ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ルワンダ第8ステージ  グラベルの登りインターバルで総合優勝となったのは?

海外情報
Photo credit: dmitri_66 on Visualhunt
この記事は約16分で読めます。

ツール・ド・ルワンダの総合優勝者は最終日に決定する。

総合5位のTotalEnergiesのビクトル・デラパルテまで4秒の差しかない。最終ステージの着順のタイム差で総合優勝が決まる。

グラベル区間も含む登りで、誰が抜け出すか注目だ。

 

スポンサーリンク

第8ステージ    キガリ~キガリ 75.3km

コースプロフィール phto tourdurwanda

 

第7ステージと同じゴールのキガリを4周するコース。グラベル区間を7回も走ることになる。距離は短いけれども、サバイバルな展開となることは間違いない。

 

  1. 1級山岳 レベロ 3.7km・5.8%
  2. スプリントポイント Station sp
  3. 1級山岳 キガリ 0.5km・6.8%
  4. 1級山岳 レベロ 3.7km・5.8%
  5. スプリントポイント Station sp
  6. 1級山岳 キガリ 0.5km・6.8%
  7. 1級山岳 レベロ 3.7km・5.8%
  8. 1級山岳 キガリ 0.5km・6.8%
  9. 超級山岳 キガリ  5.3km・6.5%

 

スタート

Rwanda TV ストリーミング スクリーンショット以下同様

最終ステージがスタート。まずは、ニュートラルスタート。63人がスタートだ。

 

さあ、オフィシャルスタート。

 

1級山岳 レベロ 3.7km・5.8%

グラベル区間ではやくも一列棒状。

 

数名が前で越える。

  1. エリー・ジョスベール TotalEnergies
  2. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education-NIPPO Development Team)
  3. ネンギマナ・ジャン・ボスコ (Rwanda)

 

残り64.5kmでTotalEnergiesとSoudal – Quick-Step Devo Teamが飛び出した。

 

スプリントポイント Station sp

4人で決まりそうだったけれど、追いつかれる。

  1. トーマス・ボネット TotalEnergies
  2. ウォルター・カルゾーニ Q36.5 Pro Cycling Team
  3. ヴィクトル・デラパルテ TotalEnergies

 

クリス・フルームは、集団最後尾から少しずつ順位を上げている。

 

1級山岳 キガリ 0.5km・6.8%

やはり、このグラベル区間で差が出そうだ。

 

クリス・フルームは、すでに集団最後尾だ。

 

残り55kmで20名程度が先頭集団に。

 

クリス・フルームが、時々カメラに写るけど単独で追っているようだ。

 

先頭からBolton Equities Black Spokeのマーク・スチュワートが単独アタック。

 

追走は14人。イーサン・バーノンが先頭を引く。

 

1級山岳 レベロ 3.7km・5.8%

マーク・スチュワートは、残り49kmで捕まる。

 

登りでは、TotalEnergiesの二人が先頭に。

 

グラベル区間では、際を走ってなるべく石畳でないところを選んでいる。

 

頂上を越えた。先頭は

  1. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education-NIPPO Development Team)

 

残り41km。この中から総合優勝は決まる。

 

スプリントポイント Station sp

あまり人数は減らない。TotalEnergiesのトーマス・ボネットがビクトル・デラパルテのために引くが変わりがない。

 

スプリントポイントを通過。

 

下りから3人が抜け出した。

 

1級山岳 キガリ 0.5km・6.8%

だが、大きな差を奪うというところまで行かない。

 

後ろに集団が見えている。

 

Soudal – Quick-Step Devo Teamも、レカーフ・ウィリアム・ジュニア一人となっている。

 

残り28kmでSoudal – Quick-Step Devo Teamのペパイン・ラインダリンクが戻ってきた。

 

1級山岳 レベロ 3.7km・5.8%

先頭は14人となっている。

 

残り25kmをきった。消耗戦だけど、人数もあまり減らない。

 

リーダージャージのヘノック・ムルランは、誰も逃がさない。

 

これは最後の登りゴールで決戦かな。

 

残り17kmでEuskaltel – Euskadiのミケル・ビスカラがアタック。だが、これは決まらない。

 

1級山岳 キガリ 0.5km・6.8%

ヘノック・ムルランは、誰も逃がさない。

 

残り12.7km。誰がいっても逃がして貰えない。

 

残り6.1km。Euskaltel – Euskadiのミケル・ビスカラがアタック!

 

だが、これもTotalEnergiesのトーマス・ボネットがマークして逃がさない。

 

超級山岳 キガリ  5.3km・6.5%

ミケル・ビスカラに後続が追いつく。

 

前に5人が出たが、リーダーのヘノック・ムルランは、後続で見ている。

 

残り4.3km。後続は、まだ追いかけてこない。

 

ヘノック・ムルランのアシストのアレックス・トリオは最後尾。もう切れそうだ。

 

ここで先頭から、Bike Aidのダウィット・イエマネがアタック!

 

残り3.6km。後続が見えなくなった。

 

残り3km。ダウィット・イエマネのリードが続く。25歳のエリトリア人で2022ツール・ド・セルビーで総合優勝している力のあるライダーだ。

 

TotalEnergiesのトーマス・ボネットが仕事終了だ。

 

最後のグラベル区間に入った。まだ、リードをしている。

 

残り1.2km。まだ、ダウィット・イエマネは、リードしている。現在総合11位の54秒差だ。

 

残り1.1km。リーダーグループが迫ってくる。

 

あ~、追いつかれた。

 

後ろに張り付かれてしまう。

 

あとは、ゴールの着順で総合優勝が決まる。総合2位のQ36.5 Pro Cycling Teamのウォルター・カルゾーニもいる。

 

あっと、なんだ。Soudal – Quick-Step Devo Teamのレカーフ・ウィリアム・ジュニアは、止まってしまった。マシントラブルか。

 

リーダーのヘノック・ムルランは2番手についている。

 

ゴール前で、ヘノック・ムルランがスプリント体制に入る。

 

ヘノック・ムルランが前に出た。

 

ヘノック・ムルランが、ゴール前からポーズを決めてゴール!

第3ステージの優勝につづいて2勝目。しかも、しっかりとリーダージャージを守ることに成功し総合優勝も手にした。

23歳のエリトリア人は、今シーズン4勝目。Green Project-Bardiani CSF-Faizanèは、このツール・ド・ルワンダだけで4勝の荒稼ぎだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ヘノック・ムルランのコメント

レースは最初から本当に大変だった。スプリントとクライム。私のチームメイトは、レース中のGCライダーを注意深く追跡し、フィニッシュラインに向かって攻撃するように私に言った。

私はステージと総合を勝ち取るためにここに来た。これは、チームがツール・ド・ルワンダに参加することを決めた12月のチームキャンプ以来の私の計画だった。

このイエロージャージを獲得し、2つのステージで勝利することは信じられないこと。そしてチームとチームメートに感謝する。私を親切に扱ってくれるチームとスタッフに感謝する。

第8ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 14 2:04:52
2
 BLACKMORE Joseph
Great Britain 5 ,,
3
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies 3 ,,
4
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
5
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
6
 YEMANE Dawit
Bike Aid   0:05
7
 MAIN Kent
South Africa   0:08
8
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   0:29
9
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi   1:07
10
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke   ,,
11
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk   ,,
12
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team   2:28
13
 BONNET Thomas
TotalEnergies   ,,
14
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi   3:46
15
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team   4:20
16
 GABBURO Davide
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   4:40
17
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   5:34
18
 PICCOLI James
China Glory Continental Cycling Team   6:19
19
 KRASTS Alekss
Tartu2024 Cycling Team   7:50
20
 ORMISTON Callum
South Africa   ,,
21
 NSENGIMANA Jean Bosco
Rwanda   8:18
22
 FROOME Chris
Israel – Premier Tech   8:21
23
 FJELLHEIM Henrik Teslo
EF Education-NIPPO Development Team   ,,
24
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team   8:22
25
 ETXEBERRIA Asier
Euskaltel – Euskadi   ,,
26
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
27
 CHRISTENSEN Ryan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
28
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   ,,
29
 HAKIZIMANA Felicien
May Stars   ,,
30
 MASENGESHO Vainqueur
Rwanda   8:42

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI Time
1 1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 125 28:58:01
2 2
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team 85 ,,
3 3
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 70 0:01
4 5 ▲1
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies 60 0:04
5 8 ▲3
 MAIN Kent
South Africa 50 0:33
6 9 ▲3
 BLACKMORE Joseph
Great Britain 40 0:39
7 11 ▲4
 YEMANE Dawit
Bike Aid 35 0:59
8 10 ▲2
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 30 1:09
9 13 ▲4
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk 25 2:27
10 16 ▲6
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi 20 3:51
11 4 ▼7
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team 15 4:23
12 7 ▼5
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team 10 5:46
13 20 ▲7
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke 5 8:08
14 6 ▼8
 MUHOZA Eric
Bike Aid 5 8:30
15 18 ▲3
 PICCOLI James
China Glory Continental Cycling Team 5 10:10
16 15 ▼1
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke 3 11:11
17 17
 ORMISTON Callum
South Africa 3 11:28
18 19 ▲1
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi 3 12:52
19 22 ▲3
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team 3 19:47
20 28 ▲8
 BONNET Thomas
TotalEnergies 3 25:31
21 23 ▲2
 NIYONKURU Samuel
Rwanda 3 26:29
22 24 ▲2
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team 3 27:24
23 25 ▲2
 FJELLHEIM Henrik Teslo
EF Education-NIPPO Development Team 3 28:31
24 26 ▲2
 FROOME Chris
Israel – Premier Tech 3 28:35
25 27 ▲2
 ETXEBERRIA Asier
Euskaltel – Euskadi 3 30:41
26 30 ▲4
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi   33:13
27 29 ▲2
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   34:28
28 31 ▲3
 GABBURO Davide
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   36:39
29 32 ▲3
 GRELLIER Fabien
TotalEnergies   42:10
30 34 ▲4
 TEKLEHAIMANOT Daniel
Eritrea   45:04

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PRITZEN Marc Oliver
EF Education-NIPPO Development Team 111
2 2
 AREFAYNE Aklilu
Eritrea 79
3 10 ▲7
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 48
4 3 ▼1
 NSENGIMANA Jean Bosco
Rwanda 48
5 6 ▲1
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team 26
6 5 ▼1
 TAROZZI Manuele
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 23
7 7
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke 19
8 21 ▲13
 BONNET Thomas
TotalEnergies 17
9 16 ▲7
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 17
10 8 ▼2
 HAKIZIMANA Felicien
May Stars 15

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team 28:58:01
2 2
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team 0:01
3 4 ▲1
 BLACKMORE Joseph
Great Britain 0:39
4 5 ▲1
 TOLIO Alex
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 1:09
5 3 ▼2
 MUHOZA Eric
Bike Aid 8:30
6 6
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke 11:11
7 7
 ORMISTON Callum
South Africa 11:28
8 8
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team 19:47
9 9
 NIYONKURU Samuel
Rwanda 26:29
10 10
 FJELLHEIM Henrik Teslo
EF Education-NIPPO Development Team 28:31
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました