ロードバイクの情報を発信しています!

CorimaからGravel 30.5フックレス、チューブレスホイールのデビュー

機材情報
Photo corima.com
この記事は約3分で読めます。

Corimaはグラベル用ホイールCorima Gravel 30.5を発表した。

フランスのホイールブランドCorimaとしては、初のグラベル用ホイールの投入となる。

新しいCorima Gravel 30.5は、DT Swiss 240ハブを使用し独自のフォームコアカーボンリム構造を提供。軽量でありながら、驚くほど剛性が高く機能的なホイールとなっている。

 

スポンサーリンク

Corima Gravel 30.5

こちらは製品紹介ビデオ。
CORIMA GRAVEL G30.5

30.5という名前はリムの外部幅ではなくて、高さを表しているようだ。

G30.5sリムはフックなし(CorimaはTSSまたはTubeless Straight Sideと呼んでいる)で、内部幅は22mm。これは、従来のロードリムに比べて幅広だが、最新のグラベル専用ホイールに比べてるとそこまでではない。

 

Photo corima.com

外部幅は28mmでCorimaは28〜60mm幅のタイヤで動作するように設計。重量は1,550gとなっている。

リムの断面は水平のカーボンリブで補強されている「トーションボックス」設計を使用することで、高い剛性と重量の比が達成されている。

トーションボックスシステムは、すでに特許取得済みでCorimaのホイールに使用されている。リムの強度を最大化し、応答性を高めながら、重量を抑えるのに役立つ。

 

フックのないリムデザイン

Photo corima.com

Corimaは、チューブレスストレートサイドのフックレスリムデザインをTSSと呼んでおり、追加の衝撃保護を提供するように強化されている。

 

なぜフックがないのか?

これは、特に低圧でチューブレス対応の砂利タイヤ向けに設計されているため。これにより、タイヤの輪郭が丸くなり、リム壁の上部が厚いため、タイヤが食い込む可能性が低くなる。

そして、CorimaがETRTOガイドライン(欧州リムの規格)に従うチューブレス対応タイヤのみを推奨していることも意味している。

対応するチューブレスタイヤについては公式サイトで公表しており、簡単にタイヤを装着できるが、外れる危険はない。

フックレスは車やオートバイでは長く使われている機能であり、ENVEではフックレスについて詳細に説明してくれている。

 

あまりにも長いので、興味のある方は読んでみると良いと思う。

 

DT Swiss 240 Centerlock

Photo corima.com

ハブには更新されたDT Swiss 240 Centerlockハブが使われている。

フロントとリアに24本のブラックステンレススチールCX-Rayブレードスポークを使用しており、ディスクブレーキのみの対応だ。

価格は、2010ポンド(約20万円)となっているが、日本での価格はまだ発表がない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました