ロードバイクの情報を発信しています!

ダイソーの100円手袋で雪のライドで耐えられるか実験

インプレ
Image by Pexels from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

今年は良く雪が降る。

インナーグローブは色々と試したけど、結局消耗品なので安いに越したことはないことを実感している。

前は、バールイズミとかミズノのインナーグローブを使っていた。

 

 

ただ、ワンシーズンも持たないんですよね。すぐに指先に穴が開いてしまう。そのうちにコンビニとか、スーパーで安売りされている安い手袋を色々と使ってました。

まあ、10個以上は買ったでしょうね。今回は100均の手袋を試してみることに。

 

スポンサーリンク

100均の手袋のインプレ

 

走り始めは、小雪が舞っていてヤフー天気アプリによると気温3.8℃。

思わず、自分の持っている最もあったかいグローブを使おうかと思ったほど。

 

けれど、実験のために安物のバッタもののグローブに100均の手袋で走ることに。

自分としては、寒い中では安物のグローブと100円の手袋ではダメだという結果を期待して走りだしたんですけど~。

まず、自宅からの下りが寒む過ぎるので、頭の冷え対策にヘルメットキャプを装着。

 

やっぱり、頭が冷えないとかなり違う。今回はマスクもしているので顔もほとんど覆われており顔が痛くなることはなかった。

走りながら考えたのは、ヘルメットキャップが効くならば、スイミングキャップも効果あるんだろうなあ~と思ったこと。

ただ、通気性が全くないのと、世の中で試した人はいないだろうから止めておこうと。

ヘルメットを取った時が変すぎる(^^;

 

実験として誤算は、出る前から手が冷えていたこと。このまま冷え続けるかと心配したのですけど~。

10kmほど走ると冷たさを感じなくなってました。下界が6℃もあったからというのもあるでしょう。

 

使った組み合わせは

 

実験材料は、パールイズミもどきの中国製バッタもんの安物グローブ(多分980円くらいだったかも)と100均ダイソー手袋。

このバッタもんのグローブは、これだけだと薄いので10℃くらいが限界。

出る前は、折り返し地点が真っ白で間違いなく雪が降っていたのですけど、止んだので気温が下がらなかったので実験としては失敗ですね。

山方面に向かうので雪が舞うことを期待してたのですけど~。

まあ、6℃くらいまでならば安物セットでも大丈夫とわかりました。ただ、手以外は防寒対策してたので、それ以外の冷えがなかったからかもしれません。

ただ、向かい風が、結構厳しくて、同じ2時間のライドでも冷えによるエネルギー消費は大きかったようで、かなり疲れました~。昨日は起きてられなかった(–;

もう一回くらい、雪の中で試してみるのも良いかもしれないけど、寒いのは嫌いなのでこれ以上雪が降らないことを期待したほうが良いですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました