ロードバイクの情報を発信しています!

Mike Sweatmanの世界最大のディレイラーコレクション

https://www.cyclist.co.uk/news/6092/disraeli-gears-the-worlds-greatest-collection-of-derailleurs 機材情報

世の中には色々な収集家がいるもので、彼Mike Sweatmanは自転車のディレーラーを集めている。

Mike Sweatmanによるディレイラーの蓄積は過去10年間で大幅に増加し、現在は世界最大のプライベートコレクションの1つです。

彼以上にディレーラーを持っている人はいないのでは??

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#13

 

https://www.cyclist.co.uk/news/6092/disraeli-gears-the-worlds-greatest-collection-of-derailleurs

SRAM ESP 9.0SL

1997年製  ESP 9.0SLは第一世代のSRAMディレイラー。

あまり上手く動作しなかったようで、大量の回収を余儀なくされました。

このヒョウ柄プリントバージョンはちょっとインパクトありますね。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Le Chemineau

1912年製 Le Chemineauは最初の本物の生産ディレイラーでした。 このデザインは、ジャーナリストのPaul de Vivie自身の手作りのデザインを基にしており、1930年代後半にSimplexの安価なモデルに取って代わられるまで成功しました。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Gambato Dural

製造の日付は不明。 このブランドの話は色鮮やかで、Gamato氏はCampagnoloのGran Sportの発明を主張しています。 彼はアルゼンチンに引っ越して、彼自身の名前の下で身近なディレイラーを作成しました。

このデザインはCampagnolo Gran Sportのカーボンコピーです。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Paul Powerglide ‘Rasta

1995年 Paul Powerglideは、1990年代の最も人気のあるマウンテンバイクディレイラーの1つで、Sweatmanのコレクションで最も高価なディレイラーの1つになる可能性が高いです。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

1998年 EGSアップケージEGSアップケージは2つではなく3つのジョッキーホイールを使用しました。 チェーン(ガイドプーリ)を位置決めするために単一のプーリホイールのみが使用され、他のものはチェーンスラップに対抗するようにチェーンに張力をかけた。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

1948年シンプレックスツールドフランス、 シンプレックスは、安価で成功を収めたル・シュミネーの開発を行いました。 ツールドフランスは、ギア位置を決定するためにチェーンプルメカニズムを使用します。これは、斜めにとりつけられた平行四辺形で特許を取ったSUNTOURによって消される設計です。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Ofmegaミストラル

‘Maglia Rosa’、1982年 ミストラルは魅力的なパステルカラーで登場しました。 そのプラスチックな外観にもかかわらず、Mistralはそれがハイテクなポリマーを使ったと主張しました。その精度は賞賛されるものでした。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

he Shimano Airlines(AR01)

2000年 The Airlinesは、シマノがディレイラーを空気圧装置として再設計するための興味深い試みでした。 圧縮空気は、ディレイラーの本体に供給された2つのキャニスターのうちの1つから放出されます。加圧空気を使ってギアを切り替えるというものでした。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Mavic Mektronic

1999 Mavicは1994年にZapでMektronicの何年も前に電子革命を始めました。Mektronicはその最初の電子シフトシステムの無線化でしたが、信頼性と充電問題に悩まされました。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

SunTour Superbe Pro Gold

1984年 SunTour Superbeはかつて巨大なブランドでした。 それは間違いなく史上最高の摩擦ディレイラーであり、厳選された素材、厳格な公差、そしてハンサムなゴールドとブラックの配色です。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Campagnolo Gran Turismo

1970年 Sweatmanによると、Gran Turismoは機能的にはこれまでで最悪のディレイラーの1つでしたが、見た目では最も人気のあるCampagnoloディレイラーの1つと考えられています。

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

Campagnolo 50周年記念

1983 年Tullio Campagnoloがクイックリリースを発明してから50年を迎えたCampagnolo 50周年記念Anniversaryは、レコードを基にし、マイナーなデザイン変更と金メッキを施しました。 何よりも、それはブランドの視覚的魅力を証明します。美しいですね!

 

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#2

White Industries LMDS

1997 White Industriesはディレイラーを再考するための多くの試みのうちの1つを行った。 ボディは2つの柱に沿って上下にスライドしてギアをシフトします。 「それは素晴らしいことだ」とSweatmanは言う。 「しかし、それは財産を要し、誰もそれを買わなかった。」

高かったんでしょうね。

 

Mike Sweatmanの持っているディレラーの一部を紹介して貰いました。

https://www.cyclist.co.uk/in-depth/6090/disraeli-gears-gallery#13

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました