ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルのために作られたENVE SES AR IN-Route統合ハンドルが発売に

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

UAE Team Emiratesのタデイ・ポガチャルが2023年7月に使っていたENVEの統合ハンドルの第1弾が販売となった。

ユタ州で手作りで作られるハンドルの価格は1,200ドルというから約17万円。なんと自転車が買えてしまう値段だ。

どんなハンドルなんだろうか?

 

スポンサーリンク

ENVE SES AR IN-Route

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ENVE Composites(@envecomposites)がシェアした投稿

 

すべてのハンドルはユタ州オグデンの社内で製造されている。

一般的なサイズの組み合わせで「ストック」モデルを提供となるが、希望するステムとハンドルバーの長さで製造することも可能。

標準オプションには、ステムの長さ 90/100/110/120 mm、バーの幅 (フードの中心から中心までの寸法) 38/40/42/44/46 cm が含まれている。

フレアによりドロップ部分の幅が5cm追加されるため、バーの下部の寸法は 43/45/47/49/51cm になる。

上部はエアロ形状で、その下にケーブルガイドが埋め込まれている。

Mosaic、Argonaut、Provaなど、ENVEのIN-Routeシステム内部ルーティングデザインを採用した様々なカスタムフレームやENVE独自のフレームモデルを含む、IN-Routeシステム統合に対応。

SES AR One-PieceとすべてのIN-Routeコンポーネントを、できるだけ多くの主要フレームモデルで使用できるようにすることを目標に、今後も互換性ソリューションを追加していく。

 

ENVE SES AR IN-Route Spec

  • 20 種類のバー幅/ステム長の組み合わせが利用可能
  • ハンドルバーの幅は38~46cm
  • ドロップ部分の幅は+5mm
  • ステムの長さは 90 ~ 130 mm
  • フレア: 18° 複合フレア ドロップ
  • リーチ: 76mm
  • ドロップ: 127mm
  • 重量: 330-360g
  • 価格 :  $1,200 米ドル (約17万円)

なお、最近のフレアーハンドル、狭いハンドル幅に対応したSES Pro Team One-Piece (別名「Pogačar/UAE バー」も2024年には販売されるとのこと。今回のは一つ目のハンドルだ。

フード部分の幅は350mm ~ 390mm で、ナローでエアロなプロ仕様のライド ポジションを実現する。

2つ目に販売されるハンドルが、よりタデイ・ポガチャルのハンドルに近い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました