ロードバイクの情報を発信しています!

EF Pro Cyclingがコロンビアツアーのチームタイムトライヤルで勝利したタイヤは?

機材情報
c. Vision, photo by Getty Sports
この記事は約4分で読めます。

ツアー・コロンビアの第1ステージはチームタイムトライヤル。

南米への機材輸送は大変なので、各チーム共にTTバイクではなくロードバイクを使用。

このステージで圧倒的なタイムで優勝したのはEF Pro Cycling。

チームが使ったタイヤはチューブレス。EF Pro Cyclingは今シーズン全てのTTTをチューブレスで戦うという。

どのチューブレスタイヤを使ったのか?
 
 
スポンサーリンク

Vittoria Corsa Speedタイヤ

https://www.efprocycling.com/colombias-rare-opportunity/

Photo efprocycling.com

EF Pro Cyclingが使用したチューブレスホイールは、Vision Metron 81 SL Disc。

19mmの内部フック付きチューブレス対応リムは深さ81mmで、全体の幅は25cタイヤに最適化された24.8mm。重量は1850g。

 

Vision, photo by Getty Sports

タイヤは、ラテックスシーラントを使用した25c Vittoria Corsa Speed TLRチューブレスクリンチャーでレース。

Vittoriaのチューブラーによく似た手作りの非加硫320tpi構造は、チューブレスタイヤよりも柔軟で、業界で最も低い転がり抵抗値の1つを備えた超軽量タイヤ(チームは25mm選択で205g)を作成する。

Vittoria Corsa Speedにはパンク防止機能がないため、TTレース専用タイヤとなっている。

現在、第2世代のチューブレスCorsa Speed TLRは、更新されたGraphene 2となっており、機能を向上させている。

Graphene はゴム分子間のスペースを埋めることでゴムと相互作用する。これにより、すべての肯定的なパフォーマンスメトリックが増加することが確認されている。
 
やはり、Vittoria Corsa Speedのころがり抵抗の低さが実証された形となったようですね。
 

 

以下のビデオを見るとGraphene 2となったVittoria Corsaで多くのライダーが勝利を重ねていることがわかる。
Vittoria #1: GRAPHENE 2.0

Photo efprocycling.com

コロンビアのレースでは、Cannondale SystemSixエアロロードバイクを使用。

チームは、CannondaleのKNOTシステムの代わりに、Visionワンピースバー+ステムのセットアップを使用しているため、内部に配線されたコックピットからブレーキとシフトワイヤーは内蔵されていなかった。CeramicSpeedのビックプーリーは使用してますね。

 

今回のレースではDeceuninck – Quick Stepに対して45秒のタイム差。AV55.615km/hという圧倒的なスピードで走り抜けた。

Deceuninck – Quick Stepもチューブレスを使用したんではないのかなあ~?

 

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました