ロードバイクの情報を発信しています!

Israel Start-Up Nationのトラヴィス・マッケイブが31歳の若さで静かに引退

海外情報
photo Travis McCabe instagram
この記事は約2分で読めます。

Israel Start-Up Nationのトラヴィス・マッケイブ(MCCABE Travis)が引退することをインスタグラムで発表。

トラヴィス・マッケイブはまだ31歳という若さ。ニルス・ポリッツと共にチームを去るライダーの一人となった。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Last race of the year and career…

Travis McCabe(@travis_mccabe)がシェアした投稿 –

 

インスタグラムでは、今年最後のレースとキャリアとだけ書いてある。

最後のレースとなったドリダーフス・ブルッヘ~デパンヌはDNF。ゴールすることはできなかった。

トラヴィス・マッケイブは、今シーズン初めてワールドツアーチームに昇格。それまではカナダのコンチネンタルチームFloyd’s Pro Cycling で走っている。

これまでランカウェイや The Larry H.Miller Tour of Utah、コロラドツアー、ヘラルドサンツアーなどでスプリント勝利を上げている。

通算9勝をスプリントで上げている。まだ31歳の若さだがプロサイクリングの世界から引退となる。

ケガであるとか病気とかでの引退ではないようだ。やりきったという感じなのかもしれない。

こうしてみるとプロ自転車選手というのは引退が早い。今後の進路については何も書かれていないが、第2の人生を新たに歩んで貰いたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました