ロードバイクの情報を発信しています!

2019世界選手権スペイン代表決定 アレハンドロ・バルデルデが連覇を狙う

海外情報
Photo VALVERDE Alejandro twitter
この記事は約3分で読めます。

ブエルタ・ア・エスパーニャを2位で終えたことで、アレハンドロ・バルデルデは世界選手権に向けてモチベーションが上がったという。

ツール・ド・フランスを総合9位で走り、ブエルタも走ったバルベルデ。

今年は、すでに78レースを走り、レース距離だけでも1万2000キロを超えている。38歳のバルベルデはまさに鉄人と言っても良いだろう。

バルベルデが率いるスペインのメンバーを見てみよう。

 

スポンサーリンク

スペイン代表メンバー

https://rfec.com/index.php/es/smartweb/seccion/noticia/rfec/carretera/40051-Convocatoria-final-de-la-Seleccion-Espanola-para-el-Mundial-de-Yorkshire-2019

 

発表されたメンバーは9人となっている。

Spain
スタートリスト
  • アレハンドロ・バルデルデ(Movistar Team)
  • イマノル・エルビティ(Movistar Team)
  • ホセホアキン・ロハス(Movistar Team)
  • マルク・ソレル(Movistar Team)
  • ヨン・イサギレ(Astana Pro Team)
  • イバン・ガルシア(Bahrain Merida)
  • ゴルカ・イサギレ(Astana Pro Team)
  • ルイス・レオン・サンチェス(Astana Pro Team)
  • ジョナタン・カストロピエトロ(Team INEOS)

 

なんだか、モビスターとアスタナの混合チームみたい。

昨年、バルベルデが世界チャンピオンになっているので、メンバーは一人プラスされている。

バルベルデを固めるメンバーには、イサギレ兄弟、ブエルタでも活躍したマイク・ソレル。ルイス・レオンサンチェスなど豪華なメンバーが揃っている。

イバン・ガルシアだけが、初めてアレハンドロ・バルデルデと一緒にチームに乗ることになる。

 

アレハンドロ・バルデルデは、

「ブエルタで2位になったのは間違いなく私をやる気にさせてくれる。55位で終えるよりもずっといい。

ブエルタの終わりから十分な時間を取り、力を取り戻すために休息を取り、集中していきます」

そして、バルベルデはレースで調子が悪ければ、さっさとチームメイトにエースの座を引き渡すと言っている。

ここらへんは、あっさりしてますね。ツールでも、なんの躊躇もなくチームメイトのアシストに徹してましたし、ブロフッショナルですな。

バルベルデがライバルとして挙げるのは、

  • グレッグ・ファン・アーベルマート
  • ペーター・サガン
  • ジュリアン・アラフィリップ

彼らを最も危険なライバルとして選んでいる。マチュー・ファンデルプールは眼中にないのかな?

強力なメンバーを揃えたスペインチーム。最後までバルベルデを先頭に送り込めるか、どうかにかかってますね。

少人数のスプリントになれば、バルベルデにも勝機が巡ってくるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました