ロードバイクの情報を発信しています!

2023ブエルタ・ア・サンファン第5ステージ クイーンステージで総合優勝の行方は?

海外情報
Photo credit: Horande Studios on VisualHunt.com
この記事は約17分で読めます。

ブエルタ・ア・サンファンは休息日を挟んで、ついにクイーンステージへ。

総合優勝は、このステージで決まるといってよい。最後の登りゴールで誰がトップで駆け上がるだろうか?

 

スポンサーリンク

第5ステージ チンバス~アルト・デル・コロラド 173.7km

コースマップ photo vueltaasanjuan

 

173.7kmの決勝は、アルト・デル・コロラドとなる。ステージの後半は全て登りだ。

注目の世界チャンピオン、レムコ・エヴェネプールだけど、2019年はステージ優勝したウイナー・アナコナから1分30秒遅れの24位。

2020年には、ステージ優勝したミゲル・フロレスから4秒遅れの5位でゴール。総合優勝を飾っている。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャでも、山岳で強さを見せつけており、シーズンの速い段階で2,600mを越える山岳でどんな走りを披露するだろうか?

 

  1. スプリントポイント Plaza de Chimbas
  2. 3級山岳 Alto de Villcum  13.4km・2.7%
  3. スプリントポイント Talascato
  4. 2級山岳  Banos de Talascato   5.3km・3.8%
  5. 2級山岳 Alto de la Crucecita   18.1km・2.5%
  6. 1級山岳 アルト・デル・コラド 18.8km・4.4%

 

7人の逃げ

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

7人が逃げている。

  1. Emiliano Contreras(Chimbas Te Quiero)
  2. Leandro Carlos Messineo(Chimbas Te Quiero)
  3. Christofer Jurado (Panamá es Cultura y Valores)
  4. Alejandro Quilci(Gremios por el Deporte-Cutral Co)
  5. Laureano Rosas (Gremios por el Deporte-Cutral Co)
  6. マヌエーレ・タロッチ (Green Project-Bardiani CSF-Faizanè)
  7. German Nicolás Tivani (Team Corratec) 

 

残り139.2kmで、約4分のリードを逃げ集団が奪う。

 

スプリントポイント Plaza de Chimbas

1回目のスプリントポイント通過。

  1. German Nicolás Tivani (Team Corratec)  3ポイント・3秒
  2. Emiliano Contreras(Chimbas Te Quiero) 2ポイント・2秒
  3. Laureano Rosas (Gremios por el Deporte-Cutral Co) 1ポイント・1秒

 

残り115kmでタイム差は約4分に。INEOS Grenadiersが先頭付近を固めている。

 

最初の3級山岳を越えて、逃げは時速70kmでビリクム峠を下っている。ギャップは4分19秒。

 

スプリントポイント Talascato

2回目のスプリントポイント。

  1. Emiliano Contreras(Chimbas Te Quiero) 3ポイント
  2. German Nicolás Tivani (Team Corratec)  2ポイント
  3. Laureano Rosas (Gremios por el Deporte-Cutral Co) 1ポイント

 

逃げ集団のマヌエーレ・タロッチは山岳賞ジャージを着ている。ただ、今日でジャージともお別れとなりそうだけど。

 

2級山岳  Banos de Talascato   5.3km・3.8%

マヌエーレ・タロッチは、1位通過出来ず。

  1. Christofer Jurado (Panamá es Cultura y Valores) 3ポイント
  2. マヌエーレ・タロッチ (Green Project-Bardiani CSF-Faizanè) 2ポイント
  3. Emiliano Contreras(Chimbas Te Quiero) 1ポイント

 

INEOS Grenadiersが引いて、逃げとのタイム差を1分30秒に縮める。

 

注目のレムコ・エヴェネプールはステージ優勝が出来るだろうか。

 

2級山岳 Alto de la Crucecita   18.1km・2.5%

マヌエーレ・タロッチがトップ通過。

  1. マヌエーレ・タロッチ (Green Project-Bardiani CSF-Faizanè) 6ポイント
  2. Christofer Jurado (Panamá es Cultura y Valores) 4ポイント
  3. Emiliano Contreras(Chimbas Te Quiero) 2ポイント
  4. Laureano Rosas (Gremios por el Deporte-Cutral Co) 1ポイント 

 

マヌエーレ・タロッチは単独で逃げている。

 

残り29kmで先頭のマヌエーレ・タロッチとは1分のタイム差。

 

残り22.5kmだが、集団はまだ大きい。

 

1級山岳 アルト・デル・コラド 18.8km・4.4%

残り15kmでマヌエーレ・タロッチが単独。Leandro Carlos Messineo(Chimbas Te Quiero)が30秒遅れて続いている。

 

先頭は二人となった。

  1. マヌエーレ・タロッチ Green Project-Bardiani CSF-Faizanè
  2. Leandro Carlos Messineo(Chimbas Te Quiero)

 

ミゲルアンヘル・ロペスのためにTeam Medellin – EPMが先頭を引く。

 

残り11kmでは、ミゲルアンヘル・ロペスの後ろに、レムコ・エヴェネプールが位置している。

 

残り9.8kmでタイム差は1分11秒。集団は34km/hで追っており、そろそろ追いつくころか。ここで、レムコ・エヴェネプールがアタック!

 

 

レムコ・エヴェネプールは単独で走るが誰も反応しない。

 

INEOS Grenadiersが先頭で追っている。

 

レムコ・エヴェネプールは後ろをみて逃げるのを止めた。

 

ここでミゲルアンヘル・ロペスがアタック!

 

なんと、残り6.9kmでミゲルアンヘル・ロペスがアタックをかけるとレムコ・エヴェネプールが、今度は遅れてしまった!

 

集団から飛び出したメンバーが先頭二人を捕まえた。追いついたメンバーは

  1. ミゲルアンヘル・ロペス Team Medellin – EPM
  2. エガン・ベルナル INEOS Grenadiers
  3. フィリッポ・ガンナ INEOS Grenadiers
  4. セルジオ・イギータ BORA-hansgrohe
  5. エイネルアウグスト・ルビオ Movistar Team

 

さあ、ここでミゲルアンヘル・ロペスがアタック!

 

すぐに、セルジオ・イギータが反応。

 

さらに、後ろはフィリッポ・ガンナとエガン・ベルナル!

 

二人は大きくリードを奪う。

 

後続をミゲルアンヘル・ロペスは引き離す。

 

 

まだ、後ろは見えているが。

 

なんと、ここでミゲルアンヘル・ロペスがアタック!

 

セルジオ・イギータをちぎった。

 

セルジオ・イギータは、力尽きて後続に捕まった。

 

ベルナルがフィリッポ・ガンナを引いている。これは~。

 

後続から抜け出したのは、エガン・ベルナルのアシストを受けたガンナだ。

 

ミゲルアンヘル・ロペスは、後続を14秒引き離している。

 

フィリッポ・ガンナは、単独でロペスを追う。

 

フィリッポ・ガンナは、内側からハンドルを握って登りのTTポジションにして走っている。

 

ミゲルアンヘル・ロペスが、少しずつフィリッポ・ガンナを引き離す。

 

残り500mで後ろを確認するロペス。

 

ミゲルアンヘル・ロペスがゴールに単独で現れる。

 

ミゲルアンヘル・ロペスが、見事な独走でクイーンステージを制した。これは、大きなアピールになるが、果たしてワールドツアーへの復帰の道は開かれるのだろうか?

 

フィリッポ・ガンナは、単独の2位。この勾配ならば対応可能ということを見せてくれた。

 

注目は、エガン・ベルナルだ。最後は、セルジオ・イギータのスパートに遅れたが見事復活の4位と言っても良い。2022年シーズンは、アシストに徹して集団を引く姿が多かったけど、これで山岳でも走れる所を見せてくれた。

 

レムコ・エヴェネプールは、1分9秒遅れの7位。目標はジロであり、まだ調整段階ということだろう。これで、総合優勝はミゲルアンヘル・ロペスが大きく前進してたぐり寄せた。

ただ、フィリッポ・ガンナとの差は7秒だ。ボーナスタイムで逆転も可能だけど、スプリンターステージでは逆転は難しいか。ゴールレイアウトによっては、第4ステージのように最後にフィリッポ・ガンナがスプリントというのもない訳ではない。

 

スポンサーリンク

リザルト

ミゲルアンヘル・ロペスのコメント

何度もアタックし、勝利をたぐり寄せましたね。

チームメイトに感謝しなければならない。今日はうまく連携できた。今日も危険な一日だったかもしれないが、とても注意深く走った。これは、ファンやスポンサーの勝利でもある。また、妻と子供たちにも感謝しなければならない。

最後は、独走でしたがコンデションは最高でしたか?

まだ足は出来あがっていなかった。しかし、レースをハードにするためにチームに前に乗せて貰った。幸いなことに、体調もどんどん良くなっていった。

 

第5ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 LÓPEZ Miguel Ángel
Team Medellin – EPM 20
10″
4:07:10
2
 GANNA Filippo
INEOS Grenadiers 15
6″
0:30
3
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 10
4″
0:38
4
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers 5   0:40
5
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team 3   ,,
6
 RIVERA Brandon Smith
INEOS Grenadiers     0:51
7
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step     1:09
8
 PAREDES César Nicolás
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan     ,,
9
 VERMAERKE Kevin
Team DSM     1:11
10
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo     1:31
11
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech     ,,
12
 LAZKANO Oier
Movistar Team     1:41
13
 MESSINEO Leandro Carlos
Chimbas Te Quiero     1:46
14
 SANTAROMITA Alessandro
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     1:50
15
 TIVANI German Nicolás
Team Corratec     1:51
16
 DOTTI Juan Pablo
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan     2:02
17
 CRAS Steff
TotalEnergies     ,,
18
 ROJAS Vicente
Chile     ,,
19
 LIPOWITZ Florian
BORA – hansgrohe     ,,
20
 GONZÁLEZ Abner
Movistar Team     ,,
21
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     2:06
22
 FRIGO Marco
Israel – Premier Tech     2:08
23
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers     2:15
24
 KOCH Jonas
BORA – hansgrohe     2:16
25
 LAMPAERT Yves
Soudal – Quick Step     2:20
26
 SEVILLA Óscar
Team Medellin – EPM     ,,
27
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè     2:30
28
 HIRT Jan
Soudal – Quick Step     2:39
29
 SÁNCHEZ Brayan
Team Medellin – EPM     2:45
30
 LÓPEZ Harold Martín
Astana Qazaqstan Team     2:55

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 17 ▲16
 LÓPEZ Miguel Ángel
Team Medellin – EPM 5
10″
20:14:00
2 4 ▲2
 GANNA Filippo
INEOS Grenadiers  
10″
0:07
3 21 ▲18
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe  
4″
0:21
4 13 ▲9
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers     0:27
5 27 ▲22
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team     ,,
6 15 ▲9
 RIVERA Brandon Smith
INEOS Grenadiers     0:38
7 24 ▲17
 PAREDES César Nicolás
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan     0:56
8 35 ▲27
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech     1:18
9 31 ▲22
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step     1:19
10 38 ▲28
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo  
13″
1:23
11 41 ▲30
 VERMAERKE Kevin
Team DSM     1:27
12 5 ▼7
 TIVANI German Nicolás
Team Corratec     1:36
13 11 ▼2
 CRAS Steff
TotalEnergies  
1″
1:48
14 25 ▲11
 ROJAS Vicente
Chile     1:49
15 34 ▲19
 FRIGO Marco
Israel – Premier Tech     1:55
16 22 ▲6
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers     2:02
17 8 ▼9
 LAMPAERT Yves
Soudal – Quick Step     2:05
18 40 ▲22
 LAZKANO Oier
Movistar Team     2:08
19 36 ▲17
 GONZÁLEZ Abner
Movistar Team     2:12
20 30 ▲10
 MESSINEO Leandro Carlos
Chimbas Te Quiero     2:23

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 24
2 4 ▲2
 JURADO Christofer Robín
Panamá es Cultura y Valores 19
3  
 LÓPEZ Miguel Ángel
Team Medellin – EPM 10
4  
 GANNA Filippo
INEOS Grenadiers 8
5 6 ▲1
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers 8
6 2 ▼4
 DOTTI Juan Pablo
Sindicato de Empleados Públicos of San Juan 8
7 3 ▼4
 MENDEZ Marcos Omar
Argentina 8
8  
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 6
9 5 ▼4
 GANDIN Stefano
Team Corratec 6
10 7 ▼3
 SANTAROMITA Alessandro
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 4

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 5 ▲4
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech 20:15:18
2 6 ▲4
 SIMMONS Quinn
Trek – Segafredo 0:05
3 4 ▲1
 ROJAS Vicente
Chile 0:31
4 2 ▼2
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo 2:43
5 3 ▼2
 BRENNER Marco
Team DSM 6:55
6 1 ▼5
 ANDRESEN Tobias Lund
Team DSM 9:04
7 7
 RANGEL Vinicius
Movistar Team 12:24
8 11 ▲3
 DÍAZ Rodrigo Daniel
Municipalidad de Rawson 19:42
9 12 ▲3
 QUINTANA Hector Exequiel
Chile 22:57
10 9 ▼1
 BONILLO Iker
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 27:40

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました