ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ジロ・デ・イタリア第18ステージ優勝のフィリッポ・ザナのスティッキーボトルが批判の的に

海外情報
Image by Tumisu from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

ロードレースには、Sticky bottle(スティッキーボトル)という言葉がある。直訳すると粘着ボトル。

「スティッキーボトル」という言葉は、チームカーからボトルを渡されたときに、必要以上に長く持ちこたえることによって得られるライダーのアドバンテージを表すために作られた言葉だ。

このジロでも何人かが罰金を支払っているが、第18ステージ優勝のフィリッポ・ザナのスティッキーボトルは批判の的となっている。

 

スポンサーリンク

2度のスティッキーボトル

 

上記動画の1回目のスティッキーボトルでは、5秒くらい押して貰っている。

2回目には、あきらかにサポートカーの力を利用している。後ろを走るAstana Qazaqstan Teamのワジム・プロンスキーは大きく引き離された。

これは流石に酷い。

過去記事でも紹介しているけど、レースを左右するほどとなると問題だ。

 

今回のフィリッポ・ザナの行為は、やはり200スイスフランの罰金となった。これだけで、レースが決まった訳ではないけれど、優勝したとなると批判されてしまうのは仕方ない。

逃げている選手はカメラで良く映る。もう少し注意しないといけない。

 

【国内正規品】Travel Kuppe(トラベルカップ)自転車用真空断熱ステンレスボトル 保温保冷対応 600ml ボトルケージにピッタリ ストローキャップ/マグキャップ 洗浄ブラシ入【日本仕様】
Travel Kuppe
✅【サイクリスト専用設計】「ライド中にぬるいドリンクはもう飲みたくない!」全てのサイクリストのために自転車好きのサイクリストが設計。自転車専用保冷保温ステンレスボトル。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました