ロードバイクの情報を発信しています!

Team Qhubeka ASSOSがロバート・パワーとベアトヤン・リンデマンを追加してメンバー完成

海外情報
Photo by Brett Jordan on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

Team Qhubeka ASSOSが2人の移籍を発表し、来シーズンの27名のメンバーを完成させた。

移籍するのは、ロバート・パワー(RobertPower)がTeam Sunwebから

ベアトヤン・リンデマン(LINDEMAN Bert-Jan)がTeam Jumbo – Vismaから移籍。

彼ら二人の経歴を簡単に紹介。

 

スポンサーリンク

ロバート・パワー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NTT Pro Cycling(@nttprocycling)がシェアした投稿

 

ロバート・パワーはオーストラリアのパース出身25歳。兄がプロのラグビー選手だったため最初はラクビーに夢中になっていた。その後自転車に転向。

18歳のころから成績が残っており、イタリアのTrofeo Buffoni (1.1)で優勝。Giro Internazionale della Lunigiana (2.1)でもステージ優勝し総合3位となっている。

2015年にはヘラルド・サンツアー総合6位。ヤングライダー賞獲得。アンダーだが

Giro Ciclistico della Valle d’Aosta Mont Blancでも総合優勝している。

その後、2016年ORICA-BikeExchangeで走り始める。2018年にはストラーデ・ビアンケ6位。ジャパンカップでも優勝。

とても才能のある選手だが、すべてを発揮しきれていない感じだ。

チームに合流すれば、まずはツアー・ダウンアンダーで活躍する所だったけれども、オーストラリアのワールドツアーは中止。

北のクラシックからレース参加となるかもしれない。将来的に期待できる選手だ。

 

ベアトヤン・リンデマン

 

オランダ出身のベアトヤン・リンデマンは31歳。2011年Vacansoleil – DCMでワールドツアーデビュー。

だが、オランダのVacansoleil – DCMは2013年を持って解散。

2014年にコンチネンタルのRabobank Development Teamに落ちるが、Tour de l’Ainで総合優勝、Le Tour de Bretagneでも総合優勝して、翌年からTeam Jumbo-Vismaに移籍。

2015ブエルタ第7ステージで優勝。チームには主要メンバーとして6年間在籍し、グランドツアーには7回出場している。

ベアトヤン・リンデマンは、これまでの経験とスキルをチームに伝えることが出来ると考えており、チームからも期待されている。

 

これで、Team Qhubeka ASSOSは27名のメンバーと契約。NTTの生き残りのメンバーは10名だけで、あとは全て移籍によって構成されている。

さらに、コンチネンタルレベルの選手を追加するかもしれないが、予算的にもこれで一杯かもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました