ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ロマンディ第1ステージ スプリンターステージを制したのはサガンか?

海外情報
Photo credit: bahn.photos on VisualHunt
この記事は約11分で読めます。

プロローグでは、イネオスが表彰台を独占するという圧倒的な勝利を収めた。

今日から、ローハン・デニスがリーダージャージとなる。第1ステージはスプリンターステージなので総合の変動はないだろう。

イネオスもローハン・デニスのジャージを守る走りをするはずだ。

 

スポンサーリンク

第1ステージ エーグル~マルティニー  168.1km

第1ステージ photo tourderomandie

 

全部で9か所の3級山岳をこなすコース。最初の3級山岳は2.4kmで8.3%。かなり急こう配。

続く4周のローカルラップでの3級山岳は登坂距離2.6km・平均勾配7.2%と、登坂距離2.1km・平均勾配6.2%が連続する。

短いけれども勾配が結構あるので最後の3級山岳とかではパンチャーが逃げ出すだろう。だけど、ゴールまで22kmあるのでスプリンターチームが捕まえに動くはずだ。

スプリンターで抜け出ているのは、サガンとエリア・ヴィヴアーニとなる。それぞれ今シーズン1勝しており、どちらかが勝利をあげる可能性は高い。

 

逃げは7人

リーダージャージのローハン・デニスはスタート前からご機嫌だ。

 

2位となったゲラント・トーマス。

今回のイネオスのメンバーは

  1. ゲラント・トーマス
  2. アンドレイ・アマドール
  3. ローハン・デニス
  4. オウェイン・ドゥール
  5. エディ・ダンパー
  6. フィリッポ・ガンナ
  7. リッチー・ボート

このメンバーを倒せるチームは今回ないのではないかな~。ボルタ・ア・カタルーニャのように上位独占になりそうな感じがする。

 

  

スタートして4kmですんなりと7人の逃げが決まる。今日はどう考えても逃げ切れない。

心臓の問題でシーズンインが遅れたディエゴ・ウルッシが逃げに乗っている。

  1. ディエゴ・ウルッシ (UAE-Team Emirates)
  2. マヌエーレ・ボアーロ (Astana – Premier Tech)
  3. ロブ・パワー (Team Qhubeka ASSOS)
  4. CONCA Filippo (Lotto Soudal)
  5. CHAMPION Thomas (Cofidis, Solutions Crédits)
  6. テイメン・アレンスマン (Team DSM)
  7. SUTER Joel (Swiss Cycling)

 

最後から2番目の登りに先頭は入っている。ゴールまで残り63.5kmでタイム差は3分30秒まで縮まってきた。

 

先頭はイネオスが固めている。流石に登りになるとタイム差が一気に縮まってくる。

 

3級山岳のポイントをトップ通過したスイス代表チームのSUTER Joelが単独でトップに立つ。

 

クライマー体形ではないけれど、登りは強いようだ。

 

やはり、今日はローハン・デニスが最後尾で、その前をリッチー・ボート、そしてゲラント・トーマスが引く形になっている。ローハン・デニスは明日もリーダージャージを着ることになりそうだ。

 

先頭を走るSUTER Joelは、一人で逃げる気はなくて後ろを待っている。普段はBingoal – Wallonie Bruxellesで走っているスプリントが得意な選手だ。

しかし、ワールドチームのライダーをおいて行くとは凄い22歳だ。

 

UAEのルイ・コスタは走りながらリアディレーラーを直して貰っていたが、無理だったようでバイク交換。

 

残り42.7kmで集団中ほどで落車発生。

クリストフ・フィングステン(Team Jumbo-Visma) などが落車。

 

残り37kmでタイム差は1分6秒に。先頭はサガンの兄、ユライ・サガンが引いている。スプリントに向けて準備だ。

 

先頭は最後から2番目の登りに入っているが、集団が近づいていた。22秒のタイム差しかない。頂上まで逃げ切れるのか?

 

テイメン・アレンスマン (Team DSM)が単独で逃げ始める。どこまで逃げれるだろうか?

 

テイメン・アレンスマンは、6秒差でなんとか3級山岳頂上を越える。下りなので当分追いつかれることはないだろう。

ただ、一人なので泳がされるかな。

 

テイメン・アレンスマンは残り21kmで捕まった。あとはスプリントに向けて各チームの位置取りとなる。

 

残り18.5kmで、レミ・カヴァニャがアタックだ。どこまで逃げれるか?

 

だが、レミ・カヴァニャはわずか1kmで捕まってしまう。もう集団のスピードが上がっているので逃げることは難しい。

 

Team BikeExchangeの二人が抜け出ようとするが、これも無理。

 

.

シュテファン・キュングも抜け出したが、すぐに捕まる。

 

レミ・カヴァニャが再度攻撃に出る。

  1. レミ・カヴァニャ(Deceuninck – Quick Step)
  2. ヨセフ・チェルニー(Deceuninck – Quick Step)
  3. Damien Howson(Team BikeExchange)
  4. Sébastien Reichenbach(Groupama – FDJ)

 

4人は全開で頑張るがタイム差は貰えない。

 

4人は、ラスト8.2kmで捕まってしまう。

 

集団は固まったままゴールに向かう。

 

サガンは5番手につけている。

 

さあ、サガンがスプリント開始だ~。

 

サガンはソンニ・コルブレッリ(Bahrain – Victorious)をまくってスプリント勝利!

パトリック・ペヴィン(Israel Start-Up Nation)をフェンス際に、押さえておいて二人の勝負にしたところが上手い。

これでサガンは今シーズン2勝目となる。チームの列車がなくても関係なく勝ってしまうところが流石だ。

エリア・ヴィヴィアーニは残ってなかったですね。

 

こちらはハイライト動画
Tour de Romandie 2021 | Stage 1 Highlights | inCycle

 

リザルト

第1ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 SAGAN PeterBORA – hansgrohe60504:12:40
2 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious2530,,
3 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation1018,,
4 PASQUALON AndreaIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux 13,,
5 COVI AlessandroUAE-Team Emirates 10,,
6 CORT MagnusEF Education – Nippo 7,,
7 SMITH DionTeam BikeExchange 4,,
8 VENTURINI ClémentAG2R Citroën Team 3,,
9 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step 2,,
10 MOSCA JacopoTrek – Segafredo 1,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 DENNIS RohanINEOS Grenadiers104:18:06
22 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers 0:09
33 PORTE RichieINEOS Grenadiers ,,
44 CAVAGNA RémiDeceuninck – Quick Step 0:11
528▲23 SAGAN PeterBORA – hansgrohe 0:12
66 TRATNIK JanBahrain – Victorious 0:13
716▲9 BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation 0:14
87▼1 HERRADA JesúsCofidis, Solutions Crédits ,,
98▼1 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates 0:15
109▼1 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step ,,

サガンはボーナスタイムで23位から5位にジャンプアップ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
1  SAGAN PeterBORA – hansgrohe50
21▼1 DENNIS RohanINEOS Grenadiers30
3  BOARO ManueleAstana – Premier Tech30
4  COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious30
52▼3 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers25
63▼3 PORTE RichieINEOS Grenadiers22
7  BEVIN PatrickIsrael Start-Up Nation20
84▼4 CAVAGNA RémiDeceuninck – Quick Step19
9  PASQUALON AndreaIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux18
105▼5 BISSEGGER StefanEF Education – Nippo17

サガンはスプリント勝利でポイント賞トップに立つ。明日からポイント賞ジャージで参戦だ。

山岳賞

RnkRiderTeamPoints
1 SUTER JoelSwiss Cycling38
2 BOARO ManueleAstana – Premier Tech19
3 POWER RobertTeam Qhubeka ASSOS12
4 ARENSMAN ThymenTeam DSM11
5 CONCA FilippoLotto Soudal7
6 GANNA FilippoINEOS Grenadiers4
7 GOUGEARD AlexisAG2R Citroën Team3
8 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers2
9 HAMILTON LucasTeam BikeExchange2
10 PORTE RichieINEOS Grenadiers1

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
12▲1 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates4:18:21
23▲1 VAN WILDER IlanTeam DSM0:01
34▲1 ARENSMAN ThymenTeam DSM0:06
46▲2 TIBERI AntonioTrek – Segafredo0:09
59▲4 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo0:12
610▲4 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team0:13
713▲6 KRON AndreasLotto Soudal0:16
817▲9 STEWART JakeGroupama – FDJ0:20
918▲9 LEEMREIZE GijsTeam Jumbo-Visma0:21
1019▲9 COVI AlessandroUAE-Team Emirates0:22

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました