ロードバイクの情報を発信しています!

すでにシーズン2勝をあげているTREKのスプリンターが骨盤骨折

海外情報
Photo Matteo Moschetti instagram
この記事は約3分で読めます。

Trek-Segafredoの23歳の若手期待のライダーであるマッティオ・モスケッテイ。

チャレンジマヨルカの初戦トロフェオ・フェラニチ〜セス・サリーナス〜カンポス〜プレラスで嬉しい復活勝利を飾ったのは、つい先日。

 

なんと、マッティオ・モスケッテイは、フランスで行われているエトワール・ド・ベセージュ(Etoile de Bessège)の第3ステージで落車。

右大腿骨の脱臼とともに骨盤の右寛骨臼ソケット骨折という重症をおってしまった。CTスキャンによって更に手術が必要か診断を受ける。

 

スポンサーリンク

回復に時間がかかるか

マッティオ・モスケッテイは脱臼を麻酔をかけて牽引して間接を開放。これだけでも痛そう。

脱臼となると、じん帯とかも伸びているので回復には時間がかかりそうだ。私も肩を脱臼したり親指の脱臼骨折とかしたが、いずれも固定して数週間かかった。

大腿骨の脱臼と合わせて股関節の根元部分の骨折もあるので重症だ。

モスケッティが落車したのはゴール手前15km地点。途中まで見ていたのだけれども、12時前でまだゴールまでかなり距離があったので、寝てしまいクラッシュの場面は見ていない。

昨年のケガに続き災難が続くのは不運としかいいようがない。

 

開幕から2連勝だったのに

Photo TrekSegafredo twitter

マッティオ・モスケッテイは、チャレンジ・マヨルカの初戦トロフェオ・フェラニチ〜セス・サリーナス〜カンポス〜プレラス初戦につづいて、最終日のトロフェオ・プラヤデパルマ〜パルマでも勝利している。

開幕2連勝を飾った訳だ。

この時、マッティオ・モスケッテイはゴール手前15キロくらいから、後輪のホイールにビニールをつけたまま疾走。

なんと、そのままゴールまで走り切っている。

フランスで行われているエトワール・ド・ベセージュでは、デルコ・マルセイユ・プロヴァンスに所属する別府史之と岡篤志も走っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました