ロードバイクの情報を発信しています!

2022 グランプリ・ド・フルミー フランスのワンデーレースを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: thierry llansades on VisualHunt
この記事は約12分で読めます。

フランスのワンデーレース、GP ドゥ フルミー/ラ・ヴォワ・デュ・ノール。GP de Fourmies / La Voix du Nord(1.Pro)

1928年から始まっており、最も歴史の長いレースの一つ。フルミーグランプリとも呼ばれている。

  • 2021    エリア・ヴィヴィアーニ
  • 2019 パスカル・アッカーマン
  • 2018 パスカル・アッカーマン
  • 2017   ナセル・ブアニ
  • 2016 マンセル・キッテル
  • 2015  FELLINE Fabio
  • 2014  VAN GENECHTEN Jonas
  • 2013 ナセル・ブアニ
  • 2012  BAK Lars Ytting
  • 2011     BLOT Guillaume

 

スポンサーリンク

フルミー~フルミー 197.6km

コースマップ photo grandprixdefourmies

 

フルミーはベルギー国境から数キロ。そのため過去優勝者にはベルギー人も多い。コースは2つのループで構成される。

最初のループの長さは34.5kmで、ライダーは2つのスロープを通過する。コートボケ(1.6km・3.6%)とサクレクール(0.7km・3%)は、3回クリアーしなければならない。

さらに、ゴールのフルミー前には、9kmのローカルラップを6周。最後は間違いなくスプリントだ。

 

  1. スプリントポイント  フルミーfinish line
  2. スプリントポイント  Avesnes-Helpe
  3. 山岳ポイント コートボケ 1.6km・3.6%
  4. 山岳ポイント サクレクール 0.7km・3%
  5. 山岳ポイント コートボケ 1.6km・3.6%
  6. 山岳ポイント サクレクール 0.7km・3%
  7. 山岳ポイント コートボケ 1.6km・3.6%
  8. 山岳ポイント サクレクール 0.7km・3%
  9. スプリントポイント Treion
  10. 山岳ポイント フルミー 0.4km・5.8%
  11. スプリントポイント Lap1

 

注目のライダーは

  •  Cofidis マキシミリアン・ヴァルシャイド
  •  UAE Team Emirates フェルナンド・ガビリア、マルク・ヒルシ
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux アレクサンダー・クリストフ、タコ・ファンデルホールン、クイントン・ヘルマンス
  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team ファビオ・ヤコブセン、イヴ・ランパールト
  •  Groupama – FDJ マルク・サロー
  •  Alpecin-Deceuninck ヤコブ・マレツコ
  •  Team Arkéa Samsic ユーゴ・オフステテール、アモリ・カピオ
  •  Lotto Soudal カレブ・ユアン、アルノー・デライ
  •  AG2R Citroën Team オリバー・ナーセン
  •  Trek – Segafredo マッティオ・モスケッテイ
  •  Team BikeExchange – Jayco ディラン・フルーネウェーヘン
  •  TotalEnergies エドヴァルド・ボアッソンハーゲン
  •  Israel – Premier Tech リック・ツァベル
  •  EF Education-EasyPost オウィエン・ドゥール

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

女子レースに続いて男子もスタート。

 

5人のに逃げ

逃げのスペシャリスト、タコ・ファンデルホールンが入っている。

  1. タコ・ファンデルホールン Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  2. BLOUWE Louis(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  3. FRETIN Milan(Sport Vlaanderen – Baloise)
  4. JARNET Maxime(Go Sport – Roubaix Lille Métropole)
  5. DEBEAUMARCHÉ Nicolas(St Michel – Auber93)

 

集団牽引はTeam BikeExchange – Jayco、Lotto Soudal、Cofidis、AG2R Citroën Team。タイム差は残り77.8kmで1分56秒。

先頭を引いているのはHuman Powered Healthのコンチネンタルで走っているマルセリ・ボグズワフスキ。8月1日からTeam BikeExchange – Jaycoのテスト生だ。

 

タコ・ファンデルホールンは、プリムス・クラシックを経てオランダ代表として世界選手権ロードに出場する。今日も調整レースかな。

 

Lotto Soudalは、カレブ・ユアンとアルノー・デライの二人でスプリントを狙う。カレブ・ユアンが最後まで残れるとスプリントを狙うだろう。

 

二人が追走に出た。

  1. ROBEET Ludovic(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  2. JAUREGUI Quentin(B&B Hotels – KTM)

 

山岳ポイント フルミー 0.4km・5.8%

先頭は山岳ポイントに。

 

ここから残り5周回となる。

 

追走の二人は1分40秒差で通過。集団とは20秒しか離れていないので、先頭まで追いつくには相当頑張らないといけない。

 

残り49.3kmでタイム差は追走と1分36秒。メイン集団とは2分5秒。

 

タコ・ファンデルホールンは、どこからベースアップしていくのだろう。

 

追走の二人は話合っている。諦めたようだ。すぐに吸収された。

 

EF Education-EasyPostも集団牽引にメンバーを送る。

 

スプリントポイント 残り4周

1分46秒差でスプリントポイント通過。

 

先頭から一人切れた。これで4人に。

 

残り37.2kmで1分31秒に。

 

先頭は4人となってしまったので、やはり影響があるだろう。

 

残り3周

残り3周回。1分21秒に。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamもようやく先頭に上がってきた。

 

残り2周

先頭4人は、35秒と迫られてきた。

 

集団もゴールラインを越えていく。これはアタックではなくてボトルを貰うために前に出ただけ。

 

集団先頭はAG2R Citroën Teamが固める。後ろはQuick-Step Alpha Vinyl Teamだ。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamがペースを上げる。

 

残り13.2kmで15秒まで迫られた。

 

残1周

残り1周。タイム差は15秒だ。

 

集団からTotalEnergiesのサンディ・デュジャルダンがアタック!

だが、これは捕まってしまう。

 

先頭は3人に。

  1. タコ・ファンデルホールン Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  2. BLOUWE Louis(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  3. DEBEAUMARCHÉ Nicolas(St Michel – Auber93)

 

残り5.8kmで10秒差に。

 

後ろに集団が見えてきた。

 

残り4km。タコ・ファンデルホールンが先頭で引いて粘る。

 

残り3.5kmで真後ろに。

 

3人は残り3.3kmで吸収された。

 

残り3.1kmでLotto Soudalが先頭に。

 

おっと後方で落車が。Lotto Soudalのアルノー・デライも落車してしまった。

 

スプリントに向けての位置取りだ。かなり人数が減ってしまった。Quick-Step Alpha Vinyl Teamのファビオ・ヤコブセンも姿が見えない。

 

Lotto Soudalのロジャー・クルーゲが先頭。その後ろはジャスパー・デブイストだ。

 

カレブ・ユアンはしっかりとついている。

 

あっと、少し接触があったが落車はしない。

 

残り1kmを切ってLotto Soudalが先頭。

 

カレブ・ユアンはジャスパー・デブイストに引かれている。

 

ゴール前に帰ってきた。

 

Team BikeExchange – Jaycoのディラン・フルーネウェーヘンが先頭でカーブを曲がる。

 

ディラン・フルーネウェーヘンをTeam Arkéa Samsicのアモリ・カピオとカレブ・ユアンが追い込む!

 

Team BikeExchange – Jaycoのディラン・フルーネウェーヘンとカレブ・ユアンのガチンコ勝負だ!

 

ディラン・フルーネウェーヘンをカレブ・ユアンが追い込む!

 

カレブ・ユアンがディラン・フルーネウェーヘンを破った~!

ドイツツアー第2ステージで優勝したけど、第4ステージでリタイヤ。このフランスのワンデーレースで見事にチームの期待に応えて見せた。

しかも、ディラン・フルーネウェーヘンを破っての勝利は格別だろう。これでカレブ・ユアンは貴重な200UCIポイントを獲得した。

 

スポンサーリンク

リザルト

カレブ・ユアンのコメント

Lotto Soudalは、降格ラインの下におり、Movistar Team、EF Education-EasyPost、Team BikeExchange – Jaycoなどに追いつくためにポイントを獲得しないといけませんね。今日の勝利は大きかったのでは?

今、私たちが勝ち点を追いかけているのは周知の事実だ。ここに何人いるかわからないが、ワンデーレースとしては多い方だ。

ポイントを獲得できたことは嬉しいが、とにかく今日の勝利に満足している。

ゴールから3km手前で落車がありましたが、ディラン・フルーネウェーヘンを破りましたね。

チームは素晴らしい仕事をしてくれて、僕のためにすべてをコントロールしてくれたんだ。

クラッシュでは、アルノー・デライが欠場したため、すべてのボールは貴方に託されました。

ジャスパー・デブイストは早い段階で前に出なければならなかったが、彼はそれを見事にやってのけた。長いターンの後、200m地点で良いポジションにつけてくれた。

彼なしではうまくいかなかったと思うので、彼とチームに大いに感謝している。次のレースはカンピウンスハップ・ファン・フラーンデレンで、そのあとはベルギーのワンデーレースに参加する予定だ。

RnkRiderTeamUCITime
1
 EWAN Caleb
Lotto Soudal2004:27:07
2
 GROENEWEGEN Dylan
Team BikeExchange – Jayco150,,
3
 CAPIOT Amaury
Team Arkéa Samsic125,,
4
 OLDANI Stefano
Alpecin-Deceuninck100,,
5
 TESSON Jason
St Michel – Auber9385,,
6
 LAMPAERT Yves
Quick-Step Alpha Vinyl Team70,,
7
 SIMON Julien
TotalEnergies60,,
8
 SARREAU Marc
AG2R Citroën Team50,,
9
 LIEPIŅŠ Emīls
Trek – Segafredo40,,
10
 MOZZATO Luca
B&B Hotels – KTM35,,
11
 KRIEGER Alexander
Alpecin-Deceuninck30,,
12
 DUPONT Timothy
Bingoal Pauwels Sauces WB25,,
13
 WALSCHEID Max
Cofidis20,,
14
 VERMEULEN Emiel
Go Sport – Roubaix Lille Métropole15,,
15
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech10,,
16
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies5,,
17
 WELTEN Bram
Groupama – FDJ5,,
18
 TROIA Oliviero
UAE Team Emirates5,,
19
 GUÉGAN Maël
Team U Nantes Atlantique5,,
20
 ALLEGAERT Piet
Cofidis5,,
21
 VERNON Ethan
Quick-Step Alpha Vinyl Team5,,
22
 MORIN Emmanuel
Team U Nantes Atlantique5,,
23
 HARDY Romain
Team Arkéa Samsic5,,
24
 DE BUYST Jasper
Lotto Soudal5,,
25
 GRONDIN Donavan
Team Arkéa Samsic5,,
26
 MAURELET Flavien
St Michel – Auber935,,
27
 COLMAN Alex
Sport Vlaanderen – Baloise5,,
28
 SAJNOK Szymon
Cofidis5,,
29
 NAESEN Oliver
AG2R Citroën Team5,,
30
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ5,,

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました