ロードバイクの情報を発信しています!

より良いワークアウトのために避けるべき5つの間違い

トレーニング
Photo by Boxed Water Is Better on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

フェリシア・ロメロは、フィットネスモデルでバキバきの身体をしている。

フィギュア・インターナショナルで3回のトップ5入賞と5回のプロ・フィギュア・タイトルを獲得した輝かしい選手。

その成功をもとに、パーソナルトレーニングビジネスやモチベーションを高める講演活動を通じて、より多くのファンを獲得している。

彼女はまた、ジムでの年月の中で、良いもの、悪いもの、その他多くのトレーニングを見てきた。

より強く、より細い、より明確な体格を追い求める女性のための5つの間違い、そして重要な教訓を共有している。

 

スポンサーリンク

1. 自分の筋力や持久力を過大評価する

 

ロメロによると、男性によく見られるミスだが、女性も陥る可能性があるそうだ。

「重い重量で始めたり、トレーニングの回数が多すぎたりすると、ケガの原因になります」と彼女は言う。

初心者は、最初の数回のトレーニングで、熱心になりすぎて、焦って重量を増やしてしまう傾向があると。

 

筋力と持久力をつけるには時間がかかります。2〜4キロの重さで数回行うことから始めなければならないのであれば、それでもかまいません。

その程度の運動に慣れてきたら、より重いウェイトとより多くのレップ数をこなすようにすればいいのです。

自分のためにやっているのですから、ジムで他の人がどう思うかなんて気にしないでください。

 

2. ワークアウト中の飲み物は喉が渇くまで待つ

 

ちょっと待って。トレーニング中は水分を補給するほうがいいんじゃないの?

答えはイエスだ。でも、体が渇きのシグナルを出す前に飲むのがコツとなる。

その時点で、あなたはすでに脱水状態になっている。トレーニングの前、中、後に水分を摂ることを義務づけ、常に体の信号の一歩先を行くようにしよう。

 

3. だらしない

 

スポーツジムでは、残念ながら悪い運動フォームが蔓延している。

速すぎたり重すぎたりして悪いフォームや運動量で行うよりも、低いレベルやスピード、重量を選んで正しく運動を行う方がはるかに効果的です。

良い姿勢を保てる程度に強度を下げてください。悪いフォームの例としては、階段の手すりに寄りかかったり、上腕二頭筋カールの際に肘を前後に動かしてダンベルを振ったりすることです。

 

4. 休ませすぎ

 

確かにやりすぎはよくないけど、エクササイズとエクササイズの間に時間をかけすぎると、トレーニングの効果が薄れたり、ケガをしやすくなったりする。

 

エクササイズとエクササイズの間は30秒程度にしましょう。これは通常、次のステーションに移動してセットアップするのに十分な時間です。

軽く汗をかき、心臓が鼓動し、ワークアウトを完了した満足感を感じられる程度に激しく運動する必要があります。

 

5. ウェイトリフティングの前に有酸素運動をする

Image by David Mark from Pixabay

 

これは女性に多い間違いだけど、男女ともにダイエットをするときに有酸素運動に傾きやすいものだ。

 

脂肪を減らすための戦略として、有酸素運動は運動前ではなく、運動後に行うべきです。

リフティングは筋肉への刺激の強度を高めるためのもので、有酸素運動で疲れていてはできません。

筋肉が疲労していても、心拍数を上げ、カロリーを大量に消費することができるのです。

一言でいえば、リフティングはパフォーマンスベースであり、コンディショニングは努力ベースです。

 

有酸素運動はウエートトレーニングの後に行うと、脂肪減少にはより効果がある。筋肉をつけると、脂肪を燃焼するので、その後に有酸素運動を行うのが相乗効果があって良いとされている。

 

ヨガマット 6㎜ TPE素材 トレーニングマット 軽量 滑り止め加工 水拭き可能 耐久性 肌に優しい フィットネス 筋トレ ストレッチ スポーツマット エクササイズ 61cm×183cm
ZIORISE
✅【TPE素材】主流のTPE素材を使用しており、異臭はほとんどありません。健康的な生活のために、環境にやさしく、肌にやさしく、リサイクル可能なTPE素材を使用しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました