ロードバイクの情報を発信しています!

ゴルカ・イサギレの見せたプロの落車回避テクニック

海外情報
Photo by Lubo Minar on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

ジロ・デ・イタリア第16ステージは、悪天候のためにレースの距離が212kmから155kmに変更。

それでも、最後の1級山岳パッソ・ジャウでは、ライダーが通過する2時間前には気温2度で深い霧が立ち込めていた。

選手が通過する時には、雨もあがり霧もなかったから良かったけれど。もし霧があったら下りもニュートラルになっていたでしょうね。

このレースでは、5人の強力な逃げのメンバーが先頭を争っていた。頂上手前のわずかな下りで、飛び出したのはモビスターのアントニオ・ペドレロ。

それに食らいついたのは、ゴルカ・イサギレ(Astana-Premier Tech)。

二人は、後続の3人からわずかなリードを奪うことに成功した。だが、ゴルカ・イサギレはオーバーペースでカーブを膨らんでしまう。

駐車されていた車にぶつかったかと思った。

 

スポンサーリンク

落車回避

その時の映像がこちら
'Well held!' Gorka Izagirre almost crashes into a van! | Giro d'Italia 2021

 

スロー再生で見るとギリギリぶつかっていない。咄嗟に片足を外してバランスを立て直している。凄い反射神経だ。

しかも、1台目の車の横には杭のようなものが立っていた。これにぶつかっていたら大変なことになっていただろう。

1台だけならまだしも、3台も駐車されていて良く回避できたものだ。

下りで凄いスピードが出ていたので、もし、車にぶつかっていたら大変なことになっていたはず。

この後、ゴルカ・イサギレは前を追うのをあきらめ、後続からきた3人にも抜かれてしまう。ゴルカ・イサギレは前日のステージ開始5キロ地点の落車に巻き込まれている。

それでも今日は逃げに乗っているのだから凄い。

遅れたゴルカ・イサギレはあとからきたエースのアレクサンドル・ウラソフをアシストしてゴールしている。

落車しないところは、さすがプロだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました