ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ロマンディ第4ステージ ゴール直前でまさかゲラント・トーマスが~

海外情報
Photo credit: rouilleralain on VisualHunt
この記事は約12分で読めます。

第3ステージでは、大雨により逃げていたシュテファン・キュングは落車するは、リーダージャージのローハン・デニスも落車してしまう。

第3ステージで逃げ切ったモビスターは、マルク・ソレルのリーダージャージを守らないといけない。

逆にイネオスはアシストを温存したまま最後の1級山岳の勝負の時まで待っていれば良い状態。

タイム差は、2位のゲラント・トーマスと3位のリッチー・ボートと14秒のタイム差しかない。ただ、天候が午後から崩れるということで2時間早くスタートしている。

この天候の悪化がどうレースに影響するだろうか?

 

スポンサーリンク

第4ステージ シオン~ティヨン2000 161.3km

第4ステージ photo tourderomandie

 

合計で、第4ステージには5つの登りがあり、そのうち3つは前半に出てくる。

最初のシャモソンの登りは短い。2kmで7%の3級山岳。その後、アンゼールとレンズの登りが待っている。本当の決勝は、その日の最後から2番目の登りが始まる103km後に始まる。

スエンの1級山岳は、ゴール手前40kmにある。最後の決戦はスキーリゾートティヨン 2000に向かって登るコース。

21kmの長さの山は、ライダーを海抜2090mまで登らせる。雪が降ってないといいですけどね。

 

7人の逃げ

昨日落車したシュテファン・キュングは無事にスタートする。擦過傷は凄いでしょうね。

 

レースは2時間早くスタート。先頭付近にはモビスターが並んでいた。

 

 

スタートから30kmほどで逃げが決まる。

  1. マグナス・コルトニールセン (EF Education – Nippo)
  2. シモーネ・ペティリ (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  3. マシュー・ホームズ Matthew (Lotto Soudal)
  4. コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)
  5. マッズ・ウルスシュミット (Israel Start-Up Nation)
  6. ヨセフ・チェルニー (Deceuninck – Quick Step)
  7. PELLAUD Simon (Swiss Cycling)

 

昨日も最後まで逃げていたコービー・ホーセンス (Lotto Soudal)が逃げに入っている。コービー・ホーセンスは山岳賞狙いだ。

 

リーダージャージのマルク・ソレルのためにモビスターが集団を引く。

 

先頭集団は少しずつ人数を減らしていく。マッズ・ウルスシュミット (Israel Start-Up Nation)も1級山岳で遅れてしまう。

 

ここでスエンの1級山岳下りからは、雨と濃霧で前が見えない。気温は2度まで下がってしまい、雨からみぞれのようになっている。

主催者は1級山岳の下りから、危険回避のためにレースをニュートラルとした。

 

最後の1級山岳ティヨン 2000に向かってレース再開といった感じだ。ここまで山岳ポイントを集めていたコービー・ホーセンス (Lotto Soudal)はすぐに遅れてしまう。

お仕事終了だ。

 

マグナス・コルトニールセン (EF Education – Nippo)とシモーネ・ペティリ (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)が先頭集団を破壊させる。

 

残り18.2kmですでに二人が先頭集団から抜け出している。

 

集団はマルク・ソレルを守りモビスターが引く。イネオスはその後ろで待機だ。

 

二人は、残り13.8kmでタイム差を5分30秒持っている。結構いいペースだが、どこまで逃げられるだろうか?

 

残り13.2kmでイネオスが前に出てくる。マルク・ソレルはしっかりと前に位置している。

 

残り9.3kmだがイネオスとモビスターが引く展開だ。昨日落車したローハン・デニスがしっかりと前で引いている。

 

残り9.1kmでマグナス・コルトニールセン (EF Education – Nippo)がダンシングでシモーネ・ペティリ (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)を引き離す。

 

マグナス・コルトニールセンは、メイン集団に4分のタイム差をつけて単独トップとなる。

 

 

集団はイネオスが引き始める。まずはエディ・ダンパーだ。

 

ローハン・デニスが引き始めて、次々に逃げ集団のメンバーを吸収していく。

 

ラスト4.7kmでルーカス・ハミルトン(Team BikeExchange)がアタックだ。

 

このアタックで、ローハン・デニスが集団から脱落。昨日の落車でケガをしているだろうに素晴らしい働きだ。

 

マイケル・ウッズがアタックをかけて、ルーカス・ハミルトンに追いつく。

 

マイケル・ウッズは加速して、ルーカス・ハミルトンを引き離す。

 

マイケル・ウッズは単独で前を追う。

 

後ろからベン・オコナー(AG2R Citroën Team)が追いついてきた。だが、マイケル・ウッズはベン・オコナーも引き離してしまう。凄いパワーだ。

 

シモーネ・ペティリ (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)がマグナス・コルトニールセンを抜き返した。

 

マイケル・ウッズは先頭のシモーネ・ペティリ (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)を抜いていく。これで逃げは全て吸収された。

 

マイケル・ウッズは完全に単独となる。

 

ゲラント・トーマスがメイン集団から抜け出し初めている。ファウスト・マスナダも抜いていく。

 

前を走っていた、ベン・オコナーも抜いて、ゲラント・トーマスが単独2位となる。

 

前を走るマイケル・ウッズとは14秒のタイム差だ。

 

ゲラント・トーマスはマイケル・ウッズに追いつく。後ろはベン・オコナーが単独で追っている。

 

マルク・ソレルは44秒後ろに位置している。リッチー・ボートがマークしている状態だ。このまま行くとゲラント・トーマスが総合トップになる。

 

マイケル・ウッズは前に出ない。これは最後にチョイ差しのバターンか?

 

マイケル・ウッズが前に出た。

 

ゲラント・トーマスが抜き返えしてスパートしようとした時に、なんと滑ってしまう!

 

これは痛い!   ゲラント・トーマスはすぐに立ち上がるが、ベン・オコナーにも抜かれてしまう。

 

マイケル・ウッズは単独でゴールとなった。アタックは素晴らしかったし、ゲラント・トーマスの引きにも負けていなかった。

最後はトーマスの落車によって勝利を得る形となったが、走りは申し分ない。ツール・ド・フランスでは上位に間違いなく食い込んでくるだろう。

 

 

この落車によってゲラント・トーマスはマイケル・ウッズから21秒も遅れてしまう。この落車がなければ総合トップだったのに残念。

ゲラント・トーマスが奇妙な落車をした理由はまた別記事で。

 

リーダージャージのマルク・ソレルは、リッチー・ボート、ヨン・イサギレ、ダミアーノ・カルーゾのグループでゴール。

最後は力尽きて、残念ながらリーダージャージのキープは出来なかった。途中アタックもかけていたし、この気温と悪天候では粘ることが出来なかったか。

 

こちらはハイライト動画
Tour de Romandie 2021 | Stage 4 Highlights | inCycle

 

リザルト

第4ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation60504:58:35
2 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team25300:17
3 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers10180:21
4 HAMILTON LucasTeam BikeExchange 130:34
5 MASNADA FaustoDeceuninck – Quick Step 100:37
6 PORTE RichieINEOS Grenadiers 70:42
7 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech 4,,
8 CARUSO DamianoBahrain – Victorious 30:52
9 SOLER MarcMovistar Team 20:53
10 ARENSMAN ThymenTeam DSM 11:57

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
116▲15 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation1017:37:35
22 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers 0:11
317▲14 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team 0:21
41▼3 SOLER MarcMovistar Team 0:33
53▼2 PORTE RichieINEOS Grenadiers 0:36
614▲8 MASNADA FaustoDeceuninck – Quick Step 0:45
711▲4 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech 0:48
821▲13 HAMILTON LucasTeam BikeExchange 0:49
919▲10 CARUSO DamianoBahrain – Victorious 1:04
107▼3 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe 1:58

ステージ1位となったマイケル・ウッズが総合トップに。ゲラント・トーマスはゴール前の落車が痛かった。

ステージ2位となったベン・オコナーも一気に3位浮上だ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious98
24▲2 CORT MagnusEF Education – Nippo76
32▼1 SAGAN PeterBORA – hansgrohe70
43▼1 SOLER MarcMovistar Team66
511▲6 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers47
615▲9 PORTE RichieINEOS Grenadiers37
75▼2 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates36
846▲38 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation32
96▼3 DENNIS RohanINEOS Grenadiers30
107▼3 BOARO ManueleAstana – Premier Tech30

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
14▲3 GOOSSENS KobeLotto Soudal48
21▼1 SUTER JoelSwiss Cycling43
312▲9 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers34
42▼2 VILLELLA DavideMovistar Team34
53▼2 TAARAMÄE ReinIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux26
6  PELLAUD SimonSwiss Cycling25
75▼2 TOLHOEK AntwanTeam Jumbo-Visma20
86▼2 BOARO ManueleAstana – Premier Tech19
924▲15 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation18
107▼3 POWER RobertTeam Qhubeka ASSOS14

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
13▲2 ARENSMAN ThymenTeam DSM17:39:38
24▲2 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo1:34
32▼1 VAN WILDER IlanTeam DSM4:16
47▲3 LEEMREIZE GijsTeam Jumbo-Visma8:49
55 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team11:44
69▲3 GALL FelixTeam DSM11:49
76▼1 TIBERI AntonioTrek – Segafredo12:57
81▼7 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates19:21
911▲2 KRON AndreasLotto Soudal25:44
1010 COVI AlessandroUAE-Team Emirates28:07

※ハイライト動画はのちほど追加予定

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました