ロードバイクの情報を発信しています!

チームイネオスは風洞実験によりタイムトライヤルのフォームを作る

海外情報
https://twitter.com/TeamINEOS
この記事は約4分で読めます。

チームイネオスのライダーは一人ずつ、Silverstoneにある風洞実験室で空力テストを行う。

今回のライダーは、エディ・ダンパー22歳と、フィリッポ・ガンナ23歳。

より空気抵抗を削減するために、ライダーのタイムトライヤルとロードのポジションを向上させることを目的としている。

 

スポンサーリンク

エディ・ダンパー

https://www.teamineos.com/article/lawless-sprints-to-second-as-dunbar-holds-firm

ヤングライダー賞ジャージを着るエディ・ダンパー

昨年の9月15日に、Aqua Blue Sportよりチームスカイに移籍。

現在22歳の期待の新人。

実質1年目のチーム所属ながら、今年のジロ・デ・イタリアに出場。若いメンバーと共にチームのパヴェル・シヴァコフを支えた。

 

第12ステージではスタート直後からアタックをかけ、最後は3位でフニッシュ。

http://www.giroditalia.it/it/gallery-list/page/3/

ヤングライダー賞6位。総合でも22位と健闘している。

ツール・ド・ヨークシャーでも総合3位となっており将来が楽しみな選手の一人。

 

Silverstone風洞実験

https://twitter.com/TeamINEOS

 

今回、Silverstone風洞実験でテストしたライダーは、エディ・ダンパーの他にもう一人。

イタリアのトラックスペシャリストであるフィリッポ・ガンナ23歳。

https://twitter.com/GannaFilippo

フィリップ・ガンナ

 

チームイネオスは、昨年から空力学を専門とするSwiss Sideと空力シミュレーションパートナーになっている。

 

 

http://www.stickybottle.com/latest-news/eddie-dunbar-ineos-wind-tunnel-silverstone/

実際に使用する、ジャージ、バイクで臨む。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=233&v=rvjIqXWOwpw

ライダーは、様々な角度、傾き、腕の置き方、バーとの距離など測定する。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=233&v=rvjIqXWOwpw

エディ・ダンパーは、よりバーに顔を近づけることによって、空気抵抗を削減出来ることがわかった。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=233&v=rvjIqXWOwpw

身体の後ろに流れる空気の流れも測定。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=233&v=rvjIqXWOwpw

画像解析により、ライダーのポジションでどう変わるか測定。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=233&v=rvjIqXWOwpw

路上でもデータを蓄積する。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=233&v=rvjIqXWOwpw

その後、チームタイムトライヤルのデータも路上で行う。走る順序も重要となってくる。

 

「過去10年間でサイクリングを変えた主な物の1つは空気力学です。

毎年新しい発展があり、新しい技術により速く走れるようになります。

それは改善するリストのトップとなる項目です。

このサポートと知識を持つことは、前進するのを助けることになるでしょう」

とエディ・ダンパーは述べている。

 

Tech Talk: Wind tunnel testing with Swiss Side

風洞テスト成果

この風洞テストの後に、おこなわれた国内選手権タイムトライヤル。

エディ・ダンパーはアイルランド国内TTで第2位。

 

フィリッポ・ガンナはイタリア国内TTで優勝

見事にテストのよる成果をあげている。

ちなみに、5位はツール・ド・フランスにも出場するジャンニ・モスコンだ。

 

チーム全員がタイムトライヤルポジションやロードのポジションを毎年チェックしているチームイネオス。

常に1%の改善を目指すチーム。強くなるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました