ロードバイクの情報を発信しています!

サガンがジロ・デ・イタリア第2ステージで驚きの山岳賞ジャージを獲得! 【追記】帰りは迷子に

海外情報
Photo by Vinicius Wiesehofer on Unsplash
この記事は約6分で読めます。

なんと、サガン(BORA – hansgrohe)がジロ第2ステージで山岳賞ジャージを獲得。

別に狙っていた訳ではないが、サガンが山岳賞を取るなんて初めてではないかな。第3ステージは山岳賞のマリアアッズーラの見慣れないジャージで登場する。

多分、もう見ることはないのでしっかり見ておこう。

 

スポンサーリンク

マリアアッズーラ獲得の理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The final climb of the stage was pretty hard, 3.7km and from the bottom to the top we went full gas. In hindsight, maybe I could have done something better. When I caught Ulissi and Honoré, maybe I should have sprinted immediately, but I was also on the limit because of the big effort I did to catch them. When they sprinted I gave my maximum but Diego was stronger and won with a margin of 4-5 bikes. It is what it is and I’m satisfied with my second place. It is strange for me to wear the mountain jersey. I got some points for the ciclamino jersey but tomorrow will be another hard stage, so we will have to see day by day. Záverečné stúpanie etapy bolo dosť tvrdé. Celých 3,7km zospodu až na vrchol sme šli na plný plyn. Keď sa na to pozerám s odstupom času, možno by som mohol urobiť niečo aj lepšie. Keď som si doskočil Ulissiho s Honorém možno som mal okamžite nastúpiť a začať špurtovať, ale bol som na svojom limite a to najmä kvôli veľkému úsiliu, ktoré som vyvinul, aby som ich vôbec dobehol. Keď sme špurtovali, dal som zo seba opäť maximum, ale Diego bol silnejší a vyhral s veľkým rozdielom 4-5 bicyklov. Už to tak je a som spokojný aj so svojím druhým miestom. Bude pre mňa zvláštne nosiť dres najlepšieho vrchára. Získal som však nejaké body aj do bojov o cyklamenový dres, ale zajtra bude ďalšia náročná etapa, takže postupne deň za dňom uvidíme čo sa bude diať. @giroditalia @borahansgrohe (Photos @bettiniphoto)

Peter Sagan(@petosagan)がシェアした投稿 –

 

サガンは第1ステージの個人タイムトライヤルの第1計測ポイントでリック・ザベル(Israel Start-Up Nation)に続いて2位。

第1ステージはスタートして1キロほどは登っていく。ここでサガンはダンシングして加速。TTスペシャリストよりも速いスピードで上がったのだから凄い。

3位もダヴィテ・バッレリーニ(Davide Ballerini)とスプリンターが3人並んだのも面白い。

サガンは第1ステージ2位で2ポイントの山岳ポイントを獲得。

続く、第2ステージでもゴールで2位となったことで2ポイントを追加。これで合計4ポイントで山岳賞獲得となった訳だ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Second place for Sagan in select group sprint as Peter shows his ambition on Giro d’Italia stage 2 …🥈💪 #giro #cycling #roadcycling #worldtour #procycling

BORA – hansgrohe(@borahansgrohe)がシェアした投稿 –

 

サガンは第2ステージの山岳賞獲得についてTwitterで、山岳賞獲得な奇妙な気分だと言っている。

 

また、サガンは第2ステージ後のインタビューで

ステージの最後の登りは3.7kmとかなり難しく、下から上へとフルガスで走った。

後から考えると、もっと良いことができたかもしれない。ウリッシとホノレを捕まえた時に、すぐに全力疾走するべきだったかもしれないが、捕まえるために多大な努力をしたため、限界に達していた。

彼らが全力疾走したとき、頑張ったが、ディエゴはより強く、4〜5台のバイクのマージンで勝った。それはそれで仕方がないことで、2位には満足している。

 

サガンは、ディエゴ・ウルッシがアタックをかけた時に、かなり後方から追走。ここまで登りを上がってきた状態で更にスプリントというのは厳しいものがあっただろう。

ディエゴ・ウルッシはヴァレリオ・コンチ(Valerio Conti)に引いて貰っていたし、UAEとしては最高の形となった。

サガンのマリアアッズーラジャージは今日までなのだろうから、しっかりとみておきたい。ただ、山岳賞ジャージ着ていて山岳で遅れていくのを見るのは変な感じだけど。

 

追記

サガンは第2ステージの帰りに、渋滞のためにチームバスとはぐれた。そのため地元の人に道案内して貰ったようだ。これで無事に帰れたようですね。ファンはとても貴重な体験をさせて貰ったみたい。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました