ロードバイクの情報を発信しています!

摂食障害のヤニ・ブライコビッチはスロベニア選手権で4位だったが、別の不安を口にする

海外情報
photo Janez Brajkovič instagram
この記事は約4分で読めます。

摂食障害だったヤニ・ブライコビッチは2017年にバーレーン・メリダとの契約がきれた。

 

この後、スロベニアのコンチネンタルチームAdria Mobilで走っている。今回、ヤニ・ブライコビッチはスロベニア選手権ロードとTT共に4位という素晴らしい成績だった。

だが、ブライコビッチは別の不安を口にする。

 

スポンサーリンク

スロベニア選手権では4位

photo Renaud Breban twitter

スロベニア選手権ロードでは、

  1. プリモシュ・ログリッチ (Team Jumbo-Visma) 3:30:54
  2. ダディ・ボカチャル  (UAE-Team Emirates)  +0:10
  3. マテイ・モホリッチ(Bahrain – McLaren) + 0:39
  4. ヤニ・ブライコビッチ +0:53
  5. ドメン・ノバック(Bahrain – McLaren) +1:13

ワールドツアーライダーに並んで4位。彼の後ろにBahrain – McLarenの選手4人にUAEのヤン・ポランツもいる。

ブライコビッチは36歳ながら、未だにワールドツアーレベルの脚があることがわかる。さすが、2010クリテリウム・ドーフィネ総合優勝に、2012ツール・ド・フランス総合9位の実績はだてではない。

 

photo Janez Brajkovič instagram

続くタイムトライヤルも4位

  1. ダディ・ボカチャル  (UAE-Team Emirates) 0:31:10
  2. プリモシュ・ログリッチ (Team Jumbo-Visma) +0:09
  3. ヤン・ポランツ (UAE-Team Emirates)  +1:47
  4. ヤニ・ブライコビッチ +1:53

上位二人は別格だが、これもワールドツアーレベルの実力が落ちていないことが証明された。

2011年にはスロベニアTTチャンピオンだったのだから、実力は衰えていないと言っても良い。表彰台まであと6秒なのだから。

 

スロベニアでは全く対策なし

だが、ヤニ・ブライコビッチは成績は別にして大会の対策について苦言を呈している。

スロベニアでサイクリングイベントを開催するのは素晴らしいことですが、予防策を講じるのも適切でしょう…今日は何もありませんでした。

 

以下は表彰式の模様だが、全く三密など関係なしだ。これはロードでも一緒だった。

 

さまざまなスポーツの再開は依然として難しい問題をはらんでいる。

2週間前のテニスのノバク・ジョコビッチのアドリアツアーも、すべての注意を無視していた。その為、ジョコビッチ自身を含む他の参加者が次々とコロナ陽性を示している。

サイクリングの世界も再開するのは良いが、しっかりと対策をしなければいけない。これをヤニ・ブライコビッチは言っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました