ロードバイクの情報を発信しています!

失われた3年間の理由を語る元Team SKYライダーの復帰

海外情報
Photo alexpeters_94 twitter
この記事は約3分で読めます。

元チームスカイのライダー、アレックス・ピーターズ(Alex Peters)は2015年8月1日タオ・ゲオゲガンハートと共に研修生としてチームスカイと契約。

この時アレックス・ピーターズは21歳。

2016年にはチームスカイと正式に契約となった。

全てが順調で世界が広がるはずだった。だが、彼はそれから失われた3年間を過ごすことになる。

彼が3年間走れなかった理由とはなんだったんだろうか?

 

スポンサーリンク

結果を求めるプレッシャー

Photo alexpeters_94 twitter

2015年ツアー・オブ・ノルマンディー総合2位をへて、2015年研修生としてチームスカイと契約。

ワールドツアーチームの正式な一員となったアレックス・ピーターズは2016年シーズン34レースを走った。

アレックス・ピーターズは、2016年シーズンの注目すべき新人10人の記事の中にも入っていたほど期待されていた。

英国チャンピオンシップでは12位。ジャパンカップでは6位と言う成績を収めている。

だが、アレックスは、ワールドツアーチームと明確なコミュニケーションをとることができなかったと感じていた。自分でも認めているが彼は少し神経質な面もある。

そして、心の中では即座にインパクトを与えるという不当なプレッシャーにさらされていたという。

2年契約でチームスカイにいた彼は2016年1月SEG Racing Academyに戻る発表をチームから行った。

ここからの苦しかった胸の内をインタビューで語っている。

Alex Peters returns to cycling with Canyon dhb p/b Soreen

進歩することが急務だと考え、不安な気持ちを自分で作り出してしまっていた。

自分自身を疑い、勝ちたい、勝たなければならないという感情から、自分に何が起こっているのか、何故自分が少し不規則に振舞っているのかを知る為に数人の精神科を訪れたという。

故障も重なり、トレーニングできなくなったアレックスは、完全に停止した。

基本的なことが出来なくなり、病院で数か月を過ごし、完全に現実との接触を失ってしまう。

しかし、サイクリングが奪われた時、自分に取って何が残るのか?

自分は何が全てなのか?

自分の情熱は何なのか? 

何をしたいのか?

アレックスの考えは完全に一周し、スボーツに再び焦点を合わせることになる。彼の復帰には家族の支えも大きかった。

私の家族は信じられないほど素晴らしかった。彼らからのサポートは素晴らしく、サイクリングへの復帰を完全に後押ししてくれた。
彼らはスポーツが私の回復の一部であると信じており、そのように考えて支えてくれた。

 

Canyon dhb p/b Soreenで3年ぶりに復帰

https://blog.wiggle.co.uk/former-team-sky-rider-alex-peters-reveals-mental-health-problems-he-joins-canyon-dhb-pb-soreen?utm_source=twitter&utm_medium=dhb+social&utm_content=canyon+dhb&utm_campaign=sponsorship

英国のコンチネタルチームCanyon dhb p/b Soreenのマネージャーであるティム・エルバーソンと会い、フリートのチーム本社で5時間の会話をした後、プロの自転車レースに戻る時がきたと判断した。

ティム・エルバーソンはとても熱心で、彼をチームに向かえてくれた。

3年間乗っていなかったアレックス・ピーターズは、持久力が大きく落ちており取り戻すのに時間がかかると言っているが、まだ25歳だからこれからだ。

Canyon dhb p/b Soreenは、英国最大のコンチネンタルチームで、Canyonとdndがスポンサーとなっており昨年は5勝をあげた。

アレックス・ピーターズは、メンタルヘルスに気を付けながら楽しんで走ることを目指している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました