ロードバイクの情報を発信しています!

レムコ・エヴェネプールは、リエージュ〜バストーニュ〜リエージの風の動きに注目する

海外情報
Photo credit: Sjaak Kempe on VisualHunt
この記事は約6分で読めます。

ディフェンディグチャンピオンのタデイ・ポガチャルがリエージュ〜バストーニュ〜リエージを欠場。

 

優勝の最有力候補がいなくなったことで、よりオープンなレースになることが予測される。Quick-Step Alpha Vinyl Teamはジュリアン・アラフィリップとレコム・エヴェネプールが出場。

二人がレース前のインタビューに答えているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

チームの動きについて

こちらはQuick-Step Alpha Vinyl Teamのリエージュ〜バストーニュ〜リエージのメンバー紹介

 

ジュリアン、この日曜日のチャンスをどう評価する?

始めれば、勝つチャンスはある。いつか自分のパルマレスに加えたいと夢見るレースのひとつだ。

自分のフォームにはかなり満足している。フレッシュ・ワロンヌの後は、できる限り回復するように努めた。

すでに日曜日について考えている。もちろんチャンスはあるし、それを最大限に生かそうという意欲はある

 

レムコ、リエージュ~バストーニュ~リエージュでの優勝はもう目標になっているのでしょうか?

それは野心だけど、願いは自分のキャリアはしばらく続き、毎年ここに戻ってくることができればと思っている。

もし今年優勝できなくても、慌てないし、不幸にもならない。一番大事なのは、チームとしてベストを尽くすことだ。

私たちはお腹が空いている。ブラバンツ・パイルでもそうだったし、フレッシュ・ワロンヌでもそうだろう。

日曜日は自分たちのベストを見せられるように戦いたい。しかし、スタート時には非常に強いチームがいるので、その価値を見極めなければならない。チームとして勝ちたい、それは確かだ。

 

ジュリアン ここ数年、あなたは絶対的な人気を誇っていますね。今ではほかの選手も有望です。今週の日曜日は、いつもと違うレース展開になると予想していますか?

そのとおり。私があまり好きではないからではなく、コースが少し変わったからだ。

金曜日の偵察の結果、コースは最後の登りから非常に速いことがわかった。コート・ドゥ・ラ・ルドゥの前にも。

よりオープンで、より速いレースを期待している。フレッシュ・ワロンヌの後は、あまり心配していない。頭の中に何かがある。今のところ、かなりうまくいっている。

 

風を読む

 

ここ数週間レースの展開が早まっているのが目につきます。日曜日にやってくるこの厳しいテストを、そう考えているのでしょうか?

ジュリアン

正直なところ、まったくわからない。今回も厳しいレースの後、非常に速い決勝になることを覚悟しなければならない。

チームによっては、フィニッシュのずっと手前で何かをして、レースをさらに難しくしようとするところもある。

でも正直なところ、それはラ・ルドゥートの前に起こることで、その後は早くゴールすることができるからだ。

 

レムコ

コースは風次第とも思っている。決勝で風が吹いていれば、遠くまで行ける。

もし逆だったら、登りの間にある広いコースで自殺することになる。まあ、それはそれで面白そうだ。

最後のダウンヒルでは向かい風が予想されるが、その前は横風と追い風だ。そうであれば、攻撃に従わなければならない。

 

レムコ、アラフィリップのサポートでアルデンヌに行くって言ってたよね。そのサポートは、遠くから自分で攻撃することもあるのでしょうか?

それは本当に足に依存する。それでも、最後の登りであるロッシュ・オ・フォーカンまで生き残ることができる選手はたくさんいる。

また、アルデンヌでは、下りや上りを良いポジションからスタートしなければいけない。フレッシュ・ワロンヌでは、それを完璧にこなした。

ジュリアンは私から遠く離れたことはなく、私も彼から遠く離れたことはなかった。プロトンの中でうまく動いた。私たちは、お互いを理解していることを証明した。

また、いつ予測するか、いつ戦術的なゲームをするかということも分かっている。攻めてもいいと思える状況であれば、そのチャンスを逃さないようにする。

最後の登りまで一緒にいたほうがいいと思えば、そうする。一緒に多くの機会を持てるということは、この日曜日、僕らにとってはまさにアドバンテージだ。

 

レムコ、日曜日に勝つための脚と自信を持っていますか?

去年、本気で悩んだ質問なので、答えには気をつけようと思います(笑)。

とにかく気分がいいんだ。この時期を目指してきた。水曜日はうまく消化できたので、日曜日の予約には間に合うといいのだけど。

それは、私自身にも、チームにも期待していることだ。決勝ではまだ2人でなければならない。そのために、私たちは何でもする。

この物語に言い訳はない。すべてはその日の調子次第で、運が悪くなければいいのだが…。

そして、もし失敗しても、うまくいけば自分を責めるだけでいいんだ。1位に対しては、チームで勝利をつかみたいが、できるだけ短い時間で結果を出したいと思っている。それが事実だ。

 

レムコ、フレッシュ・ワロンヌの後、花粉症に悩まされていたそうですね。好天が続く日曜日、どう対処する?

雨、雪、寒さよりも、晴れでアレルギーに悩まされたい。花粉症は薬で備えることができる。

生まれたときから持っているので、今に始まったことではない。今年の春に薬を飲み忘れたとしか言いようがない。だから、水曜日に激しく反応したんだ。

でも、今はすべてコントロールできていて、鼻はまた開くし、咳も出なくなった。だから、良いニュースだけだ。

 

今年の春の話です。Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、大きなレースで勝っていない。それは余計なプレッシャーになりますか。レムコ? 

もちろん、まだクラシックに勝てていないので、難しい時期ではあるのですが。でも、ここ数週間はどんどん前に出てきている。

勝利は、どんどん近づいてくる。何も乗っていないわけではないんだ。日曜日もベストを尽くす。しかし、単純にいつも勝てるわけではない。でも、まだあと1回あるので、勇気を持っている!

 

果たしてQuick-Step Alpha Vinyl Teamは勝利を得ることが出来るのか。二人のうちのどちらがゴールを狙うのかも注目して見ておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました