ロードバイクの情報を発信しています!

レシュレの雄牛アルノー・デリー 農家の子として

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

チームと農場が彼の生息地だ。

Lotto-Dstnyのアルノー・デリーは、国際シーンで最も興味深い新進気鋭のスプリンターのひとりであり、動物に対する限りない愛情を持っている。

今シーズン、アルノー・デリーは、ケベック・サイクリスト・グランプリ、フランコ・ベルジュ・サーキット、モルビアン・グランプリ、そして片足で優勝したファメンヌ・アルデンヌ・クラシックなどシーズン9勝をあげた。

落車での骨折がなければ、更に勝利数は伸びていたのは間違いない。

スポンサーリンク

農家の子を誇りに

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Arnaud De Lie(@de_lie_arnaud)がシェアした投稿

 

シーズンを終わっての感想は?

この2シーズンは本当に幸せだし、満足している。毎年良くなっているし、望んでいたように成長している。将来的には、ミラノ~サンレモやルーベ、フランドルのようなモニュメントを夢見ている。今年はクラシッシマに挑戦したけれど、100%ではなかったし、少し体調を崩していたんだ。

シーズン終了後は、家業であるルクセンブルクとの国境にあるベルギーの田園地帯の大農場を手伝ったり、友人たちと過ごしたりして充電する予定だ。

イヴ・ランパールトが昨年のツールでイエロージャージを初めて着て、信じられないという涙の合間に『僕はただの農家の息子だ』と言ったとき、僕は彼の言葉が素晴らしく美しいと思った。

自分がどこから来たのかを思い出すことは重要だ。彼の家族は野菜を栽培し、私の家族は動物を飼育している。

うちには400頭以上の牛がいるから、搾乳や厩舎の掃除など、やることはたくさんある。以前より時間は少なくなったが、人生のこの部分を諦めるつもりはない。

動物に囲まれていると楽しいし、気分がいい。ブリュッセル空港から1時間半のところに住んでいるのは、移動の多いプロスポーツ選手の生活にはあまり快適とはいえない。

私は牛たちの “ボス “なんだ。私たちは何頭かの “特別な “牛にシモンヌ、シドニ、そして小さなサビーヌという “ブリュヌ・デ・アルプ “と名前をつけたんだ。

一方、私のニックネームは、私がマウンテンバイクのレースをしていたときに、キッズ・トロフィーの主催者兼アナウンサーのジャック・ニナネが考案したものだ。

私はこのレシェレの雄牛というニックネームが好きで、だから勝利のジェスチャーとして牛の角の真似をしているんだ。

 

サイクリングを初めてたのは、父親の影響だと聞いてますが?

父はマウンテンバイクの練習をしていて、僕もそこから始めたんだ。最初のレースは緊張したけれど、3レース目で初勝利を挙げたんだ。

11歳でロードに転向し、テレビでツールを見ながら、いつかプロになると自分に言い聞かせていた。

2020年、夢は具体化し始めた。ベルギーのジュニアタイトルを獲得した後、クルト・ファン・デ・ウーワーから連絡があり、ロットのユースチームで走るように誘われた。

自分がどんなライダーになれるかはわからない。ワウト・ファンアールト、トム・ボーネン、ヨハン・ムセウという偉大なチャンピオンにインスパイアされているんだ。

3人のうち2人は世界チャンピオンになったし、3人目も遅かれ早かれそうなるだろう。私もそうなるように努力するつもりだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました