ロードバイクの情報を発信しています!

Invisiframeから目に見えないコーティング Invisiフレームプロテクティブコーティング登場

機材情報
UnsplashNina Luongが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

フレームのコーティングといえば、フレームの清掃から塗布して硬化まで時間がかかることが多い。

このInvisiフレームプロテクティブコーティングは、柔らかい布にスプレーし、フレームまたはコンポーネントの表面を軽く磨くだけ。

30秒間放置すると硬化し、最長 6か月間使用できる。しかも、通常のセラミックコーティングが高価なのに対して、価格は£15.00(約2,700円)ととても安価。

しかも、15回使えるのでとてもコストパフォーマンスがいい。

 

スポンサーリンク

Invisiフレームプロテクティブコーティング 100ML

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @invisiframe

 

この製品はフェンウィック社と共同で開発されている。

フェンウィックは、優れた洗浄、ケア、ワークショップ用製品で知られており、新しい水ベースのフォーミュラは、繊細な仕上げや素材にダメージを与え、さらには表面の外観を変える可能性がある腐食性または刺激性の石油化学製品を使用せずに開発された。

腐食性または刺激性の石油化学物質を使用しないことは、警告と毒性のラベルがいっぱいのカテゴリーにおける非常に前向きな一歩だとInvisiframeは述べている。

 

Invisiフレームプロテクティブコーティング
特徴
  • 光沢、マット、カーボン仕上げに目に見えない保護を提供
  • 保護コーティングを 1 回塗布すると、最大 6 か月間持続
  • 疎水性の特性により、フレームとコンポーネントが表面の汚染物質に対して耐性になる
  • 白い跡、汚れ、油っぽさはなし
  • スタンドアロン製品として、または invisiFRAME 保護キット (PPF) との完璧な付属品として使用で相乗効果あり
  • 素早く簡単に適用
  • 腐食性/有毒/刺激性の化学物質は含まれていない

 

100mlだけど、15回分使えるので6か月に1回使用すると7年は持つ計算となる。これで数千円ならば、かなり安いですね。

私もガラスコーティングをしたけど、これよりも簡単そう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました