ロードバイクの情報を発信しています!

ブエルタ・ア・サンファンでの大落車 レムコが~

海外情報
Photo YallaIsraelSUN twitter
この記事は約4分で読めます。

アルゼンチンの西部、サンフアン州を舞台に行われる1週間のステージレース。

こちらもシーズン開幕を告げるレースとして、実に豪華なメンバーが揃っている。

 Deceuninck – Quick Stepからは、ジュリアン・アラフィリップにレムコ・エヴェネプール、ゼネク・スティバル。チームのエーススプリンターはアルバルセロ・ホッジだ。彼はケガからの復帰第1戦となる。

 

スプリンターとしては、BORAからサガン。UAEからフェルナンド・ガビリア。この開幕ステージでなんと大落車が発生してしまった。

 

スポンサーリンク

第1ステージ サンファン~サンファン 163.5㎞

第1ステージ

163.5kmのコースの中には、3つの3級山岳があるが、どれも長くてキツイ勾配ではないので、最後はスプリント勝負となる。

これまで、開幕ステージではフェルナンド・ガビリアが連勝を続けていたが今年はそうはいかなかったようだ。

レースは、3級山岳を越えて大集団のまま最後のスプリントへと進んでいく。各チームが隊列を組んで主導権争いをしていたゴール手前3キロ地点。

 

コフィディスの選手を発端に大規模クラッシュとなってしまった。やや後ろで走っていた選手はかなりの人数が巻き込まれてしまう。

 

http://www.stickybottle.com/latest-news/video-huge-crash-at-end-of-vuelta-a-san-juan-stage-1-in-argentina/

まだ、ケガの情報は入っていないが、救急車で搬送されたというニュースはないので重症者はいないようだ。

リザルトを見ても一人OLTで後は、全員ゴールしている。

シーズン開幕の第一戦から病院送りは嫌ですよねえ~。

 

追記

Photo deceuninck_qst twitter

なんと、 Deceuninck – Quick Stepのレコム・イヴェネプールが巻き込まれていたようで、1分以上のタイムロス。開幕レースからついていない!

これで、チームはジュリアン・アラフィリップのGC狙いと、引き続きアルバルセロ・ホッジのスプリント勝負を狙っていくようになりそうです。

レムコは、これでアシストとなりそう。それか、タイム差が少しあるので一発狙うか?

20歳の誕生日を迎えたばかりなのに試練がきてしまいましたね。

 

こちらはゴール前。

Deceuninck – Quick StepやBORAが見事にトレインを組んでゴールに進んでましたが、コース幅が広かったのとゴールまでの距離が遠かったですね。

フェルナンド・ガビリアも連勝ならず。サガンも右側からいってましたがゴールまでが遠かった。

優勝はルディ・バルビエ。フランス人で26歳の彼はこれまで通算5勝をあげている。

Israel Start-Up Nationとしては、ワールドツアーチームに昇格して、初の1勝となった。

 

Photo YallaIsraelSUN twitter

続く、第2ステージも平坦コースでスプリンターのためのコース。どこのチームも早くスプリンターに1勝して欲しいところですね。

 

こちらはフル動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました