ロードバイクの情報を発信しています!

2023 クラシカ・デ・アルメニア  まさかのチームが勝利をたぐり寄せる!

海外情報
Photo credit: Alicia Camacho Adarve on Visualhunt.com
この記事は約10分で読めます。

スペインのワンデーレース、クラシカ・デ・アルメニア。Clasica de Almeria(1.Pro)

歴代優勝者には、一流スプリンターの名前が並んでいる。ここに、新たに名前を刻むのは誰となるだろうか?

 

過去の優勝者は

2022:アレクサンダー・クリストフ
2021:ジャコモ・ニッツォーロ
2020:パスカル・アッカーマン
2019:パスカル・アッカーマン
2018:カレブ・ユアン
2017:マグナス・コルトニールセン
2016:リー・ハワード
2015:マーク・カヴェンディッシュ
2014:サム・ベネット
2013:マーク・レンショー
2012:マイケル・マシューズ

 

スポンサーリンク

Ony day race プエブラ・デ・ビカル~ロケタス・デ・マル 190.3km

コースプロフィール  photo clasicadealmeria

 

スタートから40km後にある、アルトデセリンの2級山岳が海抜530mとなっておりレース全体の最高地点となる。

20kmほど降下すると、3級山岳が連続する。ここで、遅れてもゴールまでは70kmあるのでスプリンターもアシストの力を使えば集団に戻ってこれる。

ゴール前に一度フニッシュラインを通過して、決戦となる。

 

  1. スプリントポイント Las Norias de Daza
  2. 2級山岳 アルトデセリン   6.8km・4.7%
  3. スプリントポイント Adra
  4. 3級山岳 Alto de La Alqueria   1.6km・6.1%
  5. 3級山岳   Alto de Fuente Marbella   1.54km・7.1%
  6. スプリントポイント Balanegra
  7. 4級山岳  Cuesta de Almerimar    1.2km・5.3%
  8. スプリントポイント Roquetas de Mar

 

注目のライダーは

  •  Uno-X Pro Cycling Team アレクサンダー・クリストフ
  •  Intermarché – Circus – Wanty ニコロ・ポニファツィオ、マイク・テウニッセン
  •  Team Arkéa Samsic ダニエル・マクレイ
  •  Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  •  UAE Team Emirates マッテオ・トレンティン、フアン・モラノ、アレッサンドロ・コーヴィ
  •  Cofidis ブライアン・コカール、マキシミリアン・ヴァルシャイド
  •  Movistar Team イバン・ガルシア、フェルナンド・ガビリア
  •  TotalEnergies エドヴァルド・ボアッソンハーゲン、ジェイソン・テッソン
  •  Astana Qazaqstan Team ケース・ボル
  •  BORA – hansgrohe マルコ・ハーラー、ヨルディ・メーウス、ニルス・ボリッツ
  •  INEOS Grenadiers ベン・ターナー、パヴェル・シヴァコフ、キム・ハイドック
  •  Groupama – FDJ ヴァランタン・マデュアス
  •  Lotto Dstny アルノー・デリー
  • Q36.5 Pro Cycling Team マッティオ・モスケッテイ

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

スペインのEuskaltel – Euskadi、Movistar Teamを先頭にスタート。

 

オフィシャルスタートから、サポートカーを追い抜きながら0kmアタック!

 

すぐに3人の逃げが完成。

  1. サンデル・デペステル Team Flanders-Baloise
  2. ルイス・マテ Euskaltel – Euskadi
  3. Eugenio Sánchez (Equipo Kern Pharma)

 

残り71.8kmで57秒差。

 

3人は最大7分のタイム差を稼ぎだしていたが、早く捕まりそうだ。

 

あら~、残り67.6kmもあるのに3人は捕まってしまった。

 

おっと後方で落車。

  •  グレブ・ブリュセンスキー (Astana Qazaqstan Team)
  •  DAVIS Corey (Q36.5 Pro Cycling Team)

 

う~ん、このままゴールまでサイクリングをするのかな。

 

残り25.8km。少しペースアップしてきたか。

 

おっと、ファンだ。

 

先頭が抜け出してをはかっている。

 

横からの風を利用しているのか。

 

猛烈に飛ばして集団を分断したけど、アルノー・デリーはちゃんといる。

 

後ろに、集団が取り残されている。

 

猛烈な攻撃は続く。

 

少しずつ後ろから復帰してきた。

 

INEOS Grenadiersが先頭を引く。残り12km。再びペースアップだ。

 

残り10.7km。ペースが上がってくる。

 

残り1周

残り1周のゴールラインを越える。

 

残り4.6km。各チームがトレインを組む。

 

残り2.7kmでLotto-Dstnyが先頭に。

 

Lotto-Dstnyはチーム全員でアルノー・デリーをリード。

 

残り1.9km。UAE Team Emiratesも先頭に。

 

ここからUno-X Pro Cycling Teamがディフェンディグチャンピオンのアレクサンダー・クリストフのために先頭を引く。

まずは、ノルウェーチャンピオンのラスムス・ティレル だ。

 

残り1.1km。まだUno-X Pro Cycling Teamが先頭。アレクサンダー・クリストフがセットされている。

 

最後まで、Uno-X Pro Cycling Teamがひけるか?

 

ゴール前にきた。

 

アルノー・デリーは、かなり後方にいる。

 

アレクサンダー・クリストフがリードアウトから外れる。

 

Uno-X Pro Cycling Teamのアレクサンダー・クリストフが発射。

 

アレクサンダー・クリストフが先頭でもがく。届くか?

 

アレクサンダー・クリストフをマッティオ・モスケッテイとヨルディ・メーウスが抜いた。一番左はジャコモ・ニッツォーロだ。

 

あっと、左側でアルノー・デリーがぶつかって、Cofidisのマキシミリアン・ヴァルシャイドが足を外した。危ない!

 

ゴールは、そのままマッティオ・モスケッテイが先頭で駆け抜けた~!

Q36.5 Pro Cycling Teamが結成1年目で、はやくもプロレースで勝利だ。マッティオ・モスケッテイは、Trek-Segafredoから移籍してきたが、自身キャリア8勝目を新チームで上げてみせた。

これは、チームにとって本当に嬉しい1勝となる。

 

リザルト

マッティオ・モスケッテイのコメント

僕にとっては、新しいプロジェクトであるチームでの2戦目だ。彼らが与えてくれた信頼に、この素晴らしい勝利で報いることができ、とても嬉しく思っている。

決勝は確かに簡単ではなかった。風もあり、ターンも多く、ラウンドアバウトも多く…前にいるのは簡単ではなかったが、チームメイトが見事に助けてくれた。最後の1キロは自分で踏ん張らなければならないと思っていた。その後、かなり長いスプリントになったと思うが、いい脚でラインをキープできたと思う。

次は2月26日のクールネ〜ブリュッセル〜クールネに出場と聞いてますが。

大きな挑戦ではあるが、自信を持って臨みたいと思う。先週のツアー・オブ・バレンシアではすでに調子が良かったが、あのレースは非常にタフなものだった。そこでは、あきらめてしまった。でも、そのおかげで、今日はもう少し頑張れたかもしれない。

 

2位のアルノー・デリーのコメント(チーム公式サイトより)

レース前にしっかりとした計画を立て、ほぼ完璧に実行した。ファンに驚かされることなく、丁寧な決勝戦に乗った。

ゴールまで2キロ弱のところで、小さなミスがあり、お互いに少し離れてしまった。それでもみんなは僕を先頭に立たせるために全力を尽くしてくれた。でも僕は少し離れたところからスプリントを始めなければならなかったんだ。

それでもスプリントは強かったが、今日は2位に甘んじなければならない。もちろん、クラシカ・デ・アルメリアのような素晴らしいレースで優勝を逃したことは残念だが、それと同じくらい、チームがまた強いパフォーマンスを発揮してくれたことも重要なことだ。

私たちは仲の良いグループで、雰囲気も良い。それも今後数週間に向けて重要なことだ。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 200 4:43:16
2
 DE LIE Arnaud
Lotto Dstny 150 ,,
3
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 125 ,,
4
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 100 ,,
5
 NIZZOLO Giacomo
Israel – Premier Tech 85 ,,
6
 WALSCHEID Max
Cofidis 70 ,,
7
 GAVIRIA Fernando
Movistar Team 60 ,,
8
 TESSON Jason
TotalEnergies 50 ,,
9
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ 40 ,,
10
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates 35 ,,
11
 VERMEERSCH Florian
Lotto Dstny 30 ,,
12
 SOTO Antonio Jesús
Euskaltel – Euskadi 25 ,,
13
 BONIFAZIO Niccolò
Intermarché – Circus – Wanty 20 ,,
14
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech 15 ,,
15
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 10 ,,
16
 HEIDUK Kim
INEOS Grenadiers 5 ,,
17
 VAN GESTEL Dries
TotalEnergies 5 ,,
18
 MENTEN Milan
Lotto Dstny 5 ,,
19
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies 5 ,,
20
 RUSSO Clément
Team Arkéa Samsic 5 ,,
21
 JAIME Álex
Equipo Kern Pharma 5 ,,
22
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 5 ,,
23
 ASKEY Lewis
Groupama – FDJ 5 ,,
24
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi 5 0:04
25
 PEÑALVER Manuel
Burgos-BH 5 ,,
26
 MARTIN David
EOLO-Kometa 5 ,,
27
 EZQUERRA Jesús
Burgos-BH 5 ,,
28
 HEMING Mika
Tudor Pro Cycling Team 5 ,,
29
 POLITT Nils
BORA – hansgrohe 5 ,,
30
 BAUER Jack
Q36.5 Pro Cycling Team 5 ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました