ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ロマンディ第3ステージ 大雨のステージで最後は大波乱の展開に~

海外情報
Photo credit: justinvandyke on Visualhunt
この記事は約13分で読めます。

第2ステージは最後に1級山岳が登場したけど、総合順位の変動を伴うほどの争いにはならなかった。

リーダージャージのローハン・デニス一人が逃げを捕まえ、ゴールまで引いていけば順位の変わりようもない。

多分土曜日まではジャージをキープ出来るはず。

今日も3級山岳が6回出てくるが、ゴールはスプリンターの戦いとなるだろう。サガン登場かな。

 

スポンサーリンク

エスタヴァイエ~エスタヴァイエ 168.7 km

第3ステージ photo tourderomandie

 

高低図を見ると、凄い山岳に見えるけど最初の登りには等級もついていない。25kmかけて200mの勾配を上がっている。

その後は、34kmの周回コースを回る。3級山岳を6回登ることになる。

シャブル(5.1%で1.8 km)を登り、すぐにレグランジ(7.9%で2.5 km)を連続して登る。短いが最後は急こう配だ。

最後の登りの頂上はフィニッシュから9km。ヌーシャテル湖のほとりでフィニッシュまで下がるだけなので、速い決勝となるだろう。

第1ステージと同じような感じかな。そうなると最後はサガン対ソンニ・コルブレッリの戦いとなるかもしれない。

 

昨日2位のパトリック・ペヴィンがDNS

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Israel Start-Up Nation(@teamisraelsun)がシェアした投稿

 

理由はわからないが、昨日の第2ステージで2位となっていた、パトリック・ペヴィン(Israel Start-Up Nation)がまさかのDNS。

ここまでプロローグ16位、第1ステージ3位、第2ステージ2位とスプリントでも順調に順位を上げていたのに何故なんだろうか??

さらに、ディラン・サンダーランド(Qhubeka ASSOS)とロマン・シーグル(Groupama-FDJ)もDNS。

ロマン・シーグルは2年の延長契約を発表したばかりだけど、本日のDNSの理由はわからない。

 

逃げは7人

 

放送はラスト70kmから。すでにローカルラップの3周に入っている。メイン集団とは2分のタイム差。

逃げには、2020世界選手権TT3位のシュテファン・キュングに、パリ~ニース第3ステージのTTでプリモッシュ・ログリッチも破ったシュテファン・ビッセガーも入っている。

少しでも気を抜くと逃げ切ってしまうメンバーなのでメイン集団も大変だ。

  1. コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)
  2. harlie Quarterman(Trek – Segafredo)
  3. サンデル・アルメ (Team Qhubeka ASSOS)
  4. シュテファン・ビッセガー (EF Education – Nippo)
  5. ヨハン・ヤコブス (Movistar Team)
  6. ュテファン・キュング(Groupama – FDJ)
  7. Mathias Reutimann(Swiss Racing Academy)

 

レースは雨が降っており、みんなレインジャケットなどを羽織っている。現在の先頭はオウェイン・ドゥール。

 

レース主催者のツイートによると

 

この天候のために、明日のクイーンステージは2時間早くスタートするとレース主催者から発表されている。悪天候が予想されるためだ。

まあ、スキー場に登っていくので、雪になるかもしれないですからね。

 

2周目の登りに入り、イネオスはフィリッポ・ガンナが引いていく。残り50kmを切ってタイム差は1分16秒差となる。

 

先頭集団は登りで人数を減らしていく。スイスチームのMathias Reutimann(Swiss Racing Academy)も切れていく。

スイスレーシングアカデミーのコーチはファビアン・カンチェラーラだ。逃げているシュテファン・ビッセガー (EF Education – Nippo)はアカデミーからプロとなった第1号だ。

 

先頭は4人となっている。

  1. コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)
  2. シュテファン・ビッセガー (EF Education – Nippo)
  3. ヨハン・ヤコブス (Movistar Team)
  4. シュテファン・キュング(Groupama – FDJ)

 

やはり、TTスペシャリストが二人入っていると速い。再びタイム差を2分以上に広げた。集団先頭はイネオスに変わって BORAが二人だして追い始めた。

残り42.3kmで2分14秒。ギアが大写しになったが、シュテファン・キュングはアウタートップで回しあげている。全開だ。

 

残り28.7kmでタイム差は2分9秒ある。残りの3級山岳の頂上からは下りなので、集団は追いつくのにリスクをおかすとはあまり考えれない。

あと20km我慢して、最後の頂上を越えれば逃げ切れるかもしれない。

  • コービー・ホーセンス (Lotto Soudal) 45位 1分19秒遅れ
  • シュテファン・キュング(Groupama – FDJ) 46位 1分19秒遅れ

二人は今、バーチャルリーダーだ。逃げ切れば一気に総合順位を上げてくる。

 

スプリンターチームは、全開で追うがTTスペシャリスト2人を含む逃げが相手では、タイム差が縮まらない。

 

BORAは3人で全開で引いて、ようやくタイム差を1分17秒まで縮める。残り20.7kmで捕まえられるか?

 

最後から2番目の3級山岳にはいる。最後尾のシュテファン・ビッセガー (EF Education – Nippo)が切れてしまう。

 

シュテファン・キュングが先頭に立って引くが、タイム差が22秒まで縮まってきた。登りは流石にきついか。

コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)と二人になる。

 

あ~。下りで、中央のラインを踏んだ時に、シュテファン・キュングが落車してしまう。かなり慎重に下っていたけど、これは仕方ない。

かなり滑ってしまったが、なんとか走り出した。

 

後方では登りでアタックがかかり始める。

 

コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)は一人で最後の3級山岳を上がっている。38秒のタイム差があるが、一人では逃げ切るのは難しい。

すでにシュテファン・キュングは集団に捕まっている。

 

コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)はラスト10.3kmで捕まってしまう。

 

なんと、ローハン・デニスが落車している。これは痛い。すでに集団と差がついており追いつくのは難しいかも。リーダージャージも手放さないといけなくなるか?

 

マルク・ソレルが頂上手前でアタックだ。残り10kmあまりを逃げ切れるか?

 

反応している選手は一人だけだ。

 

アスタナのヨン・イサギレが単独2位で追っている。

 

マルク・ソレルはタイム差を開きつつある。これは逃げ切れそうだ。

 

後方もバラバラだ。

ヨン・イサギレはゲラント・トーマスとリッチー・ボートに追いつかれた。

 

後方は一塊に戻るがこれは追いつかない。すでに残り2.7kmで25秒も離れている。

 

マルク・ソレルは逃げきり確定だ。

 

マルク・ソレルのこのボーズはなんだろうか?

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第2ステージでも、下りの前からアタックをかけて約12kmを逃げきっている。

今回も、大雨で皆が追うのをためらう中を見事に逃げ切った。まさか、このステージでこんな結末が待っているとは~。

なんと、マルク・ソレルは一気に総合でもトップに立ってしまう。クイーンステージを前にしてスプリンターの争いとなると思われたが悪天候で全てが変わってしまった。

 

追記

マルク・ソレルがゴールのボースについて教えてくれている。

この勝利にとても満足している。まず第一に、長年のチームドクター、ステージ中に亡くなったジェスス・ホヨス(Jesús Hoyos)を思い出したい。
この勝利を彼に捧げたい。悲しいことに、末期の病気のためにわずか数週間で彼を失った。チーム全体にとって本当に悲しいことだ。

マルク・ソレルは、静かなジェスチャーで唇を指で越えてフィニッシュラインを通過している。

 

このステージでスプリント勝利を狙っていたサガンは、ソンニ・コルブレッリは抑えたが、マグナス・コルトニールセンは捕まえられなかった。

 

こらちはハイライト動画
Tour de Romandie 2021 | Stage 3 Highlights | inCycle
Catch up with all the action from Stage 3 of the Tour de Romandie 2021!Subscribe for more from inCycle:

 

リザルト

第3ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 SOLER MarcMovistar Team60503:58:35
2 CORT MagnusEF Education – Nippo25300:22
3 SAGAN PeterBORA – hansgrohe1018,,
4 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious 13,,
5 IZAGIRRE GorkaAstana – Premier Tech 10,,
6 ULISSI DiegoUAE-Team Emirates 7,,
7 VAN WILDER IlanTeam DSM 4,,
8 KUSS SeppTeam Jumbo-Visma 3,,
9 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech 2,,
10 COSTA RuiUAE-Team Emirates 1,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
123▲22 SOLER MarcMovistar Team 12:38:40
23▲1 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers 0:14
34▲1 PORTE RichieINEOS Grenadiers ,,
45▲1 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious ,,
56▲1 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates 0:16
68▲2 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step 0:20
79▲2 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe 0:21
810▲2 VAN WILDER IlanTeam DSM ,,
911▲2 KUSS SeppTeam Jumbo-Visma ,,
1012▲2 COSTA RuiUAE-Team Emirates 0:24

ゲラント・トーマスとリッチー・ボートが14秒差で2位と3位につける展開に。リーダージャージだった、ローハン・デニスは落車で1分22秒遅れの45位で帰ってきて、総合22位まで落ちてしまう。

これは本当に残念なことだ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious98
22 SAGAN PeterBORA – hansgrohe70
333▲30 SOLER MarcMovistar Team57
417▲13 CORT MagnusEF Education – Nippo46
54▼1 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates36
65▼1 DENNIS RohanINEOS Grenadiers30
76▼1 BOARO ManueleAstana – Premier Tech30
816▲8 ULISSI DiegoUAE-Team Emirates30
914▲5 VAN WILDER IlanTeam DSM29
1015▲5 BISSEGGER StefanEF Education – Nippo27

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 SUTER JoelSwiss Cycling38
22 VILLELLA DavideMovistar Team34
33 TAARAMÄE ReinIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux26
4  GOOSSENS KobeLotto Soudal25
54▼1 TOLHOEK AntwanTeam Jumbo-Visma20
65▼1 BOARO ManueleAstana – Premier Tech19
76▼1 POWER RobertTeam Qhubeka ASSOS14
87▼1 DENNIS RohanINEOS Grenadiers12
9  KÜNG StefanGroupama – FDJ12
108▼2 ARENSMAN ThymenTeam DSM11

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates12:38:56
22 VAN WILDER IlanTeam DSM0:05
33 ARENSMAN ThymenTeam DSM0:10
44 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo0:16
55 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team0:17
66 TIBERI AntonioTrek – Segafredo1:55
77 LEEMREIZE GijsTeam Jumbo-Visma2:07
88 HÄNNINEN JaakkoAG2R Citroën Team6:55
99 GALL FelixTeam DSM7:38
1010 COVI AlessandroUAE-Team Emirates11:18

※ハイライト動画はのちほど追加予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました