ロードバイクの情報を発信しています!

アダム・イエーツは噂通り移籍 兄弟はついに別々の道に

海外情報
Photo by Franck V. on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

噂されていた通り、アダム・イエーツはミッチェルトン・スコットからイネオスに移籍となった。

兄のサイモン・イエーツがミッチェルトン・スコットと契約延長を結んだ時から、すでに兄弟は違う道を選んでいたことになる。

これまでは、兄弟同時に契約発表というのが常だったのだから。

 

 

スポンサーリンク

2年契約

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The INEOS Grenadiers are excited to announce the signing of @adamyates7 on a two-year deal. Welcome Adam!

Team INEOS(@teamineos)がシェアした投稿 –

 

7年間チームに在籍したが、ついに違うチームに移籍する。アダム・イエーツの移籍発表はサイモン・イエーツの発表から48時間以内に行われた。

アダム・イエーツは今年ツール・ド・フランスに出場することになっている。来年からはサイモン・イエーツがエースとして走ることになるはずだ。

そうすると、来シーズン、ツールにアダム・イエーツが出場した場合には、山岳で争うことになる。兄弟対決となるが、まあ出場してもアダム・イエーツは山岳アシストとして出るでしょうけど。

 

アダム・イエーツのポジションはどうなる?

グランツアーのリーダーの立場はない。数日のステージでのリーダーというのが与えられる最大の役割だろう。

2014年スカイに移籍という話があった時は、

スカイに行くと、奴隷のようにフロントで作業することになり、私はその大ファンではありません。

と発言していた。

現在のチーム事情を考えるとそうも言ってはいられなくなったということか。

今回の移籍では、ドメスティックの役割をすることも視野にいれているだろう。だが、28歳という年齢を考えるとこれから彼の最盛期を迎えることになる。

成績次第では、リーダーの道も開けるはずだ。何故なら、過去の実績など全く通用しない、実力だけでメンバーを選ぶチームなのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました