希望のメッセージです」マローリは逆境で他の人を助けるために本を書く

海外情報
Photo Adriano Malori twitter
この記事は約4分で読めます。

元モビスターのライダー、アドリアーノ・マローリ。

2016年ブエルタ・ア・サンルイスのクラッシュで頭部を負傷。一時は人工的昏睡状態に置かれるなどしてケガの状況が心配されたが、その年のうちにレースに復帰。

だが、2008年U23世界選手権TTで優勝した時の輝きは取り戻すことは出来なかった。イタリア国内TTに3度優勝。2015年世界選手権TTでは準優勝とタイムトライヤルの頂点を目指していたのに。

そんな彼が本を出版することになった。希望のメッセージを伝えるために。

 

スポンサーリンク

レース先頭でのクラッシュ

彼の人生を変えたのは、2016年ブエルタ・ア・サンルイス第5ステージでの出来事。

先頭を走っていたアドリアーノ・マローリは、60kmで道路のくぼみにはまって落車。40人が巻き込まれる大クラッシュとなってしまう。

 

San Luis, la caduta di Malori

一時は人工的昏睡状態で命をも脅かされるほどの重症で心配された。

マローリは、右腕と肩の使用を制限していた脳の損傷から回復するために懸命のリハビリを行う。

そして、奇跡的にクラッシュの8か月後にカナディアンワールドツアーのレースに戻ることが出来た。だが、ミラノ~トリノで再びクラッシュし鎖骨骨折をおってしまう。

2017年2レースを行ったがゴールすることなく、2017年7月に引退を発表した。

 

本を出版 希望のメッセージのために

彼の回復は印象的だと医者は言う。

アドリアーノ・マローリは特別なことは何もしていない。車椅子に乗ることを拒否し、再びバイクに乗るために希望を持ってリハビリに取り組んだ。

医者は、脳に損傷があるために健康に戻れない可能性があることを明らかにしていたが、マローリは今でも自転車に乗っており医者の言葉が間違っていたことを証明することになった。

マローリは医者ではないが、逆境で苦しむ人々に希望と励ましを与えるために希望のメッセージを送る。

 

Photo 58x11byadrianomalori instagram

現在、マローリはパルマの自宅近くに58×11と呼ばれる近代的なコーチングサービスを展開している。58×11は彼がタイムトライヤルで使っていたギアだ。

 

彼自身の経験で他のライダーの支援をしている。

成功の感情をアスリートと共有することは本当に素晴らしいことです。私は大好きな仕事をしており、他の人を助けるために専門的な経験を使っています。

とマローリは説明している。

マローリは医者から間違いを証明したら夕食に連れて行ってくれると言われていた。彼はしっかりとそれを証明しており、妻と一緒に夕食に招待されるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました