ロードバイクの情報を発信しています!

BMCからRed BullのF1テクノロジーを採用したBMC Teammachine R登場

機材情報
Image credit: bmc
この記事は約4分で読めます。

BMCは、Red Bull Advanced Technologiesとの共同研究プロジェクトの成果であるBMC Teammachine Rを発表。

2018年に初めてRed Bullと提携したBMCは、それ以来、F1チームのパフォーマンス・モデリングとレース・シミュレーションの能力を活用し、バイクの性能を向上させている。

Teammachine Rは、スイス・アルプスの斜面、春のクラシックの石畳で鍛え上げられ、グランツールの舞台で完成された。

Teammachine Rは、単なるレースバイクではない。表彰台、トロフィー、単独勝利、集団スプリントなど、すべての集大成であり、レースバイクの可能性を再定義するものだ。

1ワット、1ペダルが最も重要となるレースにおいて、妥協のない武器となる。

 

スポンサーリンク

BMC Teammachine R

こちらはプロモーションビデオ

 

BMCは、Red Bull Advanced Technologiesとの関係は長期的なパートナーシップとなっている。

構造シミュレーション、数値流体力学(CFD)、風洞試験におけるRed Bullの専門知識を新型バイクの開発に活用したと述べている。

 

Image credit: bmc

 

最も明白なのはフォークの形状で、クラウンが斜めに突き出ており、顕著に幅広のフォークになっている。

BMCによれば、これによりフォークと回転する前輪との干渉が軽減されるという。

また、設計により、「乱気流がフレームから遮断され、空力失速が減少」し、その結果「よりきれいな空気がフレームに長く留まり、結果的に空気抵抗が大幅に減少する」と主張している。

ドロップアウトは乱気流を軽減するために隠されており、ボトムブラケットの形状はよりクリーンなエアフローにもつながると言われている。

 

Image credit: bmc

 

これまでのBMCバイクで見てきたように、ボトルケージは、ボトルが搭載されているときにバイクの空気力学的効率がより高くなるように配置され、形作られている。

BMCは、フレア状のフォーククラウンにもかかわらず、バイクの前面面積を減らすようにフレームを設計したと述べている。

フレームと後輪の間の距離も短縮され、空気の流れがホイールリムから離れるのを防いでいる。

 

Image credit: bmc

 

新しいバイクのもう 1 つの大胆な主張は、Teammachine R はフレームの剛性のおかげで、BMC がこれまで開発した中で最も効率的なパワー伝達を実現しているということ。

あまり目に見えないメリットは、F1の「ドライバーの感触」に関するRed Bull Advanced Technologiesの専門知識に由来しており、BMCによれば、これは新しいバイクが路上でどのように反応するかの感覚の向上につながるという。

BMC は、このようなハンドリングの予測可能性の向上により、ライダーは高速走行する際の自信が高まると述べている。

 

Teammachine R 01 LTD: SRAM RED AXS Image credit: bmc

 

Teammachine R は4つのビルドとフレームセット販売となる。

  • Teammachine R 01 LTD: SRAM RED AXS  価格 €14,999(約230万円)
  • Teammachine R 01 TWO: Shimano Dura-Ace 価格 €13,999(約220万円)
  • Teammachine R 01 THREE: SRAM Force AXS 価格 €9,499(約150万円)
  • Teammachine R 01 FOUR: Shimano Ultegra Di2 価格 €8,999(約140万円)
  • Teammachine R 01 MOD コクピット付きフレーム販売 価格 €5,999(約95万円)

 

なお、2024年シーズンからBMCはAG2R Citroën Teamのバイクサポートからは撤退。Tudor Pro Cycling Teamのサポートを続ける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました