ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームが自転車に帰ってきた。路上でのトレーニングを開始

海外情報
Photo Chris Froome twitter
この記事は約3分で読めます。

クリス・フルームはクリテリウム・ドーフィネでの試走での事故以来、リハビリに励んでいた。

7月末の段階で、片足でのローラーペダリングをしている様子をビデオで公開。

 

まだ、両足でのペダリングには時間がかかるかなあと思ってましたが、路上で軽いトレーニングをしている所をフランスのサイクリングファンに投稿された。

なんとか、自転車に乗れるようになったようです。

 

フルームはフランスのサイクリングファンに会って、2ヶ月半前に事故がどのように起こったのかを伝え、ファンの1人がそのビデオをTwitterに投稿。

 

 

フルームは、すでに路上でトレーニングしているという噂はありましたが、本人は否定。

「それは私ではありません。残念ながら私はまだ路上を走ることが出来ません」

と彼はファンの質問に答えている。

と、いうことはこの日が初めて路上に出た日だったのかもしれない。

 

フルームは、6月12日の事故で、大腿、肘、胸骨、および脊椎の骨折を負い、集中治療室でしばらく過ごした。

 

それ以来、2020年7月にツール・ド・フランスで、5回目の総合優勝を目指して戦うことを唯一の目標として、ゆっくりとした慎重な回復に焦点を当てることに専念。

2か月半で路上に帰って来ることが出来た。

まずは、無理なく少しずつ戻していくことでしょう。

ここからすぐに、元通りになったらビックリしますけどね。

 

療養中に、2011年のブエルタ・ア・エスバーニャの繰り上がり優勝が決まったのは彼にとって朗報でしたね。正式に優勝ジャージも貰ったようです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました