ロードバイクの情報を発信しています!

2023 パリ~ニース第5ステージ 200kmを越える最長ステージを制したのは?

海外情報
Photo credit: PappyDiablo on VisualHunt.com
この記事は約16分で読めます。

第4ステージのタデイ・ポガチャル対ヨナス・ヴィンゲゴーの山岳対決はヨナス・ヴィンゲゴーのアタックから始まった。

結局、タデイ・ポガチャルの反撃アタックには、ヨナス・ヴィンゲゴーは追いつくことが出来なかった。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーの積極的なアタックを再度週末に期待したいと思う。

 

スポンサーリンク

第5ステージ   サン シンフォリアン シュル コワーズ~サン ポール トロワ シャトー 212.4km

コースプロフィール  photo paris-nice

 

第5ステージは、212.4kmと、このパリ~ニースで最長のステージ。

登りも、それほどきついものでないので、アタッカー対、スプリンターチームの戦いとなりそうだ。

 

  1. 2級山岳 Côte de Coise 1.5km・8.6%
  2. 2級山岳 Côte de l’Aubépin 4.9km・5.1%
  3. 3級山岳 Côte de Trèves 2.3km・6%
  4. スプリントポイント Col du Devès
  5. 3級山岳 Côte d’Aleyrac  4.5km・4.3%

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

第5ステージのスタート時の4賞ジャージは

  •  総合 タデイ・ポガチャル UAE Team Emirates
  • ポイント賞 マッズ・ピーダスン Trek-Segafredo
  • 山岳賞 ヨナス・グレゴー Uno-X Pro Cycling Team
  • 新人賞 マッティオ・ヨルゲルソン Movistar Team

 

2人の逃げ

二人の逃げ。ただ、ヨナス・グレゴーは山岳ポイントを越えると集団に戻った。

  1.  サンディ・デュジャルダン TotalEnergies
  2.  ヨナス・グレゴー Uno-X Pro Cycling Team

 

サンディ・デュジャルダンが長く単独で逃げていたが、残り88kmで集団に捕まった。

 

残り80.3km。逃げもないままに、このまま進むのだろうか。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、集団復帰中。

 

昨年までチームメイトだった、隣のパスカル・エーンクホーンと笑顔で喋っている。

 

先頭はLotto-Dstnyのトーマス・デヘント。

 

スプリントポイント Col du Devès

タデイ・ポガチャルは、アルノー・デマールが少し邪魔になって足を止めた。

 

ここはGroupama – FDJのダヴィデ・ゴデュがトップ通過。タデイ・ポガチャルは、ちょっとアルノー・デマールに文句を言っている。

 

タデイ・ポガチャルは3位通過。

  1. ダヴィ・ゴデュ Groupama – FDJ 6ポイント・6秒
  2. アルノー・デマール Groupama – FDJ 4ポイント・4秒
  3. タデイ・ポガチャル UAE Team Emirates 2ポイント・2秒

 

タデイ・ポガチャルは先頭で下り始める。

 

 

まさか、そのままアタックではないよね。

 

残り36km。Trek-Segafredo、Team Jayco AlUla、Bahrain Victoriousが先頭を引く。

 

3級山岳 Côte d’Aleyrac  4.5km・4.3%

最後の山岳に入った。

 

これを越えるとスプリントで決着だ。

 

Team Jayco AlUlaが先頭を引く。

 

山岳賞ジャージのヨナス・グレゴーがアシストを受けてアタック。

 

当然山岳ポイントを狙う。

 

ここは、山岳賞ジャージのヨナス・グレゴーがトップ通過。

  1. ヨナス・グレゴー Uno-X Pro Cycling Team 3ポイント
  2. クリス・ハーパー Team Jayco AlUla 2ポイント
  3. ルーカス・ハミルトン Team Jayco AlUla 1ポイント

 

残り26.9km。このままゴールまでいきそう。

 

マッズ・ピーダスンとタデイ・ポガチャルは喋りながら走っている。

 

残り10.6km。スプリントで全員賛成だ。

 

残り4.5km。各チームがトレインを組む。

 

残り3.8km。

 

各チームがトレインを組む。

 

ここで、INEOS Grenadiersのベン・スウィフトがアタック。

 

ベン・スウィフトはいい感じで抜け出した。

 

65km/hという猛烈なスピードでゴールを目指す。

 

だが、ベン・スウィフトはゴール手前250mで捕まってしまう。

 

先頭はTrek-Segafredoのマッズ・ピーダスン。Jumbo-Vismaは、エドアルド・アッフィニのリードアウトを受けたオラフ・コーイがスプリント開始。

 

 

先頭はマッズ・ピーダスンだ。

 

オラフ・コーイが追い込んでくる。

 

さらに後ろからティム・メルリエと、マッテオ・トレンティンが追い込んでくる。

 

オラフ・コーイがマッズ・ピーダスンをまくった。

 

オラフ・コーイが僅かに前に出た。

 

  

オラフ・コーイがゴールを落とした!

 

オラフ・コーイが派手なガッツポーズだ。昨年12勝をあげた20歳の若者が、これだけの一流スプリンターを下してのトップ獲得は実力のある証拠だ。

Jumbo-Vismaは、ティレーノ〜アドリアティコでプリモッシュ・ログリッチの勝利。パリ~ニースでは、オラフ・コーイの勝利と一日で2勝の荒稼ぎだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

オラフ・コーイのコメント

最後の1kmに入るとき、少し遠かった。そして、ロータリーの左側を走った。いいポジションについたら、エドアルド・アッフィニに抜かれた。それからペデルセンのホイールに乗ったんだ。今回はそこから脱出することができた。

この勝利は、火曜日にマッズ・ピーダスンに負けた後の、ちょっとしたリベンジのようですね。

2位というのも悪くはないが、勝つことが大事だ。だから、うまくいったことがとてもうれしい。チームタイムトライアルでも優勝したしね。スプリンターにはもうチャンスはないだろうから、あとはヨナスに任せるしかない。

第5ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 60   5:19:54
2
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 40   ,,
3
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 30   ,,
4
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates 25   ,,
5
 KANTER Max
Movistar Team 20   ,,
6
 COQUARD Bryan
Cofidis 15   ,,
7
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 10   ,,
8
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty 8   ,,
9
 PAGE Hugo
Intermarché – Circus – Wanty 5   ,,
10
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 2   ,,
11
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     ,,
12
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost     ,,
13
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies     ,,
14
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
15
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
16
 SCOTSON Miles
Groupama – FDJ     ,,
17
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech     ,,
18
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ  
4″
,,
19
 DEGENKOLB John
Team DSM     ,,
20
 GROVES Kaden
Alpecin-Deceuninck     ,,
21
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates  
2″
,,
22
 MCLAY Daniel
Team Arkéa Samsic     ,,
23
 AFFINI Edoardo
Jumbo-Visma     ,,
24
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny     ,,
25
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla     ,,
26
 MATTHEWS Michael
Team Jayco AlUla     ,,
27
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious     ,,
28
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
29
 VAN POPPEL Danny
BORA – hansgrohe     ,,
30
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic     ,,

総合

タデイ・ポガチャルのコメント

ようやく晴れたし、ストレスもなかった。ニースは、家にいるときのトレーニングコースなんだ。とてもいいステージだけど、次の2日間の道は知らないんだ。コースが発表されたのが遅すぎて、偵察ができなかったんだ。

明日は登りのあるステージですが、どうですか?

クラシックなステージだ。何が起きてもおかしくないし、多くのサプライズが起こりうる。第7ステージはもっと予測しやすい。山頂に向かって、自分の力をうまく発揮することだ。でも、最終ステージが一番好きだ。とても面白いですよ。

中間スプリントでは2秒の獲得に留まりましたね。

登りでは緊張感があった。多くのライダーがそれを望んでいるのがわかった。しかし、私はミスを犯してしまった。右側(デマーレを過ぎたあたり)で抜きたかったんだけど、スペースがなかったんだ。今日は2秒だけ、残念だ。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 10
26″
17:14:52
2 2
 GAUDU David
Groupama – FDJ  
12″
0:06
3 3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma     0:46
4 4
 YATES Simon
Team Jayco AlUla     0:58
5 5
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious  
4″
1:21
6 6
 BARDET Romain
Team DSM     1:42
7 7
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers     ,,
8 8
 JORGENSON Matteo
Movistar Team     1:44
9 9
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost     1:46
10 10
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla     1:56
11 11
 FOSS Tobias
Jumbo-Visma     1:59
12 12
 IZAGIRRE Ion
Cofidis     2:02
13 13
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe     2:06
14 14
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo     2:10
15 15
 VAUQUELIN Kévin
Team Arkéa Samsic     2:11
16 16
 PARET-PEINTRE Aurélien
AG2R Citroën Team     2:12
17 17
 LATOUR Pierre
TotalEnergies  
4″
2:14
18 18
 JUNGELS Bob
BORA – hansgrohe     2:18
19 19
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers     2:20
20 20
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious     2:28
21 21
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers     2:29
22 22
 POELS Wout
Bahrain – Victorious     2:33
23 23
 TRATNIK Jan
Jumbo-Visma     3:02
24 24
 CAVAGNA Rémi
Soudal – Quick Step     3:20
25 25
 BERNARD Julien
Trek – Segafredo     3:26
26 26
 DE LA CRUZ David
Astana Qazaqstan Team     3:32
27 27
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team     3:37
28 29 ▲1
 GESCHKE Simon
Cofidis     3:55
29 30 ▲1
 GENIETS Kevin
Groupama – FDJ     3:58
30 31 ▲1
 GOOSSENS Kobe
Intermarché – Circus – Wanty     4:13

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 PEDERSEN Mads
Trek – Segafredo 36
2 4 ▲2
 KOOIJ Olav
Jumbo-Visma 34
3 1 ▼2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 31
4 5 ▲1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 24
5 3 ▼2
 MATTHEWS Michael
Team Jayco AlUla 20
6 6
 GAUDU David
Groupama – FDJ 18
7 7
 BENNETT Sam
BORA – hansgrohe 16
8 8
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious 9
9 20 ▲11
 COQUARD Bryan
Cofidis 9
10 9 ▼1
 CORT Magnus
EF Education-EasyPost 9

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 GREGAARD Jonas
Uno-X Pro Cycling Team 30
2 2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 12
3  
 DUJARDIN Sandy
TotalEnergies 8
4 3 ▼1
 GAUDU David
Groupama – FDJ 5
5 4 ▼1
 SKAARSETH Anders
Uno-X Pro Cycling Team 5
6  
 DE GENDT Thomas
Lotto Dstny 4
7 5 ▼2
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 3
8 6 ▼2
 OURSELIN Paul
TotalEnergies 3
9 7 ▼2
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious 3
10 10
 POLITT Nils
BORA – hansgrohe 3

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 17:14:52
2 2
 JORGENSON Matteo
Movistar Team 1:44
3 3
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 2:10
4 4
 VAUQUELIN Kévin
Team Arkéa Samsic 2:11
5 5
 VERMAERKE Kevin
Team DSM 4:17
6 6
 CHARMIG Anthon
Uno-X Pro Cycling Team 4:48
7 7
 DINHAM Matthew
Team DSM 6:13
8 8
 CHAMPOUSSIN Clément
Team Arkéa Samsic 6:29
9 9
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic 12:58
10 10
 RIES Michel
Team Arkéa Samsic 14:44
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました