ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスはタディ・ポガチャルとプリモッシュ・ログリッチは打ち負かされると言う その意味とは?

海外情報
Photo credit: babbo1957 on Visualhunt.com
この記事は約9分で読めます。

がっしりとした体格と、山を駆け抜ける時のメトロノミックでスムーズなスタイルからは想像できないかもしれないが、ゲラント・トーマスはもともとステージレーサーではない。

実際、彼はキャリアの前半をトラック競技で過ごし、チームパシュートで2008年オリンピックで金メダルを獲得。

ヴェロドロームでの3分間の集中力を要するパシュートは、数年後にウェールズ人として初めてツール・ド・フランスでイエロージャージを獲得したときのトーマスとは、まったく異なるスキルを必要とする。

ゲラント・トーマスは長いインタビューの中で、現在最強の二人のスロベニア人、タデイ・ポガチャルとプリモッシュ・ログリッチはいずれ打ち負かされる日がくるだろうと予言している。

 

スポンサーリンク

トラックからの転身

 

北京とリオで2つのオリンピック金メダルを手にしたトーマスが、ロードレースに本格的に専念することを決めたのは、2012年の大会後だった。

その時も、すぐに丘陵で成功を収めることはできなかったが、2014年のコモンウェルスゲームズのロードレースや2015年のE3 Harelbekeなどのワンデイレースで勝利を収めた。

E3 Harelbekeでは、クラシックのスペシャリストであるサガンとゼネク・スティバルを最後の1kmで攻撃し、見事に勝利を得る。

その後、短いステージレースでの勝利が続き、トーマスの体格にも明らかな変化が現れた。

ベロドロームでのパンチの効いた加速に役立っていた余分な体重がなくなり、山頂フィニッシュで最高の選手と競うことができる引き締まったクライマーとなったのだ。

その後の彼のキャリアについては、語るまでもないだろう。2018年にツール・ド・フランスを制覇したことで、ウェールズ人は世界的に有名になる。

 

2021年を振り返って

 

2021年を振り返って、彼は複雑な感情を抱いている。ツール・ド・フランスに向けて、トーマスはボルタ・ア・カタルーニャ総合3位、ツール・ド・ロマンディで優勝し、クリテリウム・デュ・ドーフィネで総合3位。

スロースターターのゲラント・トーマスにとっては過去最高と言っても良いほどのシーズン前半だった。

 

これまでで一番良いスタートだったかもしれない。ツールでは、3日目に転倒してしまい、理想的な状態ではなかった。

その後のオリンピックでも転倒に巻き込まれた。でも、それが自転車レースというものなんだよ。

最初はつらいですよ。これまでの努力が水の泡になってしまうのだから。

でも、とにかく続けるしかないんだ。それ以外に方法はない。次の日にはバイクに戻って、プッシュし続け、自分やチームのために何かをしようとするんだ。

 

今シーズンは運に見放されたが、度重なる不幸のために、トーマスは挫折を乗り越えるエキスパートにならなければならなかった。

彼のアプローチは、冷静さと慎重さを保つことであり、それは自然なことのように見える。

 

タデイ・ポガチャルとログリッチはいつか敗れる

2004年のコモンウェルスロードでダン・マーティンと走る

 

トーマスがキャリアをスタートさせて以来、レースのスピードと難易度は急上昇し、テクノロジーやトレーニング方法もかつてないほどのスピードで進歩している。

タデイ・ポガチャルやプリモッシュ・ログリッチのような選手がグランツールを制覇したことで、Ineos Grenadiersはツール制覇が果たせていない。

 

彼らは間違いなく打ち負かされる可能性がある。

このスポーツは常に進化していて、機材、トレーニング方法、食事などが変化している。それがプロからU23やジュニアにまで伝わっているのだと思う。

ポガチャルのように、ジュニアやU23から入ってくる男達はすでにプロのようであり、すぐにワールドツアーに足を踏み入れている。

ポガチャルのように、すぐにトップレベルで走ることも可能だ。ポガチャルとログリッチが現在ベンチマークを設定しており、彼らのチームは常に改善し続けている。

だから、みんなが戦い続けなければならないのだけど、それが自分の原動力にもなっている。

 

新しい選手が現れることがないとは絶対に言えない。数年でトップに立つ選手が出てもおかしくはない。

トーマスのように世代を超えてレースに参加してきたライダーは、新しい技術開発がスポーツの軌道を変えたことを身をもって体験している。

パワーデータを全面的に使用することもそうだが、トレーニングに対するさらに複雑な科学的アプローチが日に日に導入されている。ブドウ糖測定アプリから風洞実験まで、トーマスがトレーニングを学んだ時のプロトンとは全く違うものになっている。

 

僕はライドのたびにガーミンのファイルをダウンロードして、すべてを分析する人間ではない。

テクノロジーが進歩していくのはいいことだと思うし、それが僕らを前進させてくれるんだ。

でも、昔ながらのやり方も必要だと思うんだ。感覚的なトレーニングだけでなく、いろいろな要素が必要だと思う。

 

Zwiftを利用

 

デジタル化されたトレーニング方法の一つとして、トーマスはZwiftを利用している。

Zwiftは、ロックダウン時にNHSのために36時間かけて募金活動を行ったインドアトレーニングアプリだ。

 

トーマスは、次の冬にZwiftを使用する計画について語っている。

幼い息子もいるので、家でできるというのはとても楽だ。ターボ車に乗っていると、1時間かけて道路に出るよりもずっと難しい。

私もそれを楽しんでいる。世界中の人たちと一緒に走ることができるのですから。

 

2022年のシーズンを成功させるためには、このZwiftでの時間が貢献することになるかもしれない。

ストレスの多い契約交渉がようやく終わり、彼は少なくとも、過去12年間一緒にレースをしてきたイネオスともう1年一緒にいられることになった。

 

イネオスは私にとって家のようなものだ。契約交渉は長い時間を要した。だからこそ、今はそれがほぼ終わって、自転車に乗ることと体重を減らすことに集中できることを嬉しく思っている。

 

2022年シーズンは

 

トーマスは2022年まで楽観的に先を見据えているが、来年のグランツールでのリーダーシップの役割を競うために、彼の前にあるハードワークについて幻想を抱いていない。

現在、オフシーズンを終えようとしているが、トレーニングを再開したいという気持ちを認めている。

 

本当に不健康で、すぐに体調を崩し始めたので、1週間で自転車が恋しくなる。

週に23時間、サラダや魚を食べてトレーニングしていたのが、ハンバーガーを食べ、ビールを飲んで何もしない生活になってしまうのだからね。つまり、シーズン中とは、正反対のことが起こるんだ。

 

ステージレースの競争が激しくなっていることから、トーマスは、来年は少し変わったカレンダーでレースをする可能性を否定しない。

 

少し変わったことをしてもいいと思うよ。特にここ数年のキャリアでは、自転車レースを楽しむことが第一で、できる限りレースに参加したいと思っている。

グランツールのルートなどを見て、それが自分のやりたいことなのか、それとも少し違うことをするのかを決めなければならないが、とにかくレースを楽しみたいと思っている。

 

最終的に自転車のキャリアに終止符を打った後の次のステップについて何か考えているかという質問に対しては。

 

ウェールズにはアカデミープログラムがあって、僕はそれにとても親しんできた。選択肢はたくさんあると思うし、何をするにしてもノーとは言わないし、ただ選択肢を広げておくだけだよ。

悔いのないように、伝説的なキャリアを最高の形で終えたいと思っている。私がレースをしている最後の数年間を最大限に活用したいと思っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました