ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ミラノ~トリノ  マーク・カヴェンディシュ VS サガンの結果は?

海外情報
Photo credit: Sorin Popovich on Visualhunt
この記事は約9分で読めます。

1876年が初開催。今年で103回目となるミラノ~トリノ。

ミラノ~トリノは、ミラノ~サンレモの準備レースとして、この時期に戻ってきた。

今回のコースは昨年とは違って、ゴールが登っているということもない。全くのスプリンターステージとなっている。

 

過去の優勝者は

  • 2021    プリモッシュ・ログリッチ
  • 2020 アルノー・デマール
  • 2019 マイケル・ウッズ
  • 2018 ティボー・ピノ
  • 2017 リゴベルト・ウラン
  • 2016 ミゲルアンヘル・ロペス
  • 2015 ディエゴ・ローザ
  • 2014 ジャンパオロ・カルーソ
  • 2013 ディエゴ・ウリッシ
  • 2012 アルベルト・コンタドール

ミラノ~サンレモの前に、ゴールを制するライダーは誰だろうか?

 

スポンサーリンク

ミラノ~リボリ 199km

コースプロフィール photo milanotorino

 

コースは昨年と変わっていて、登りゴールではなくなっている。

後半は、結構アップダウンがあるのだけど、スプリンターがふるい落とされるほどでもない。スプリンターチーム以外は、後半に総攻撃を仕掛けるのでは。

全員がスプリント賛成ならば、動きは少ないだろう。だが、反乱するライダーは必ずいるはず。

 

  •  AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーベルマート
  •  Alpecin-Fenix  レコブ・マレツコ
  • Team BikeExchange – Jayco カーデン・グローブス
  • Team DSM  アルベルト・ダイネーゼ
  •  INEOS Grenadiers ベン・スウィフト
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux アレクサンダー・クリストフ
  •  Movistar Team イバン・ガルシア
  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team マーク・カヴェンディシュ
  •  Team Arkéa Samsic ナセル・ブアニ
  •  TotalEnergies サガン
  •  Trek – Segafredo マッティオ・モスケッテイ
  •  UAE Team Emirates ディエゴ・ウリッシ、フアン・モラノ

 

有力スプリンターとして、マーク・カヴェンディシュとサガンの対決が期待される。

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

マーク・カヴェンディシュは、トレインさえばっちり出来れば勝てるのではないかな。今回はプロトン最強のリードアウトマン、ミケル・モロコフもいるし。

 

サガンもコロナから完全に復活が出来ているだろうか。

 

ヴィンチェンツォ・ニバリも、ようやくコロナから復帰。

 

Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのアレクサンダー・クリストフも優勝候補だ。

 

今日のイタリアは少し曇り空。

 

まずは、パレード走行。

 

3人の逃げ

 

スタートからベースが上がる。

 

ダニエル・ヴィエガス (Eolo-Kometa)のアタックに二人がジョイン。ファンディエゴ・アルバは昨年までMovistar Teamで走っていたコロンビア人。

  1. マーティン・マルセルシ (Bardiani-CSF-Faizanè)
  2. ファンディエゴ・アルバ (Drone Hopper-Androni Giocattoli) 
  3. ダニエル・ヴィエガス (Eolo-Kometa)

 

集団はスプリンターチームが一人ずつライダーを先頭交代に送っている。

 

UAE Team Emiratesのディエゴ・ウリッシは集団最後尾。チームカーが必要なのかな。

 

残り49.5kmでタイム差は50秒。

 

今年まだ勝利のないTeam Arkéa Samsicのナセル・ブアニ。今日の調子はどうだろう。

 

残り25.1kmで34秒と迫られてきた。

 

先頭にはEF Education-EasyPostも上がってきている。ただ、メンバーにはスプリンターがいない。昨年のコースに合わせたメンバーとなっている。

 

3人の後ろに集団が迫る。

 

残り19.7kmで先頭3人は捕まってしまった。

 

集団からアルベルト・ベッティオルと、ベン・ヒンリーがアタック!

  1. アルベルト・ベッティオル EF Education-EasyPost
  2. ベン・ヒンリー EF Education-EasyPost

 

EF Education-EasyPostは、スプリンターを連れてきていないのだから、逃げて勝つしかない。

 

アルベルト・ベッティオルがきれて、ベン・ヒーリーは単独となる。

 

集団はQuick-Step Alpha Vinyl Teamが先頭で引く。

 

ベン・ヒーリーはかなり頑張っている。

 

今年ワールドツアーに昇格したベン・ヒーリーは残り8.3kmで14秒までタイム差を広げた。2020年のアイルランドロードチャンピンだ。

 

タイム差が縮まらないので、ついにレミ・カヴァニャが先頭で引き始める。

 

レミ・カヴァニャの引きで、ベン・ヒーリーは残り4.2kmで吸収。

 

残り3.1kmでは、TotalEnergiesとQuick-Step Alpha Vinyl Teamが先頭を引く。

 

残り1.8kmではTotalEnergiesが先頭。INEOS Grenadiersも出てくる。

 

残り1.2kmでもTotalEnergiesはサガンのためにトレインを崩さない。Team Arkéa Samsicはナセル・ブアニを引く。

 

ファイナルコーナーで、ナセル・ブアニは2番手。サガン3番手と絶好の位置だ。

 

道路幅が広く、バンチスプリントになりそうだ。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamのミケル・モロコフが先頭に立った!

 

ミケル・モロコフの後ろには、マーク・カヴェンディシュ。アレクサンダー・クリストフも追い込んでくる。

 

ミケル・モロコフのリードアウトからマーク・カヴェンディシュが発射!

 

マーク・カヴェンディシュの後ろから、ナセル・ブアニ、サガン、アレクサンダー・クリストフが追い込むが~。

 

マーク・カヴェンディシュがゴールに駆け込んだ~!

マーク・カヴェンディシュは、完璧なゴールスプリントで、今シーズンの3勝目だ。さらに、これでキャリア159勝目。

アンドレ・グライペルの158勝を抜いた。マーク・カヴェンディシュは、伝説をさらに塗り替えていく。

次は歴代3位のロジェ・デ・フラーミンの164勝だが、すでに射程圏内だ。

 

  1. 283 – エディ・メルクス(Eddy Merckx)
  2. 166 – マリオ・チッポリーニ(Mario Cipollini)
  3. 164 – ロジェ・デ・フラーミン(Roger De Vlaeminck), リック・ファンローイ(Rik Van Looy)

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

マーク・カヴェンディシュのコメント

本当に幸せだ。再びモルコフに戻った。チームにダイヤルした。ダイヤルインする必要があるワンデーレースでは、チャンスが1つある。

これまで見てきたように素晴らしい。ミラノ〜トリノで初めてレースして勝利したのでとても幸せだ。

ここは、明らかに通常は丘陵のレースだ。だから、歴史の中で見たライダーの隣に私の名前を見るのは非常に特別だ。

 

RnkRiderTeamUCITime
1
 CAVENDISH Mark
Quick-Step Alpha Vinyl Team2004:31:22
2
 BOUHANNI Nacer
Team Arkéa Samsic150,,
3
 KRISTOFF Alexander
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux125,,
4
 KANTER Max
Movistar Team100,,
5
 SAGAN Peter
TotalEnergies85,,
6
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team70,,
7
 MØRKØV Michael
Quick-Step Alpha Vinyl Team60,,
8
 WURF Cameron
INEOS Grenadiers50,,
9
 CONSONNI Simone
Cofidis40,,
10
 GIRMAY HAILU Biniam
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux35,,
11
 MOLANO Juan Sebastián
UAE Team Emirates30,,
12
 FIORELLI Filippo
Bardiani-CSF-Faizanè25,,
13
 DAINESE Alberto
Team DSM20,,
14
 SAJNOK Szymon
Cofidis15,,
15
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team100:04
16
 GROSU Eduard-Michael
Drone Hopper – Androni Giocattoli5,,
17
 EINHORN Itamar
Israel – Premier Tech5,,
18
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech50:06
19
 MARECZKO Jakub
Alpecin-Fenix5,,
20
 TAGLIANI Filippo
Drone Hopper – Androni Giocattoli5,,

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました