ロードバイクの情報を発信しています!

ウルトラスリムライトブックFUJITSU LIFEBOOK U937ノートパソコンのインプレ

インプレ
Image credit: chan
この記事は約9分で読めます。

パソコンにお茶をぶっかけたのでメインのノートパソコンがぶっ壊れた。

 

その日のうちにノートパソコンを発注。買ったのは、富士通 【Win11搭載】極軽極薄FUJITSU LIFEBOOK U937だ。

重量はアイキャッチ画像のように791g。まあ、これでもロードバイクの軽量フレームよりは重いのだけど、ノートパソコンでは激軽だ。

届くまで3日だったかな。横浜から出荷だったので、多分ドライバーさんは、雪の大渋滞にはまってしまったはず。

 

スポンサーリンク

FUJITSU LIFEBOOK U937

 

購入したのはamazonの整備済みノートパソコンなので価格は28,800円と激安。ちょうどタイムセールだったのも幸いした。

 

 

いつものようにこんな感じで、簡素な詰め合わせとなっている。

  • 本体
  • ウイルスソフトの番号入り キングソフトのウイルスソフト
  • 本体を抜く布
  • ウェブカメラを塞ぐシール
  • 保証書

 

以下の富士通の公式サイトをみると定価は28万円。ただ、2017年に発売されたものなので、すでにかなり年数がたっている。

 

外観は、中古品には見えず、傷もない。

 

 

立ち上げると何かメッセージが出た。F1キーを押すと問題なく動いてくれる。

 

 

普通に立ち上がった。発色は凄くきれい。ドット抜けとかもなく、キーボードの不良もない様子。

 

 

ウェブカメラがついているけれど、最近はノートパソコンを乗っ取られてカメラで監視されるということもあるらしい。

ちゃんと、カメラをマスクするパーツも入っていたので、貼り付けておいた。

携帯性能もよいけれど、持ち運びすることはほとんどない。一応バッテリーを外した状態だと2時間は持った。これも半年くらいで内臓バッテリーは使えなくなるでしょうね。

 

デメリットは

CPUがi5-7300U(2.6GHz)で、メインメモリが8GB。

前使っていたHPのノートパソコンがi7でメモリが16GB。かなり性能が違う。人間よいものは中々気づかないのだけど、悪いものはすぐに気が付く。

自転車と一緒で、良いものはすぐに慣れてしまって快適さを忘れてしまう。これと一緒で、ノートパソコンも性能というのは如実に現れる。

たとえば、タブを沢山開きすぎるとメモリの搭載量の差が出る。16GBもあると、無数に立ち上げていても、ほとんど気になることはない。

まあ、これは仕方ないですね。あと、ホームポジションが微妙に左によっているので、つい指が間違えてしまう。これも慣れないと。

 

タッチパットが~

 

私は腱鞘炎なのでマウスを長時間は使えない。だから、前のノートパソコンの時には、マウスなしでタッチパットだけで作業していた。

慣れると、これが便利。

ただ、富士通のノートパソコンのタッチパットは従来のもので、指だけで作業するのが困難。特に、右クリックと左クリックがボタンになっているで、メンドクサイ。

軽いけれど、パソコン画面を指で触って操作するタッチディスプレイの機能がついてないので、タッチパットは付属のような位置付けとなっている。

マウスで操作する人は関係ないでしょうね。

 

沢山、タブを開いて作業する人以外ならば文句のつけようのないスペックと値段。もう一台のamazon整備済みノートパソコンも液晶がわるいので、買い替えを考えている。見えないしね。

次に狙っているのはこちら。申し分ないスペックだ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インプレ
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました