ロードバイクの情報を発信しています!

Bahrain Victoriousがドーピング疑惑で予備調査を開始される

海外情報
Photo by Markus Spiske on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

フランス警察は、Bahrain Victoriousのホテルを50人で襲撃した。

当初は何が目的で捜査されたのか情報がなかったが、一夜明けてマルセイユ検察庁の声明によると、

「禁止されている物質または禁止物質の摂取、輸送、所持、輸入、Bahrain Victoriousのメンバーによる正当化なしにアスリートが使用したのではないかという疑いのため。」

となっている。

この調査の元になったのは何だったのだろうか?

 

 

Bahrain Victoriousは、ジロ・デ・イタリアでダミアーノ・カルーゾが総合2位。このツール・ド・フランスでも、ワウト・プールスが山岳賞争い。

イタリアチャンピオンのソンニ・コルブレッリ、スロベニアチャンピオンのマテイ・モホリッチなど最近の活躍は目を見張るものがある。

これに対して、1人のチームボスを含む2人の個人が、ジロ・デ・イタリアとクリテリウム・ドーフィネの両方でBahrain Victoriousのパフォーマンスについて懸念を表明した。

誰が言ったのは記録に残っていないが、これがきっかけとなり警察の捜索が入ったと思われている。匿名の警察へのタレコミがあったとはの情報はない。

結局、警察は1時間ほどライダーの部屋、ライダーのトレーニングファイル、バスもチェック。

ライダーには、何の捜索の理由もいわずに最後にありがとうと言って去ったそうだ。

マテイ・モホリッチは、隠すものは何もないとコメント。ソンニ・コルブレッリは嫉妬によって起こったものだとコメントしている。

予備調査ということなので、今後も続くのかもしれない。ただ、ドーピングテストは毎日行われており、不正があるようには思えない。

昨年も、ナイロ・キンタナがドーピングを疑われたが、少しパフォーマンスが良いと皆逆に疑われてしまう。

結局、ナイロ・キンタナも何もなかった。Bahrain Victoriousの今後の成り行きを見てみるしかない。

コメント

  1. まめ より:

    予測変換でしょうか、間違いがありますね。

    “Bahrain Victoriousは、ジロ・デ・イタリアでダミアーノ・カルーゾが総合優勝。”
    言うまでもないですが正しくは総合2位です。

    ここのところ間違いが多い気がします。

タイトルとURLをコピーしました