ロードバイクの情報を発信しています!

BHから高速エアロカーボンロードの2022 BH Aerolight登場

機材情報
photo bhbikes.ocm
この記事は約6分で読めます。

BHは、軽量クライマー、高速エアロカーボンロード、さらにはタイムトライアルバイクの最高のものを、2022 BH Aerolightという1つの新しい究極のロードバイクに統合した。

軽いエアロカーボンフレームといくつかのユニークな新しいシェイプを備えた、再成形されたBH Aerolightは、すべてのライドでより速く走りたいローディーにとって完璧なオールラウンダーになることを目指している。

 

スポンサーリンク

2022 BH Aerolight

こちらはプロモーションビデオ
AEROLIGHT | Speed up your ride

 

新しいAerolightを開発するとき、明確な目標を持って行われた。

それは、空力ラインを備えたフレームを作成し、軽量と高レベルの剛性を維持すること。これは、あらゆる競技用バイクの重要な機能となる。

カーボンレイアップは完全に最適化されており、各ポイントの厚さは、可能な限り最高の剛性対重量比を達成するために研究されている。

 

photo bhbikes.ocm

 

新型Aerolightは、BHのフレーム重量750g以下の「Ultralight EVO」の最新の軽量カーボン技術と、実績のあるロードバイク「G8」の万能なエアロインテグレーションをミックスしたようなモデルとなっている。

 

BH社では、この新型Aerolightを、エアロダイナミクスと軽量性のみを追求して開発されたロードバイクの集大成と呼んでおり、1kg未満のエアロディスクブレーキを搭載したレース用バイクの最新作となっている。

 

photo bhbikes.ocm

 

新型Aerolightは、Kammテールチューブプロファイル、ドロップシートステー、セミインテグラルシートマスト、完全に統合されたケーブルルーティングなど、G7/G8のシェイプをさらに進化させている。

さらに、乱流による抵抗を軽減するために、フォークレッグを劇的にスイープさせ、ヘッドチューブを球根状にしてトップチューブをより水平にし、リアアクスルの手前でチェーンステーを水平にするなど、新しいエアロバイクを誕生させた。

 

photo bhbikes.ocm

 

BHは、新しいフロントエンドデザイン「Air Bow」がバイクを速くする鍵だと言う。

横から見ると、フォークの脚がクラウンから前に出ているように見えるが、これはスポークから吹き出す乱流からフォークを遠ざけ、ホイール、フォーク、ダウンチューブの間で乱流がより自由に行き交う空間を作るというコンセプトに基づいている。

副次的な効果として、振動の減衰も改善される。

 

photo bhbikes.ocm

 

BHによると、リアホイールにも同様の改良を加えたAerolightは、同じような外観を持つG8と比べて15.9%もの抵抗を削減し、レーススピードで5Wの節約になるという。

 

photo bhbikes.ocm

 

新しいBH Aerolightは、ウルトラライトEVOに採用されている最高スペックのHCIMホローコア・カーボン技術を用いて、フレーム(M)の重量がわずか950gであることを主張している。

 

photo bhbikes.ocm

 

最近デビューした他のロードバイクと同様に、Aerolightは完全にケーブルを統合。オーバーサイズのFSA ACR 1.5″ヘッドセットシステムを使用した油圧ディスクブレーキ用の完全なインターナルケーブルルーティングを備えている。

すべての完成車には、ケーブルをすっきりとセットアップできるワンピースコックピットも装備されている。

Aerolightには、G7の次世代型の一体型セミシートマストが採用されており、短くなったエアロシートポストのための隠れたウェッジクランプを備えている。また、後ろから装着できるエアロテールライトを採用し、視認性を高めている。

 

photo bhbikes.ocm

 

新しいバイクには、フラットマウントディスクブレーキ、BHの隠れたクイックリリースレバーを備えた12mmスルーアクスル、BB386 EVOボトムブラケット、30mmのクリアランスを持つ28mmタイヤを採用している。

 

photo bhbikes.ocm

 

さらに、シートとダウンチューブの空力的な形状にシームレスに統合されたエアロウォーターボトルとケージのセットが付属。また、ボトルの下に収まるツールボックスが付属しており、修理の際に重要なスペアを収納することができるようになっている。

 

AEROLIGHT 7.5 photo bhbikes.ocm

 

2022 BH Aerolightは、コンボとホイールの違いにより4種類で展開。いずれもディスクブレーキモデルのみで、コンポは電子式のみの高価な仕様となっている。

トップスペックのAEROLIGHT 7.5には、SRAM Red eTap AXS 2×12グループ、Red AXSパワーメータークランク、Zipp454ホイールを装備。

 

  1. AEROLIGHT 7.5 SRAM Red eTap・Zipp454  価格11.999,90£(約166万円)
  2. AEROLIGHT 7.0   Shimano Dura-Ace Di2・BH EVO50ホイール 価格9000£(約135万円)
  3. AEROLIGHT 6.5  Shimano Ultegra Di2・VisionTC55ホイール  価格6500€(約97万円)
  4. AEROLIGHT 6.0  SRAM Rival eTap・VisionTrimax35ホイール 価格5300€(約80万円)

 

新しいバイクの入手可能性はサイズと仕様によって異なり、最初のバイクは9月の第1週から入手可能となる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました