ロードバイクの情報を発信しています!

2024 アラウルツアー第4ステージ ゴールで恥ずかしい思いをしたのは?

海外情報
Photo credit: jlevinger on Visualhunt.com
この記事は約15分で読めます。

第3ステージでは、まさかのリーダー交代。風による攻撃も凄かったけれど、ソーレン・ヴァーレンショルトも重要な場面でパンクとはついていない。

残り距離がもう少しあれば、追いつく気力もあったでしょうけど、砂漠の中に一人で取り残されてはどうしようもない。

さて、ここまで日本人選手3人の逃げが見れているけれど、第4ステージでは誰が逃げてくれるでしょうね。

 

スポンサーリンク

第4ステージ   ヘグラ~マラヤ 142.2km

コースプロフィール Image credit: thesauditour

 

第4ステージも砂漠行脚。獲得標高は1,023m。昨日のように風が強くなると攻撃があるので、気は抜けないですね。

 

  1. スプリントポイント sprint1
  2. スプリントポイント sprint2
  3. ボーナススプリント

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

リーダージャージは、Team dsm-firmenich PostNLのキャスパー・ヴァン・ユーデン。

 

ニュートラルスタートに。

 

スプリントポイント sprint1

獲得順位は

  1. ウォーレ・ヴァンゲルーエ Soudal – Quick Step 3ポイント
  2. 岡 篤志 JCL Team UKYO 2ポイント
  3. カーター・ベトルズ(Roojai Insurance) 1ポイント

 

3人の逃げ

当初の5人の逃げは消滅し、再び逃げに入ったのはEuskaltel – Euskadiのイケル・ボニーヨのみ。

  1. イケル・ボニーヨ Euskaltel – Euskadi
  2. アンドレアス・ミルティアディス(Terengganu Cycling Team)
  3. Tegsh-bayar Batsaikhan(Roojai Insurance)

 

Soudal – Quick Stepのティム・メルリエはポイント賞ジャージ着用。昨日に続いて勝利できるか。

 

残り54.3kmで2分41秒差。今日は集団はのんびりしている。風もなさそうだ。

 

スプリントポイント sprint2

完全な直線でのスプリント。とにかく道が真っすぐ。

  1. イケル・ボニーヨ Euskaltel – Euskadi 3ポイント
  2. Tegsh-bayar Batsaikhan(Roojai Insurance) 2ポイント
  3. アンドレアス・ミルティアディス(Terengganu Cycling Team) 1ポイント

 

先頭3人としては、次のスプリントポイントまで逃げれれば今日の目標達成だ。あとは、誰が敢闘賞ジャージをゲットするかだろう。

 

ボーナススプリント

ポイント獲得順位は

  1. イケル・ボニーヨ Euskaltel – Euskadi 3ポイント・3秒
  2. Tegsh-bayar Batsaikhan(Roojai Insurance) 2ポイント・2秒
  3. アンドレアス・ミルティアディス(Terengganu Cycling Team) 1ポイント・1秒

 

ポイントを過ぎて二人は集団に吸収される。

 

単独で一人で逃げ続ける。

  1. アンドレアス・ミルティアディス(Terengganu Cycling Team)

 

残り14.2kmで26秒差。アンドレアス・ミルティアディスは、キプロスのロードとTTのチャンピオンを13度獲得している。現在27歳だ。

 

残り8.4kmで24秒差。すでにスプリントの位置取り争いとなっている。

 

大きな落車が。

 

アンドレアス・ミルティアディスは、捕まってしまう。

 

UAE Team Emiratesのイヴォ・オリヴェイラや、フアン・モラノなど巻き込まれている。

 

Astana Qazaqstan Teamのヘノック・ムルラン、Soudal – Quick Stepのウォーレ・ヴァンゲルーエも落車している。

 

残り3.1km。Team dsm-firmenich PostNLが集団けん引。

 

残り2.2km。まだ、Team dsm-firmenich PostNLが引いている。

 

キャスパー・ヴァン・ユーデンは4番手。

 

Team dsm-firmenich PostNLのアシストが一人ずつ外れていく。

 

キャスパー・ヴァン・ユーデンの後ろは、Cofidisのブライアン・コカールとSoudal – Quick Stepのティム・メルリエが争っている。

 

ティム・メルリエが早くもスプリント開始だ!

 

ティム・メルリエを、ブライアン・コカール、キャスパー・ヴァン・ユーデンが追う。

 

ティム・メルリエが先頭で上がってくる。まだ200mちかくある。

 

後ろからブライアン・コカールが追い込んでくる。

 

ブライアン・コカールが抜くか。

 

二人の争いだ。

 

二人がハンドルを投げた!

 

勝ったのはどっちだ?

 

ブライアン・コカールが勝ったのか?

 

ブライアン・コカールが勝利を確信して手を挙げているぞ。

 

いや~。勝ったのはティム・メルリエだ!

これでティム・メルリエが連勝。総合でもトップに立つ走りを披露した。それにしても、上っているゴールで、これだけのロングスプリントをぶちかますとは~。

ブライアン・コカールは勘違いで、ちょっと恥ずかしい。自分では勝ったと思ったんでしょうね。

 

リザルト

ティム・メルリエのコメント

今日はタフな練習だった。でもスプリントには自信があった。長い努力だったことは分かっているけど、ラインまで400メートルのところで風に吹かれたから、そうするしかなかったんだ。ブライアンがキャスパー・ヴァン・ユーデンのハンドルを奪うために私を抜かせてくれた。

これは勝つための最高のチャンスだった。挑戦しなければ、間違いなく成功はない。ブライアンはゴール直後も彼が勝ったと思ったが、私はそう確信が持てなかった。

今日のレースを振り返っての感想は?

この1週間で最悪だった。前の日より風が弱かったからだ。幸い、チーム内では転倒が1回あっただけで、無傷で乗り切ることができた。明日はウィリアム・ジュニア・ルカーフが自分の力を発揮する。彼には大きな自信を持っている。

第4ステージ リザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 14
10″
3:11:43
2
 COQUARD Bryan
Cofidis 5
6″
,,
3
 VAN UDEN Casper
Team dsm-firmenich PostNL 3
4″
,,
4
 PLUIMERS Rick
Tudor Pro Cycling Team     ,,
5
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     ,,
6
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
7
 CIMOLAI Davide
Movistar Team     0:03
8
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Mobility     ,,
9
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     ,,
10
 JEANNIÈRE Emilien
TotalEnergies     ,,
11
 SOBRERO Matteo
BORA – hansgrohe     ,,
12
 MALUCELLI Matteo
JCL Team UKYO     ,,
13
 CANAL Carlos
Movistar Team     ,,
14
 DENZ Nico
BORA – hansgrohe     ,,
15
 KUDUS Merhawi
Terengganu Cycling Team     ,,
16
 LÓPEZ DE ABETXUKO Andoni
Euskaltel – Euskadi     ,,
17
 KOCH Jonas
BORA – hansgrohe     ,,
18
 LECERF William Junior
Soudal – Quick Step     ,,
19
 ROMEO Iván
Movistar Team     ,,
20
 BRAMBILLA Gianluca
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
21
 REINDERS Elmar
Team Jayco AlUla     ,,
22
 FORMOLO Davide
Movistar Team     ,,
23
 MILESI Lorenzo
Movistar Team     ,,
24
 YATES Simon
Team Jayco AlUla     ,,
25
 LUDVIGSSON Tobias
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
26
 LASTRA Jonathan
Cofidis     ,,
27
 MATÉ Luis Ángel
Euskaltel – Euskadi     ,,
28
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates     ,,
29
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious     0:12
30
 CHRISTEN Fabio
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 2 ▲1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 3
24″
15:12:12
2 1 ▼1
 VAN UDEN Casper
Team dsm-firmenich PostNL  
18″
0:04
3 5 ▲2
 COQUARD Bryan
Cofidis  
8″
0:14
4 3 ▼1
 SOBRERO Matteo
BORA – hansgrohe  
6″
0:21
5 6 ▲1
 PLUIMERS Rick
Tudor Pro Cycling Team     0:22
6 21 ▲15
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla     0:24
7 8 ▲1
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates  
1″
0:26
8 9 ▲1
 KUDUS Merhawi
Terengganu Cycling Team     0:27
9 10 ▲1
 BRAMBILLA Gianluca
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
10 11 ▲1
 FORMOLO Davide
Movistar Team     ,,
11 13 ▲2
 KOCH Jonas
BORA – hansgrohe     ,,
12 16 ▲4
 LECERF William Junior
Soudal – Quick Step     ,,
13 15 ▲2
 ROMEO Iván
Movistar Team     ,,
14 17 ▲3
 LASTRA Jonathan
Cofidis     ,,
15 19 ▲4
 YATES Simon
Team Jayco AlUla     ,,
16 20 ▲4
 MATÉ Luis Ángel
Euskaltel – Euskadi     ,,
17 22 ▲5
 REINDERS Elmar
Team Jayco AlUla     ,,
18 7 ▼11
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious  
2″
0:34
19 23 ▲4
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     0:36
20 24 ▲4
 LUDVIGSSON Tobias
Q36.5 Pro Cycling Team     ,,
21 25 ▲4
 DENZ Nico
BORA – hansgrohe     ,,
22 14 ▼8
 VAN GESTEL Dries
TotalEnergies     0:39
23 4 ▼19
 EEKHOFF Nils
Team dsm-firmenich PostNL  
4″
,,
24 27 ▲3
 LÓPEZ DE ABETXUKO Andoni
Euskaltel – Euskadi     0:46
25 37 ▲12
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team     1:19
26 40 ▲14
 CIMOLAI Davide
Movistar Team     1:22
27 34 ▲7
 DVERSNES Fredrik
Uno-X Mobility  
1″
1:30
28 50 ▲22
 MALUCELLI Matteo
JCL Team UKYO     1:31
29 33 ▲4
 JOHANNESSEN Anders Halland
Uno-X Mobility  
2″
1:32
30 36 ▲6
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi     1:34

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 39
2 1 ▼1
 VAN UDEN Casper
Team dsm-firmenich PostNL 39
3 3
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Mobility 25
4 8 ▲4
 COQUARD Bryan
Cofidis 22
5 4 ▼1
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team 17
6 11 ▲5
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla 13
7 13 ▲6
 PLUIMERS Rick
Tudor Pro Cycling Team 11
8 7 ▼1
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious 11
9 9
 EEKHOFF Nils
Team dsm-firmenich PostNL 9
10 10
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 9

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 VAN UDEN Casper
Team dsm-firmenich PostNL 15:12:16
2 2
 PLUIMERS Rick
Tudor Pro Cycling Team 0:18
3 4 ▲1
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 0:22
4 6 ▲2
 LECERF William Junior
Soudal – Quick Step 0:23
5 5
 ROMEO Iván
Movistar Team ,,
6 3 ▼3
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious 0:30
7 8 ▲1
 LÓPEZ DE ABETXUKO Andoni
Euskaltel – Euskadi 0:42
8 12 ▲4
 JOHANNESSEN Anders Halland
Uno-X Mobility 1:28
9 13 ▲4
 PESENTI Thomas
JCL Team UKYO 1:30
10 15 ▲5
 AZPARREN Enekoitz
Euskaltel – Euskadi ,,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました