ロードバイクの情報を発信しています!

生涯54勝をあげたダニエル・ベンナーティが39歳で引退する理由

海外情報
Photo Daniele Bennati instagram
この記事は約5分で読めます。

モビスターの超ベテランスプリンターであるダニエル・ベンナーティ39歳。

アレハンドロ・バルベルデと並んで、モビスターの最年長ライダーだったが、今シーズン限りで引退を決意した。

すでに、7月からレースを走っておらず残念な結末となってしまった。

ダニエル・ベンナーティが引退を決意した理由とは?

 

スポンサーリンク

ダニエル・ベンナーティ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

‘Caro Benna, devi scendere’. Questo mi ha detto la mia schiena qualche giorno fa. Ed io, che altrimenti da solo non l’avrei mai fatto, l’ho dovuta assecondare, nonostante abbia lottato come in uno sprint con l’Arco di Trionfo davanti, per sconfiggere il dolore, nell’estremo tentativo di recuperarla al 100%. Ma non posso prendermela con lei che mi ha sorretto per tutti i 18 anni di una carriera che per me ha i colori dell’arcobaleno, e come colonna sonora gli applausi di chi mi ha atteso lungo tutte le strade del mondo ore ed ore per vedermi passare soltanto per un secondo. Adesso sono io ad applaudire tutti quelli e sono tanti, troppi per nominarli tutti, che mi hanno aiutato a raggiungere importanti traguardi, a resistere al freddo delle montagne, al caldo del deserto, al vento, alla pioggia, alla neve, a vincere per 54 meravigliose volte. Adesso sono io che non attenderò neppure un secondo per trascorrere ore ed ore con chi mi ha regalato calore aspettandomi in punta di piedi. Adesso sono io a ringraziarvi e perché no, anche la mia inseparabile schiena che questa volta mi ha aiutato nell’impresa per me più difficile: scendere dalla bici. Sono sceso, ma da domani riparto per nuove avventure dove credo ci sarà sempre, sullo sfondo, quello splendido oggetto con due ruote a pedali che per me è la vita. A presto Benna❤ #liniziodiunanuovaera #staytuned #benna80

Daniele Bennati(@benna80)がシェアした投稿 –

ダニエル・ベンナーティは2001年にMapeiでプロとしてデビュー。それ以来数々の勝利を飾っている。

Acqua e SaponeとDomina Vacanzeでは、マリオ・チッポリーニにキャリアを学んだ。3大ツールでも活躍し全てのグランツールでスプリント勝利を飾っている。

最大の勝利は、2007年にシャンゼリゼでツール・ド・フランスの最終ステージ20を獲得したときだった。

ベンナーティは、ティンコフではアルベルト・コンタドール、モビスターではナイロ・キンタナの信頼できるロードキャプテンとして活躍。彼はイタリア代表チームでもキャプテンとして何度も走っている。

昨シーズンも、ツールとブエルタを走っておりチームを支える信頼できるリーダーだった。

 

ダニエル・ベンナーティは、4月に行われたVuelta a Castilla y Leon (2.1)でクラッシュしてしまい、鎖骨と胸椎が2か所骨折

だが、そのレースは12分45秒遅れで完走しているのだ

3か月後、Adriatica Ionica Race / Sulle Rotte della Serenissima (2.1)をスタートしたが、彼は初日でレースを去らなければならなかった。

持続的な痛みのために、走ることが出来ないのだ。彼の引退の理由は背中の痛みと腰痛だった。

ダニエル・ベンナーティは来シーズンもモビスターで走ってキャリアを終える予定だったが、彼の思いと反する形で辞めることになり残念な思いがあるだろう。

だが、彼は決して後悔はしていない。

ダニエル・ベンナーティは、「サイクリングは決してあきらめず、他人を尊重することを教えてくれた。」と語っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました