ロードバイクの情報を発信しています!

Berd Spokesの超軽量グラベルホイールは1,065g その秘密とは?

機材情報
Photo credit: rustman on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

新しい Berd Sparrow グラベル ホイールは、超軽量な1,065g。

この秘密は、1本2.5gのBerdスポークと新しいハブセットとリムを使用していることだ。

この重量でもグラベルを走れるのだから、耐久性は十分にある。

 

スポンサーリンク

Berd Sparrow Carbon Gravel Wheels

こちらはプロモーションビデオ

 

スポークは、世界一軽量といわれる2.5gのBerdスポークを使用。超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)と呼ばれるポリマーのひも状になっている。

 

Berdスポークの耐久性の高さを示す動画

 

これはUCI衝撃試験。UCIの合格基準は40Jで、リムが不合格になるまで、高さを上げながらホイールに重りを落としていく。

上記動画を見て貰うとスチールスポークは衝撃で折れているけど、Berdスポークは衝撃を吸収しているのが良くわかる。衝撃で、折れるということがないということだ。

 

リム内部幅は25mm で、幅 28~50mm のタイヤ用に設計されている。

硬いフックではなく、緩やかに丸みを帯びたバンプを備えたユニークなセミフックデザインを採用しており、28c タイヤで最大 70 psi のタイヤを安全に保持できる。

 

スポークがループする独自のフック付きフランジを使用する Talon ハブには、フロント ハブ間隔 12×100、リア ハブ間隔 12×142 のグラベル/ロード バージョンが登場。

内部には 36歯のデュアル スプリング ラチェットがあり、ホイールごとに28本のスポークとなる。

ハブは、Sram XDRとShimano 11SPロードフリーハブボディに加えて、12速GRXカセット用のShimanoマイクロスプラインフリーハブで利用可能。

価格は2,195ドル(約32万円)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました