ロードバイクの情報を発信しています!

Bahrain Victoriousのフィリップ・マチエユクが今になって出場停止に

海外情報
Dimitris VetsikasによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

2023 ロンド・ファン・フラーンデレンで歩道を走って、集団の前に出ようとしたBahrain Victoriousのフィリップ・マチエユク。

 

水たまりがあって、集団の真ん中に突っ込んでしまった。

 

スポンサーリンク

30日間の出場停止

 

この落車で30人が巻き込まれた。さらに悪いことにUAE Team Emiratesのティム・ウェレンスは鎖骨骨折をしている。

UCIは、3か月前のレースの処分を発表。2023年7月25日から30日間の出場停止の処分となった。

国際自転車競技連合(UCI)はプレスリリースで、

「規律委員会は、選手がレースコース外で走行して事故を引き起こしたため、UCI規定第12.4.007条に違反する行為をしたとの裁定を下した。

現代のサイクリングに危険な行為は存在しない。そのため、コース外の歩道、車線、自転車道での走行は固く禁じられている。違反し、他人に危険を及ぼす者は罰せられる。」

ロンド・ファン・フラーデレンは、4月2日。その後も、フィリップ・マチエユクはレースに出場していた。

8月末まで走れないので、シーズン最終版のレースしか出場できないことになる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました