ロードバイクの情報を発信しています!

AG2R La Mondialeのライダーからコロナ陽性反応 ストラーデ・ビアンケをキャンセル

海外情報
Photo by engin akyurt on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

8月1日に開催されるストラーデ・ビアンケをAG2R La Mondialeのシルヴァン・ディリエ(Silvan Dillier)はパスしなければならない。

ついに、ワールドツアーチームでもコロナの陽性反応者が出たことになる。これはようやく再開されるレースに暗い影を落としていくことになるのだろうか?

 

スポンサーリンク

2回の陽性反応

photo Silvan Dillier instagram

UCI公認レースに出るにはレース6日前と3日前にコロナのテストを行う。

シルヴァン・ディリエはイタリアに旅行する前のテストで2回とも陽性反応。物凄く気を付けていても感染してしまうのだから、どこで移るのかわからない。

「本当にひどい気分だ」と29歳のシルヴァン・ディリエは語った。

彼はなぜセミクラシックに出場できないのか理解できないでいる。

私は地球上で最も健康な人です。私は過去数日間により多くのテストを行っており、それらはすべて陰性だった。

血液検査を行ったとしても、すべての値は良好だった。したがって、研究所は最初の2つの陽性テストも詳しく調べる。彼らは明確な結果を与えなかっただろう。

 

photo Silvan Dillier instagram

彼の場合には、まったく症状が出ていない。なので、彼は陽性のテストを疑っているほどだ。

だが、症状のない人が一番あぶない。感染を広げてしまってはどうにもならないからだ。

シルヴァン・ディリエは10日間の隔離となるが、次のツール・ド・ボローニャにも出場出来ないだろう。

シルヴァン・ディリエは2017ジロでステージ優勝しており、2018パリ~ルーベで2位に入っている実力者。だが、いつ復帰出来るのかはわからない状態だ。

無症状で隔離されるのは、辛いものがあるだろうが仕方ない。チームのメンバーも陰性ということだが、いつ誰が発症してもおかしくないだろう。

願わくは、レースを走っていない状態で見つかって欲しい。レース出場者が発症したら全ては終わってしまうのだから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました