ロードバイクの情報を発信しています!

Science inSportから「ゲームを変える」更新されたBeta Fuel登場

機材情報
photo scienceinsport.com
この記事は約3分で読めます。

Science In Sportは、栄養を真剣に考えているライダー向けのBeta Fuelを更新した。

アスリートが1時間あたりに使用できる炭水化物の量を増やすために、その処方が更新され、ジェルとチューバーの両方の形で利用できるようになった。

チームイネオスも使ってますね。

 

スポンサーリンク

Beta Fuel

こちらはイネオスのテイオ・ゲイガンハートがBeta Fuelについて語っている。
Tao Geoghegan Hart | Fuelling To Win | INEOS & SiS

 

SISのBeta Fuelは以前から販売されていた。最も注目されたのは、2018年のジロ・デ・イタリアのステージ19でクリス・フルームが奇跡の逆転劇を行った時に使用されていたこと。

 

2018年に最初に発売されたオリジナルのBeta Fuelは、マルトデキストリンとフルクトースの両方を2:1の比率で使用して、胃腸の問題を最小限に抑えながら、運動中の炭水化物の供給と利用を最適化する等張製品だった。

新しいBeta Fuelの主な違いは、マルトデキストリンとフルクトースの比率の変化。

以前は2:1だったが、現在は1:0.8になっている。2:1の比率と比較して、1:0.8の比率となり次のように進化している。

  1. 外因性炭水化物の総酸化を17%強化
  2. 10回の最大スプリント努力中の平均出力を3%向上
  3. 摂取された炭水化物の酸化率を62%(2:1の比率)から74%(1:0.8の比率)に増やす
  4. 2:1の比率と比較して、胃の充満と吐き気の症状を軽減

 

photo scienceinsport.com

 

ジェルの場合、あまりにも濃すぎると飲むのにも苦労する。効きそうな感じはするけれど、胃に負担もかかりそうだ。適度な比率となって飲みやすくなったのは歓迎だ。

マルトデキストリンとフルクトースの比率の変化により、炭水化物の摂取量を1時間あたり約80〜120gに増やすことができ、胃腸の苦痛を最小限に抑え、より速い吸収を可能にすることでパフォーマンスを助けてくれる。

 

価格は、

  • Beta Fuel パウダー15パック £37.50(約5,700円)
  • ジェル6パック £12(約1,800円)
  • チューバー6パック£12(約1,800円)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました