ロードバイクの情報を発信しています!

フィリップ・ジルベールはレムコをリトルクレイジーだと思っていた!

海外情報
Photo deceuninck_qst twitter
この記事は約4分で読めます。

フィリップ・ギルバートのレムコ・イヴェネプールの第一印象はほとんどメチャメチャ。

今では、最高の仲間だけど、当初は18歳の若者に慣れないといけなかった。

それどころか、ベルギーのベテランはレムコのことをリトルクレイジー、少し狂っていると考えていたことを明らかにしている(^^;

 

スポンサーリンク

初めての出会いはトレーニングキャンプ

Cor Vos

Photo Cor Vos

37歳のギルバートが初めてレコムにあったのは、昨年の12月。

Deceuninck-QuickStepのプレシーズントレーニングキャンプで19歳のレムコに初めて会っている。

 

ベルギーチャンピオンシップ

その後、彼らは6月にベルギーナショナルチャンピオンシップで初めて一緒にレースに出場。フィリップ・ジルベールは、ロード4位。レムコはTTで3位。ロードは84位。

 

アドリアティカ・イオニカレース

次に一緒に出場したのは、イタリアで行われたアドリアティカ・イオニカレース。

ここでの出来事。

フィリップ・ジルベールは、レース前にレムコが言っていることを真剣に受け止めなかった。

レムコは一人でアタックすると言ったのだ。

こいつ何言ってんだ??  ねえ、少年ここで何言っているの…??

頭がおかしいのかと思ってたそうだ。その時レムコは総合8位でジャンプアップの可能性はあったが、トップまで8分も差があったのだから。

落ち着け少年と思ったそうだ。

 

Adriatica ionica Race 2019 – TAPPA 4 Highlights

しかし、レムコは有言実行25キロ地点からアタックをかけて後続に2分の差をつけて独走。2位にギルバートが入った。

数時間前までは本当にレムコのことを傲慢なヤツと思っていたそうだが、この時からだった。彼のことを認めるようになったのは。

 

きずなを深める世界選手権

ギルバートとレコムの関係は、ヨークシャーの世界選手権で一緒にベルギーチームに乗っていたときにさらに強くなった。

ギルバートがフィニッシュラインの最初の交差点へのアプローチでクラッシュ。その時近くにいたのは、トイレ休憩から帰ってきたレコム。

チームメイトは、他にいなかった。レムコはフィリップ・ジルベールの為に渾身の引きを見せる。

だが、2周に渡って全開で引いたが集団復帰はかなわなかった。

ギルバートは2周後に涙を流してレースを放棄したが、レムコにはとても強烈な印象を受けたという。

本当に衝撃的だった。彼の行動は豊かな可能性の証拠でもある。彼は戦術的に考え行動する。ヨークシャーでやったことは非常にプロフェッショナルだった。

それは彼を遠い未来に連れていくことになるだろう。

さらにフィリップ・ギルバートはレムコの将来について語っている。

彼はタイムトライヤルですでに世界のトップだが、彼が2000メートル以上の山岳でいかにしてコロンビア勢に立ち向かうのか、驚くことになるだろう、と。

特にベルナルはその分野で驚異的で、レムコを傷つけるならば彼らだけだ、とも語っている。

フィリップ・ギルバートの頭の中には将来輝くレムコの未来が見えているのかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました